結婚に失敗してしまった……別れさせ屋で有利な離婚

最近では結婚は人生に一度だけの決断、という風潮ではなくなってきました。結婚した後でわかる相手の癖だったり、借金だったり、性格だったり……一緒に暮らしていくにはどうしても我慢ができないようなことだってあります。そんなときは「離婚」という方法を選ぶ方が以前に比べとても多くなったものです。でも簡単に離婚ができない場合もあります。例えば、もし子供がいる場合、離婚した後どうしても自分に親権がほしい。でも自分で作ってしまった多大な借金があり、自分が親権を獲得するのは多分難しい……とか、離婚した場合ほとんどの場合親権は女性にうつってしまうので男性としては離婚を切り出しにくい、とか、場合によっては配偶者からの暴力がこわくてとてもじゃないけど別れを切り出す勇気がない……などです。そのような場合、別れさせ屋に依頼することで自然に離婚することができます。自分にとって有利な状況を作ればいい離婚の協議をする際は、とにかく自分が優位に立つことが絶対条件ですね。

多くの場合離婚の際はお互いがお互いに対して思うことはあっても、双方からの水掛け論の間に弁護士等が割って入って調整して終わり、というパターンがほとんどであり、具体的に「こっちが悪い」「あっちが正しい」というような明らかな決着をつけるパターンはなかなかありません。しかし浮気の状況証拠などがあれば話は変わってきます。工作員によるハニートラップ俗に言うハニートラップをかけることで状況証拠を集めていきます。ターゲットが男性であるならば女性の、女性であるならば男性の工作員を接近させ、たくみな心理術やコミュニケーション術を使用することで親しい仲になり、恋愛関係に持ち込んでいきます。二人で食事をしている風景などを写真に収めたり、その場面に偶然依頼者が遭遇するようにセッティングすることで優位な立場を作っていくのです。離婚工作はある意味楽な部分もある例えばカップルがまだ恋愛関係にあるのであれば、「別れた」とはっきり定義するのは難しいものです。「付き合う」という行為は契約関係で成り立っているものではないからです。しかし結婚は書面に基づいた契約関係であり、離婚届に印を押すまでが仕事である、と明確になっています。この部分はある意味わかりやすいのです。

別れさせ屋の費用にはどれくらいかかるの?

別れさせ屋とは、読んで字のごとし、夫婦やカップルを別れさせる仕事のことです。世の中には色々な思惑が渦巻いていて、このような仕事に依頼をする人も数多く存在します。別れさせる方法としては、異性の工作員を近づけて浮気の証拠を作って別れさせるいわゆるハニートラップであったり、同性の工作員が友情を作り出し、相談する形で心理的にターゲットを誘導し破局へ導いていったりと様々な方法で目的を達成します。さて、このような計画を遂行するためにはどれだけの人間がかかわってくるのでしょうか。そしてその費用はどれくらいになるのでしょうか。カップルを別れさせるための費用とは探偵に尾行を頼んで場合にどれくらいの費用がかかるかご存知でしょうか。一言で尾行といっても色々な尾行の仕方があります。相手が車にものらないようなご高齢の方だった場合。出かけると言っても近所のスーパーに歩いていくだけ。それ以外に家にいるような生活習慣。

このような人を尾行するのに3人も4人も人数がいるわけがありません。24時間張り込みをするにしても交代のための人員がいるだけであり、実質可動人員は一人のみです。しかしこれが車には乗るし、新幹線にも乗るし、大勢人がいるような場所に出かけるようなターゲットだった場合とても一人で尾行できるものではありません。仮に一人だったとしても10万円弱は覚悟しなくてはならないのが尾行です。これが人数分になります。別れさせ屋も同じようなものであり、計画が込み入ったものになって人数がかさめばかさむほど金額も増していきますし、工作員は尾行と違ってターゲットに接触して関係を構築するこも必要となるので、その分の金額も加算されてしまします。また、成功したときだけ払えばいい、というものでもないのです。

計画を途中で断念したとしても別れさせ屋を雇うにはかなりな金額を覚悟しなければなりません。成功報酬とは別に手付金として100万円以上のお金を準備しなくてはならない場合もあるのです。数百万円のお金を簡単に準備できる人なんてそうそういるものではありません。そしてお金が尽きてしまえばたとえ計画の途中であったとしてもあきらめるしかないのです。別れさせ屋を雇うにはそれなりの覚悟を別れさせ屋を雇うとは、つまりそれまでかなり悩んでから決断した人がほとんどだと思います。そしてその覚悟は金銭的な出費の覚悟も同様におこなったはずです。その出費はもしかしたら実を結ばないかもしれません。しかしそれすらも覚悟して前に踏み出すことが状況を変えるための一歩となるのです。

まだ交際中の二人を別れさせることは「別れさせ屋」にとっては簡単?!

別れさせ屋の仕事はその名のとおり、現在婚姻関係にある、もしくは交際中であるカップルを別れさせることです。そんな仕事を依頼する人間には様々な事情があります。元恋人を現在の恋人、もしくは配偶者から奪い返したい人であったり、家庭内暴力だったり、家にお金を入れない夫から自分の友人や娘を取り返したい人だったり、はたまた、玉のこしに乗りそうな知人を許すことができない若干自分勝手な依頼者だったり……様々です。達成が困難な依頼だったとしても別れさせ屋は計画を入念に練りこみ、成功に向けて着々と計画をすすめていくものですが、やはり既婚者を別れさせる方が、恋人関係にある二人を別れさせる方が簡単なのでしょうか。結婚とはある意味契約の一つの形である交際とは、本人たちの「口約束」のようなもので成立しているものですが、結婚とは法にのっとった契約関係です。一度婚姻関係を結んだ以上は、交際していたころのように「別れよう」の一言で終わることができるほどお手軽なものではありません。海外では離婚に対してそこまで重く考えるような文化はありませんが、日本ではまだまだ離婚イコールマイナスイメージといった印象が強いのも事実です。

夫婦間に多少のすれ違いがあったとしても簡単に離婚になったりはしないものです。ではやはり、交際中の二人を別れさせるよりも婚姻関係にある二人を別れさせる方が難しいのでしょうか。婚姻関係と交際関係どちらを別れさせる方が難しいかはある意味当事者の性格や背景によるところが大きいものです。女性工作員をターゲットに近づけ、親密な関係を作り、その写真を妻に見せればどのような反応が返ってくるでしょうか。たとえばホテルに入ろうとするような写真を見た場合「別れましょう」とすぐに切り出してくるような人もいれば、「このまま別れたらあなたがこの女と楽しく過ごすことになるだけだから絶対に別れない」といってくるような人もいます。どちらが簡単かは結局当事者次第であって割り切れるものではないのです。ただ、交際関係の場合は付き合いだすのも別れるもの口頭による約束がほとんどなので、境界があいまいですが、婚姻関係の場合は書面による契約なので、別れる際もその書面にサインが書かれているかどうか、という簡潔な判断方法があることも特筆すべき点ですね。

自分自身が離婚をするために別れさせ屋を利用したい

世の中には、自分自身の結婚に対して後悔の念を持っている人がたくさんいます。勢いで結婚してしまったり、できちゃった結婚だったり、はたまた結婚した後、配偶者の性格が急に変わって家庭内暴力をふるうようになったとか……でも、離婚を切り出しても全く相手にされなかったり、怖くて離婚なんて言葉を言うことすらできなかったり……色々な人が様々な悩みを離婚に対して抱えています。別れさせ屋を頼ってみる別れさせ屋とは婚姻関係にある二人や、恋人同士の二人を別れさせることを業務としている人達のことです。ターゲットに対して人間関係を構築して近づいていき、様々な方法を利用して離別に誘導していきます。方法としては異性の工作員を近づけ、親密な人間関係を作って離婚を迫ったりすることもありますが、同性の工作員が友人関係を構築し、相談にのるというスタンスで心理的な誘導を行い、離婚の決断に導いていくような方法もあります。場合によっては夫婦(を装った工作員)がターゲット夫婦に近づいていき、家族同士の関係を作った後で離婚へ気持ちを動かしていくように行動していく、といった方法を採ります。

夫婦のどちらかが依頼人である、ということ通常、別れさせ屋に依頼してくるのは、不倫相手がなかなか配偶者と離婚しないことに悩んでいる人であったり、昔の恋人とよりを戻したいと思っている人だったりします。この場合カップルの両社ともに対してアプローチをかけていく必要がありますが、上記のように、依頼人がカップルのどちらかである場合は、計画は比較的すすめやすいと言えます。ターゲットの行動や言動を逐一確認しながら計画をすすめることができますし、依頼者に代弁させることでターゲットの動きをある程度コントロールすることもできます。もちろん計画が進めやすいからといって成功率が極端に上がるわけではありません。ターゲットの性格や背景によって進捗状況は常に変化していきます。幸せをつかむために婚姻関係というのは、誰かと常に一緒にいる、という契約のことです。自分にとって苦痛の契約が続いており、その契約を破棄することがなかなかできないのであれば、プロにお願いすることもいいのではないでしょうか。

既婚者の彼とどうしても結婚したい。別れさせ屋に相談すればどうにかなるの?

もう長い年月不倫関係に苦しんでいる人は世界中に数多く存在します。奥さんとの離婚を尋ねると、「近いうちに必ず別れるから」といつもかわされてしまうけど、そんな言葉を信じていつの間にか何年も経過してしまった……なんて人も多いのではないでしょうか。でも本当に彼を愛しているからなんとしてでも結婚したい……そんな人が駆け込むのが「別れさせ屋」です。離婚させる方法別れさせ屋は、工作員がターゲットに近づき人間関係を構築して計画を遂行していきます。異性の工作員が近づいてターゲットと恋愛関係になり、恋人や配偶者との離別を迫ったり、同性の工作員が親密な友人になったあとで相談に乗るような流れで誘導したりと、様々です。ターゲットの環境や性格、生活習慣などを考慮して様々な計画をたてた上で実行していきます。離婚の仕方にも色々あるただ離婚をすればいい、というわけではありません。離婚をする際に裁判の末高額な慰謝料を請求されてしまったら、その後の生活は非常に苦しいものになってしまう可能性があります。

幸せな生活をつかむはずの行動が、場合によっては困窮した未来を招いてしまう可能性だってあるのです。そのようにならないためには有利な条件で離婚をする必要があります。例えば、ターゲットに異性の工作員を近づけ、親密になり、ホテルに入ろうとするような際の写真を撮影し、それを使って有利な条件で離婚するような方法です。そこで本当に肉体関係をもってしまったら違法になってしまう可能性があるので、あくまで目的は写真を撮るまで、ということは計画の際にしっかりと確認しておかなくてはなりません。また、このような計画は工作員にもリスクが及ぶので、金額も高額になってきます。多くの人が悩んでいる結論を出せない恋人のせいで、なかなか結婚ができずに悩んでいる女性は数多く存在します。そして「別れさせ屋」を利用する人も確かに存在するのです。終わらない悩みに苦しんでいるのであれば、少し足を踏み出してみることもいいかもしれませんね。

別れさせ屋の費用は依頼の内容によって変わる

○費用や時間、成功率は依頼によって変わる別れさせ屋に依頼したいような事態が起きたとき、まず気になるのはその成功率、そしてどれくらいの費用と時間がかかるかということだと思います。成功率やかかる時間については、その依頼の内容によるでしょうから一概に相場や平均というものは出せません。ですが、別れさせ屋側としても成功の見込みがない依頼を受けたくはないようで、本契約の前に丁寧なカウンセリングをし、そこで成功する確率が低いと考えられるときはちゃんと説明してくれるようです。どれくらいの期間が必要になるかという点についても、この無料相談のときに質問すればある程度の予測をたてて答えてくれるでしょう。そして気になる費用についてですが、これについてもケース・バイ・ケースというのが一番正しい解答になってしまいます。

○カップルを別れさせるためにする工作は基本的には似たものどのような方向性でカップルを別れさせるかというのは、基本的には同じです。工作員が実際に接触して親しくなっていき、ターゲットの気持ちをほかへ逸らしていくという過程自体には、どんなケースでもさほど違いはありません。ただ、それにどれくらいの時間がかかるか、どれくらいの事前準備が必要か、工作の一環としてしなければならない・行かなければならない場所はどういったものか……などによって、かかる費用は大きく変わってくるのです。○成功のためならなるべく費用は惜しまずに別れさせ屋へと支払う料金の大半は、工作活動を進めるための資金となります。プラスアルファで一部が別れさせ屋スタッフへの報酬となります。そしてたいていの場合、依頼が成功したあとで成功報酬としてさらに数万円から数十万円を支払うことになるのです。ですから、成功報酬などの部分をできるだけ節約したとしても、工作に使う資金をおさえたのでは効果的・効率的な工作活動がうまくいかず、かえって依頼を成功させるまでの期間が長引いてしまったり、ひどいときには失敗してしまったりといったこともあり得ます。依頼にかかるのは決して安い金額ではないですが、できれば安さを優先するよりも、たとえ高額であっても納得のいくプランかどうかを重視したほうが良いといえます。

交際している男女を別れさせる「別れさせ屋」

○別れさせ屋の仕事は具体的にはどんなものか別れさせ屋とは、その名前のとおり、依頼者が別れさせたいと思ったカップル、もしくは夫婦を別れさせる仕事をしている業者です。具体的にどのようなことをするかというのは、依頼の内容やどんなカップルを別れさせるかによっても変わってきますので一概にはいえません。基本的にはターゲットのことを細かく、どんなことでも見逃さないように調べた上で実際に工作員が近づき、「現在交際している人と別れたほうが自分にとっても良い選択だ」と思わせることで円満に、かつスムーズにふたりを別れさせるよう誘導する……という方法でカップルを破局させることになります。

○いろいろな依頼に対応している別れさせ屋別れさせ屋が受ける依頼の内容は、「カップルを別れさせる」という点を除けば実にさまざまです。依頼者の恋人とその浮気相手だとか、依頼者の不倫相手とその配偶者、もしくは依頼者自身と交際している人とを別れさせることもあります。一度交際をはじめてしまうと、別れるという選択をするときにはそれなりの労力が生じるようになります。結婚しているふたりが別れるとなれば、経済的な事情や家族の問題、社会的な立場なども関係してくるためさらに大変です。ですから、すでに気持ちは冷めてしまっていても、情や惰性で関係を続けていくカップルも少なくはありません。別れさせ屋の仕事は、そうしたカップルに対して、「別れるほうがより良い未来へと進める」と気が付かせることでもあります。いくら事情があるとはいえ、カップルを別れさせるために業者へ依頼するなんて……と罪悪感や抵抗をおぼえる人もいるかと思いますが、実は別れさせ屋へ依頼することが一番だれも傷つかない選択肢であるともいえるのです。もちろん、実際にターゲットに接触するには入念な下準備がいりますし、そのための費用はかなり高額となってしまいます。実際に接触する前にターゲット周辺をよく調べたり、ごく自然なかたちで知り合うためいろいろな工作をしたりと、時間もお金もかかる大変な作業です。けれどこの負担を乗り越えることで、ターゲットとなったカップルも遺恨を残すことなく別れ、依頼者も前へと進むことができるのです。

別れさせ屋に依頼すれば円満な離婚ができる

○結婚後でも関係性が変化してしまうことはある一度はこころから愛し合ったふたりでも、いずれ気持ちが冷めてしまう、相手と一緒にいるのが苦痛になってしまうということは起こり得ます。結婚したときにはとても考えられないようなことですが、もともとはまったくの他人どうしですから、お互いにすれ違ったり譲り合うことがうまくできなかったりして苦痛を感じるようになることだって不思議ではありません。○結婚後スムーズに別れるのはむずかしいただ、一度結婚という契約をしてしまえば、ただの恋人どうしだった頃のようにかんたんに別れるというわけにはいきませんよね。金銭的な問題や社会の目、お子さまがいればその養育費や今後どちらが引き取って育てていくかなど、いろいろな事情が複雑に絡み合っています。それを乗り越えて離婚する労力はかなり大きいものですし、相手がすぐに離婚に応じてくれなければさらにその労力は増します。離婚を切り出すだけでひどく疲れてしまう、それならこの生活を続けていたほうが楽だ、と考えてしまう人は少なくありません。

○勇気を出して新しい人生へですが、一度きりの人生、無理してだれかと一緒に居続ける必要は本来ありませんよね。別れて外に目を向けてみればまた素敵な出会いがあるかもしれません。チャンスを逃すのはもったいないと感じたら、ぜひ「別れさせ屋」に相談してみましょう。別れさせ屋とは、カップルや夫婦を自然に、双方が納得した上で別れさせるプロのことです。「別れるのはお互いにとっていいことだ」とターゲットに思わせるよう誘導することで、お互いに怒りや悲しみ、罪悪感に支配されず円満なかたちでパートナーの関係を解消させることができます。耳慣れない職業ですから不安もあるかもしれませんが、まずは無料相談から受け付けている業者がほとんどですから安心です。普通のカップルならまだしもすでに結婚している場合にはむずかしいだろうと考えがちですが、実際には別れさせ屋に寄せられた多くの依頼は成功しています。離婚についても、泥沼化することを避け、スムーズに手続きが進められるよう工作活動をしていくのです。気になる人は、ぜひ気軽に無料相談の申し込みをしてみてください。

結婚している男女も別れさせられる!

○どんな状況のカップルも別れさせられる可能性はある別れさせ屋というのは、ターゲットのカップルを自然なかたちで別れさせるよう、本人たちには知られないように接近しなんらかの方法でカップルを破局させるというのが仕事です。ターゲットとなるカップルの依頼人との関係はさまざまで、たとえば依頼人と交際している・もしくは結婚している男性とその浮気相手を別れさせてほしいというケースもありますし、依頼人自身が今現在の恋人と別れたいという依頼もあります。また、なかには現在不倫している相手とその配偶者を別れさせてほしい、というものもあります。いまだ恋愛関係にあるふたりならともかく、すでに結婚している男女を自然に別れさせるなんて無理なことのように感じられますよね。ですがほとんどの場合はきちんと情報を集めて工作活動を進めていけば、多少の時間はかかりますがちゃんと破局するそうです。なかにはうまくいかないケースもあるようですが、そういった依頼は別れさせ屋というプロの目から見ると依頼内容を聞いた時点でわかるものらしく、本契約前に成功する可能性は低いとはっきり通達されることが多いよう。業者側としても、成功報酬をもらえる見込みも少なく依頼の成功率を下げてしまうかもしれない依頼は受けたくないでしょうから、この点は信頼しても大丈夫そうです。

○ターゲットにも嫌な思いをさせずに済ませやすい別れさせ屋結婚している男女を別れさせると聞くと一方的に悪いことをしているような気持ちにもなりますが、別れさせ屋に依頼することはむしろ相手にとっても嫌な思いをさせずに済むような選択でもあります。別れさせ屋は無理にカップルを別れさせるようなことはありません。自然とお互いの気持ちが離れ、別れることがもっとも良い選択肢であると思える方向にさりげなく誘導していくことで、無理もなく、遺恨も残さずに別れさせることができるのです。別れさせたらそれで工作も終了ということもなく、ターゲットに対してアフターフォローまでしてくれる別れさせ屋もあります。離婚後の相手の生活が心配だという場合にはしばらく様子を見てくれることも。別れさせ屋へ依頼することは、罪悪感を感じることなく別れる・別れさせられる方法でもあるのです。

別れさせ屋の費用はどのくらいか?

「離婚を覚悟していたのに、回避できて今は幸せ。」「元カレとヨリを戻せて結婚できた。」とは奇跡のような話。実は別れさせ屋の依頼人による実体験です。少なくとも20年前くらいには存在しなかった別れさせ屋です。現在では男女関係に行き詰まった、多くの者たちが駆け込み寺として利用しています。みなさんが別れさせ屋に依頼するとき、一番気になるのは「お金」ではないでしょうか。「別れさせ屋にお願いしたら一体いくら掛かるの?」ここでは、そうした疑問にお答えします。

■料金体系別れさせ屋の料金体系は2段階。工作料金と成功報酬です。基本的には契約成立の後、依頼主が工作料金を支払い工作開始となります。成功報酬は成功が確認できた後の支払いです。ただし、業者によって支払い時期や支払い方法が異なることもあります。支払い方法は現金払い、クレジット、銀行振り込みの対応をしているところが多いようです。分割払いができる業者もあります。契約時に料金も含め、支払い方法の確認をしておきましょう。なお、契約前の相談料は無料です。業者によって、具体的なアドバイスを必要とする場合に有料としているところがあります。

■料金相場別れさせ屋の料金相場は約100万円~というところでしょうか。別れさせ工作の料金は、依頼内容の状況に左右されやすいので相場を決めるのが難しいのです。たとえば、難易度が低い別れさせなら100万円以下でできることもあります。他方、難易度の高いものになると200万以上といったことも考えられます。難易度の決定は契約段階で行います。調査員による情報収集の結果を踏まえて難易度を決めるのが通常でしょう。工作途中で難易度が変わることもあります。なるべく変更の無いように事前調査を行うのですが、まれに状況が変わることがあるからです。最後は契約期間についてですが、期間は後から延長することができます。もちろん延長した分の料金はプラスで発生してきます。1カ月70万円~を目安に考えてもらうと良いと思います。別れさせ屋の料金については料金体系も含めて一律ではなく、これといった料金基準もありません。依頼する側が、料金がわかりにくいと感じる理由はここにあるのかもしれませんね。別れさせ屋は人の気持ちを扱う仕事です。一人として同じ人間がいないように、人の気持ちも様々なのは当然。料金が案件ごとに異なるのも、またしかりではないでしょうか。男女関係に悩んでいるなら、まずは無料相談を利用してみると良いかもしれません。