男女交際×別れさせ屋~現代にある恋愛問題、別れさせ屋の対応とは?~

別れさせ屋や復縁屋の活躍が目覚ましい昨今。実は、20年前には存在していなかったものです。両者とも比較的新しい業種と言えます。こういった業者が台頭してくる背景には若者の恋愛疲れがあるように思います。職場の人間関係と恋愛の人間関係。二重のストレスを抱え、にっちもさっちもいかなくなった時に頼れる場所。別れさせ屋はそうした役割をも、負っているのかもしれません。ここでは男女の交際で困っている依頼人に対して、別れさせ屋がどう対応するのか。その一部をほんの少しだけ紹介します。

■交際相手と復縁のための別れさせ工作元カレや元カノとの復縁を目指し、別れさせ工作をすることがあります。ヨリを戻したいけれど別れた相手にはもうすでに恋人がいる場合です。この時の対応は、まずは同性の工作員をターゲットに近づけて本心を探ることからはじめます。復縁には「現在の恋人とはどのくらい仲が良いのか。」「依頼人のことをどう思っているのか。」等の情報が必要だからです。得られた情報をもとに工作計画を練っていくことになるでしょう。

■交際相手が気に入らない親当事者のみならず親による相談も多いと言います。息子や娘の交際相手が気に入らないという親たち。子供からすれば有り難迷惑と思うかもしれません。しかし、親は子供に幸せになってもらいたいと願うもの。安定した生活を保障できるような結婚相手を望むのは当然のことです。例えば「娘が連れてきた花婿候補が、先行き不安で別れさせたい。」という依頼があります。この対応としては、花婿候補の情報を調べて依頼主の娘さんにそれとなく伝えます。伝える情報はもちろん、借金・賭け事といった彼に関するマイナス情報です。ただし、この方法が使えない場合もあるでしょう。花婿候補に落ち度がない場合や娘さんの気が変わらない場合です。別れさせ工作の方法は1つではありません。うまくいかない時は次の手段に切り替えることも可能です。計画の進み具合の確認等、その時々、別れさせ屋と連絡を取ることが大事です。こうしてみると、別れさせ屋の対応は1つではなく、計画の変更もありうるということがわかってきます。人の感情に深く関わる「別れさせ」では、柔軟で臨機応変な対応が求められるのです。男女交際で深い悩みを抱えているなら、一度、相談してみると良いでしょう。そこから見えてくるものがきっとあるはずです。

不倫関係にある彼と奥さんを別れさせる方法とは?

不倫男女の苦悩はドラマの中だけのお話ではありません。別れさせ屋に訪れる依頼人には不倫の悩みを持つ人もいます。「不倫中の彼と幸せになりたいけれど、奥さんが許してくれない。」といった悩みも少なくありません。不倫の道徳観はひとまず置いておいて、幸せになりたいとの願いを叶えられるように努力するのが別れさせ屋の使命です。こういったケースで、別れさせ屋はどんな対応ができるのでしょうか。ここでは「不倫関係にある彼と奥さんを別れさせる方法」の解説をします。

■まず、初めにやるべきこととは?依頼を受けてまずやるべきことは、別れさせたい奥さんがどんな人か知ることです。つまり夫婦関係の把握です。新婚夫婦と熟年夫婦では結婚に対する考え方が違ってくるのも当然でしょう。夫が浮気をしたとしても、離婚後の自立に対する不安や経済的な理由から夫婦関係を終わらせたくないと考える妻はいます。逆に新婚夫婦では、相手の浮気は夫婦関係の破たんに直結しがちです。結婚生活が短い夫婦ほど愛情を強く意識する傾向にあるからです。別れさせ工作を計画するうえで、まずは、こうした事情を把握する必要があるでしょう。

■工作員の役割とは?工作計画がまとまり次第、計画は実行に移されます。そこで登場するのが工作員。工作計画で重要なのは相手にバレないようにすることです。工作員が常に心掛けているポイント。相手にバレずに役割を演じ切ること、それこそが工作員の役割であるとも言えます。男女を別れさせたい時によくやる異性の工作員を近づける方法。夫婦関係においてもこの方法がとられることがあります。ただし、すべてがこの方法でうまくいくわけではありません。奥さんの結婚に対する考え方によって効果がわかれます。割り切った夫婦関係を良しとする妻なら比較的効果は低いと言わざるをえません。こうした判断を正確に行うためにも前に書いたような事前調査は重要でしょう。不倫に限らず、人間関係の苦悩を抱えた末のうつ、自殺等の増加は現代社会の生きづらさを物語っているようです。トラブルの専門家である別れさせ屋や復縁屋といった業者の必要性がますます高まっていると言えます。

結婚している人を別れさせたい。別れさせ屋がとる方法とは?

最近増加している別れさせ屋の依頼。その内容は多岐にわたります。「彼氏もしくは彼女を浮気相手と別れさせたい。」「交際相手としてふさわしくない相手と別れさせたい。」等々。なかでも、結婚しているカップルに関する依頼は多く、例えば「不倫中の彼を奥さんと別れさせたい。」また、その逆もしかりです。結婚している男女を別れさせたいという依頼に対して別れさせ屋はどのような方法をとりうるのでしょうか。

■方法はひとつじゃない。結婚している男女といっても、その夫婦関係は様々でしょう。例えば、結婚10年目のカップルなら、もはやお互いに愛情はなく、金銭的な結びつきのみというケースもあります。かたや、新婚のカップルなら愛情による結びつきが強いかもしれません。もちろん長年連れ添っても仲の良い夫婦はたくさんいますから一概にそうとも言い切れませんが。別れさせ工作はターゲットの性格や生活環境、人間関係がどのようなものかによって、その都度、計画を策定していくものです。つまり「これにはこの方法」というようなモノはなく、一辺倒では通用しないということです。工作の成功には柔軟さや臨機応変な対応も求められるようですね。

■結婚している男女に使う王道結婚している男女を別れさせたい時に使う方法。その王道が異性の工作員を近づけるということです。例えば、女性が、不倫男性を奥さんと別れさせたいと願う場合。奥さんに異性の工作員を近づけて恋愛感情を持つよう仕向けます。工作員と恋愛関係になった奥さんが夫との離婚を承諾するといったシナリオです。しかし、すべてがこうした展開になるとは限りません。必ずしも奥さんが恋愛感情を持つとも限りませんし、そもそも経済的な理由から離婚を考えていないかもしれません。工作方法がケース・バイ・ケースなのはすでに述べた通りです。

■間違った工作をしないために・・・。間違った工作方法は命取りです。せっかくの計画すべてを台無しにしかねません。工作業者は、そうならないために事前調査と情報収集を念入りに行います。ターゲットの性格から趣味、好みのタイプ、人間関係、生活スタイルに至るまでの情報をできるだけたくさん集めます。別れさせ工作では依頼時にカウンセリング等の相談を行うのが基本です。その際、業者に自分が持っている情報を隠さず伝える方が良いでしょう。工作計画にはできるだけ多くの情報が必要なのです。

別れさせ屋へ依頼するのにどれぐらいの費用がかかるのか

片思い中した相手が交際中だったり、気に入らないカップルがいると、相手を別れさせたいと思う気持ちが芽生えるのは誰だってあるでしょう。もしその気持ちを叶えてくれる別れさせ屋というものがあればどうですか?中には利用してみたいと思う人もいるのではないでしょうか。でも、もちろんタダで行ってくれるものではありません。別れさせ屋は、一体どれぐらいの費用で引き受けてくれるのでしょうか。

<業者によってピンキリ>本当は、「これぐらいあれば大丈夫です」と言いたいところですが、残念ですがそう簡単には言いきれません。適正価格というものが決まっていないジャンルなので、業者によって費用もピンキリです。安ければ30万円程度で行ってくれるところもあれば、200~300万円はかかってしまうようなところもあります。また、それはあくまで基本的なプランの料金であって、途中で追加料金が発生したり、成功報酬を別途支払わなければならないこともあります。そう考えると、業者によっても費用は変わりますし、その依頼内容によっても大きく変動してしまいます。ネット上の情報で費用の相場を調べても情報がまちまちなのは、こうした事情があるからです。大きく見れば50万円から300万円の間と考えればよいのかもしれません。もちろんそれ以上かかることもあるため、詳しくは業者に相談する必要があります。

<実働回数も確認しよう>業者によっては、さまざまな料金プランを用意しております。それぞれに特徴があり、金額も違います。依頼を考えている人が見なければならないのは、実働回数です。別れさせ屋は1カ月単位で考えます。その中でもちろん毎日活動するわけではありません。実際には実働回数は限られておりますので、1カ月辺り何回実働してくれるのか確認しましょう。別れさせ屋に依頼したいという人も多いとは思いますが、費用の問題でなかなか簡単に依頼することができません。最低でも50万円、余裕をもって200~300万円は用意しておく必要があります。費用の問題がクリアできそうであれば、依頼しても問題ないでしょう。

別れさせ屋に依頼して、交際中の子供を別れさせたい

いつだって親は子供の幸せを願うものです。もし自分の子供が誰かと付き合っているものの、それが幸せにつながるような相手ではなかったら、何とかして別れさせたいと思う親御さんもいらっしゃいます。そんな依頼が、別れさせ屋にも舞い込んできます。でも、本当にそれは正しいことなのでしょうか。いくら自分の子供といえども、親の介入によって好きな人と別れることが、幸せになるのか考えなければなりません。

<親の見る目が正しいとは限らない>親は子に比べて、長い時間を生きております。どうしても自分の判断や考え方の方が正しいと思ってしまうものです。子供は付き合っている人を、とても良い人だと思っていたとします。でも、親がそう思わなければ、なかなか子供の想いを尊重することはできないでしょう。子供に対する愛情が深ければ深いほど、パートナーのことをどうしても良く見ることができないという傾向があります。「もっとふさわしい人がいる」「一緒になっても幸せになれない」という思い込みを持ってしまう人も少なくはないのです。でも、本当にそれが正しいのでしょうか。時に大人よりも子供の方が、物事を正しく見ることができることもあります。一度、自分の子供への愛情を抜きにして、冷静に相手の事を見てあげるようにしましょう。そうすると、今まで見えてこなかった良い部分が見えてくるかもしれません。

<それでも別れさせたい時は相談してください>冷静になって見ても、やはり今の関係を続けさせるわけにはいかない、そう判断したのであれば、別れさせ屋に相談してみましょう。別れさせ屋は依頼があれば、その関係性を断ち切ることに全力を尽くします。もし親御さんの見る目が正しければ、子は別れることによって、また新たな幸せを得ることになるでしょう。間違っていれば、不必要に不幸にしてしまいます。それを十分に理解した上で、依頼するようにしてください。自分の子供が交際している相手と何とか別れさせたい。別れさせ屋はそんな思いを抱いている人の依頼も受けております。良い結果につながるかどうかも含めて、まずは相談することから始めましょう。

離婚のために別れさせ屋を活用する

別れさせ屋を利用される方の中には、現在不倫中の方が多くいらっしゃいます。そしてその依頼内容とは、「今の奥さん(あるいは旦那さん)と離婚させて、自分と一緒になりたい」というものです。やはりいつまでも不倫相手でいるということに嫌気が差し、早く自分が正式なパートナーになりたいと希望している人が多いということでしょう。ただそれには非常に困難な道のりが待っております。

<恋愛関係と夫婦関係は違う>結婚というのは一つの契約です。生涯この人と一緒になりますという契約をしているようなものであり、それを破棄させるというのは一筋縄ではいきません。そこが恋愛関係と夫婦関係の大きな違いなのです。恋愛関係であれば、相手が浮気をしたことが発覚すれば、すぐに別れてしまう人も多いです。なぜなら、基本的には感情が第一優先となるからです。ただし、夫婦ともなれば一時的な感情でたやすく別れるということはしません。子供がいたり、お互いの生活のことも考えなければなりません。今後自分たちがどうしていくのが一番よいのかを冷静に考える必要があるからです。だから、仮にどちらかが浮気をし、それが発覚したとしても、離婚するという結果になるとは言い切れないのです。

<目的が一緒になるのであれば、過度な期待はしない>別れさせ屋に依頼する目的が、好きな人と一緒になりたいということであれば、過度な期待をしてはいけません。なぜなら、普通にカップルが別れるということに比べて難易度が高いからです。夫婦というのは、目に見えない部分で強いつながりがあることがあります。外からは関係性が冷え切っているように見えても、他人には理解できない強いつながりがあることもあります。特に長年寄り添っている夫婦には、そうした部分が見られます。だから、仮に別れさせ屋が何かをしかけて、夫婦間に亀裂が生じるようなことが起きたとします。でもそれで関係性が終わるということにはつながるとは限らないのです。なんとか不倫相手と一緒になりたいと願っている人は、あまり過度な期待をしないほうが賢明です。夫婦という絆を壊すのは、相当な高い壁となるのです。

結婚をしている夫婦も別れさせ屋のターゲットになりうる

別れさせ屋は、そこらへんのカップルを別れさせるだけではありません。婚姻関係にある夫婦ですらターゲットにされてしまうというのです。結婚をしている仲を、いわば強引に引き裂くのですから、場合によっては訴訟などにもなりかねません。それでも依頼してくる人が多くいらっしゃるのです。

<恋敵や浮気相手が依頼>一番多い依頼人は、浮気相手や恋敵です。例えばある夫婦がいて、夫がどこかの女性と不倫していたとします。男性は奥さんと別れる気配はないが、女性としては何とか別れてほしい。でも、なかなか実行してくれない、あるいは別れる気がないという場合、別れさせ屋に依頼することがあるのです。浮気しているという事実があるため、それを利用して別れさせることも難しいことではありません。また、逆に男性の奥様に対して工作員を送り込み、不倫をさせてお互いドロドロの関係にしてしまうという手法もあるようです。いずれにせよ、恋愛感情のもつれから、別れさせ屋にまで依頼してしまう人もいるということです。どこか遠い世界で行われているように感じている人もいるかもしれませんが、実は身近な所で行われているかもしれないのです。

<家族が依頼することも>中には、結婚している方の家族の人が依頼してくることもあります。その理由は、家族が結婚相手にあまり良い感情を持っておらず、何とか別れさせたいと思うことから、依頼に至るようです。あまり、家族の人のエゴによって夫婦を別れさせるというのは、あまりよい話ではありません。でも特に親は、いつになっても子供が心配です。心配なあまりこうした行動に出てしまうのです。他にも、奥様がDVの被害に遭っていたり、どちらかが浮気をされていたりするなどの被害もあります。でも、なかなか当人間で離婚が成立しないため、最終手段として別れさせ屋に依頼するということもあるようです。別れさせ屋は、何年結婚生活を続けている夫婦だろうと、容赦なくターゲットにしてしまいます。依頼があれば受ける、そんなスタイルだからこそ、多くの人が依頼するのでしょう。良しあしは別として、さまざまな場面で頼りにされております。

別れさせ屋の費用を安くする方法は?

別れさせ屋を利用しようと思っても、その費用に驚く方も多いかもしれません。場合によっては数十万円~数百万円ほど掛かるのが普通なので、良く考えて利用しないといけません。実際に費用を安くしたいと思っている方も多いですし、「費用的に高くて断念した」という方もいます。今回は、別れさせ屋の費用を安くする方法について説明するので、そちらを有効活用してください。

■依頼内容を簡単にするまずは依頼内容を簡単にすることが重要です。例えば、交際しているカップルを別れさせることであれば、別れさせ屋にとっても比較的簡単です。その一方で、結婚しているカップルを引き離すのは簡単な事ではありません。しっかり考えて利用していく必要があるので、依頼内容をまずは簡単にできるようにしておきましょう。ただ、簡単に別れられないからこそ、別れさせ屋を利用するという方もいるので、この点は状況によって左右されますね。

■利用する期間を短くする別れられるか別れられないかも重要ですが、場合によってはどうしても別れられないこともあります。そういう場合は、無駄に長引かせてしまうと、当然費用も高くなってしまいます。別れさせ屋は期間によって費用を決めているところも多いので、1カ月で終わる場合と3カ月かかる場合では大きく異なります。その点も考慮して利用することが重要です。期間を短くすれば、当然安く済ませることもできるので、自分がどこまで利用するのかも考えてみましょう。

■交渉してみるほとんどの場合は価格が決まっているので、交渉して安くすることは原則としてはできないものの、業者によっては安くしてくれることもあるかもしれません。近年は別れさせ屋も多数登場していて、それぞれが目的を考えて行動しています。もちろん、他の業者と競い合っている業者であれば、「他の業者は数十万円で依頼を受けてくれると言っているんだけど」と言うと、考慮してくれることもあります。上手に使っていくことによって、別れさせ屋は安くすることもできなくはないです。まずは色々と調べてみて、業者同士を比較することも大切ですね。

別れさせ屋は交際している相手で決まる!

別れさせ屋を利用する際に、別れられるかどうかに関しては、実際に交際している人によって決まります。例えば、どういう相手と交際しているかによって、別れるかどうかが決まってくるという事です。これから使いたいという方は、その点も考えておくことが必要となります。別れる対象やターゲットについてしっかり考えて、その上で利用していくようにしましょう。

■粘着質な相手まず注意しておきたいのは、粘着質な相手です。別れたいと思っていても、別れさせたいと思っていても、粘着質のある人はなかなか離れようとしません。そのため、別れさせ屋の工作にも負けないことがある分けです。人の性格というのはそれぞれ異なるため、当然必死に相手にしがみ付く方も多いので、別れてくれない場合もあります。そういう時は、さらに別れさせ屋の工作を強化することが必要となりますね。場合によっては、粘着質な性格が交際を続けてしまう原因になることもあるワケです。

■依存する相手自分という存在に依存している相手であれば、突然別れを切り出したら「死んでやる」なんて言う人もいるくらいです。知人を別れさせたい時も、お互いに依存している相手同士であれば、そう簡単に別れさせることはできません。交際している相手が依存型の恋愛をしている場合は、別れさせ屋も手こずることがあります。そういう場合は、時間がかかることもあるので、利用する前に覚悟しておくことが必要となります。

■被害妄想する相手相手によっては、別れさせ屋の存在に気づく方もいます。それだけであれば、色々と回避する方法はあるのですが、中には「○○をされた」とか「精神的に○○になった」など、被害妄想を訴えてくる相手もいます。そうなると困るので、工作はより慎重に行うことが必要となります。別れさせ屋はバレないように工作してくれるのですが、妄想力が長けている人は、その分自分の状況を考えて被害妄想を繰り広げることもあります。別れさせ屋を利用する分にはまったく問題はないと思いますが、相手の性格を考えて依頼することも大切です。十分気を付けてください。

別れさせ屋はどうやって離婚させるの?

結婚している夫婦を離婚まで追いやるのは、別れさせ屋の仕事です。実際、離婚してもらいたい人がいる場合や離婚したいのに離婚できない人などが、依頼していますね。近年多くなっているのは、離婚したいのに相手が納得してくれなくて離婚できない場合です。そういう時も別れさせ屋を活用していくと便利です。今回は別れさせるための方法についてまとめていくので、利用前にチェックしておいてください。

■離婚までの工作例えば、本人に新しい恋人ができれば、その相手が幻滅して離婚を申し出てくれることもありますよね。実際、この手の離婚の場合は慰謝料を請求されることもあるので、入念な離婚までの工作が必要となります。別れさせ屋は、まずは方針書などを作成し、その上で離婚までどのように話を進めていくか考えてくれます。そうすれば、より一層成功率が高くなるのです。利用する人は、別れさせ屋を信用して工作を見守るしかありませんね。

■第三者を用意別れさせ屋の多くの手段の一つが、第三者を用意するというものです。例えば、離婚したいのに離婚してくれない相手には、「新しい恋人がいる」と言って紹介すれば、その効果も抜群ですよね。修羅場になることは確実なものの、新しい恋人がいるとわかると、妙に現実味を帯びてきます。離婚は二人が同意しないとできないものなので、第三者に協力してもらうことによって、自発的に印鑑を押してもらうワケです。それが別れさせ屋のテクニックの一つです。

■幻滅する相手場合によっては、他の恋人がいるとなると、相手は幻滅しますよね。当然「この人とは一緒にいれらない」と思って、離婚を申請してくることもあるでしょう。別れさせ屋は、そういうアプローチを得意としているので、とてもスマートに別れることができます。なお、状況によっては「慰謝料を請求されるのではないか」と心配している方もいますが、別れさせ屋がそうさせないように工作してくれます。別れたい人にとっての心強い味方が、別れさせ屋なのです。もちろん、好きな人や想い人を別れさせるために使うことも可能ですよ。どのように使うかは、その人次第です。