不倫で家庭が壊れそうでも別れを踏みとどまるご夫婦はいる

不倫をしたことで、ご家庭が壊れそうな立場にある方もいらっしゃいます。

また現在、離婚を切り出そうかと悩まれている方もいらっしゃるでしょう。

不倫が原因ですぐに離婚にまでなるかと言えば、それもご家庭やご夫婦によってさまざまで、踏みとどまっているケースも数多くあるのです。

■不倫問題があっても別れを踏みとどまる場合がある

ご夫婦のそれぞれの性格にもよりますが、相手が不倫をしたことを許せるタイプの方であれば、家庭が壊れるまではいかないことは多いでしょう。

その場合であっても、二度と不倫をしないことを誓わせることや、いかに自分が傷ついているのかなどを相手によく理解してもらうことはあります。

そして場合によっては、黙認をしている方もいらっしゃいます。

何らかの理由でご家庭にあまり波風を立たせたくない場合や、過去の経験から、男性は不倫をする人が多いからと諦めてしまっている方もいるはずです。

不倫の問題に正面から向き合ってご夫婦で話し合うなどしてとことん対処するご夫婦もいれば、相手の気持ちが冷めて家庭に戻ってくるまで放置している場合など、さまざまな人間模様があるでしょう。

■お子様のことや現実生活のことも不倫問題で別れを選ぶことを躊躇させる

お子様がいらっしゃるご夫婦の場合なども、子供への影響を考えて、不倫が原因で別れることを諦める場合があります。

受験期や思春期など、お子様にとっての大事な時期であればなおさら別れを踏みとどまることになりがちです。

お子様には罪がないのですし、父親と母親の不仲や別離によって片親にさせてしまうのは忍びないと感じる親心もあるでしょう。

子はかすがいという言葉通り、夫婦の亀裂を子供が修復してくれるというのはよくあることなのです。

また実際に離婚をした後の現実生活の面を考えて別れを躊躇してしまう方は多いでしょう。

女性の場合であれば、専業主婦だと収入の面や加齢に伴う今後の生活などの生活をしていく上での悩みは尽きないものです。

男性の場合でも生活面での不便さや社会的な立場の問題など、いろいろと悩みが出てきます。

そして当然のことですが、離婚に伴う手続きや不倫による法的な責任や慰謝料のことなどものしかかってくるのです。

このようなさまざまな現実的な問題が浮上してくることにより、不倫をされたからすぐに離婚とまではいかない場合があるので難しいところでしょう。

ご夫婦のタイプやご家庭の諸事情によってのさまざまな理由から、たとえ不倫問題があっても離婚して別れることまでは踏みとどまっていらっしゃるご夫婦は多いものです。

それだけ結婚生活はいろいろな事柄が関係していて、いっときの感情だけでは断ち切れないものなのでしょう。

不倫が原因で離婚をしたけれどまた復縁はできるのか

不倫をした結果、ご家庭が壊れて離婚にまで進んでしまう方もいらっしゃいます。

その時はその選択でよかったと思っていても、時間が経てば気持ちが変わってしまったり、事情が変わってきて、また復縁をしたいと考え始めることもあるものです。

■復縁の可能性もあるのなら不倫で離婚をした時のイメージをしておく

不倫が不貞行為として認識されてしまい、その結果、相手から離婚を言い渡されたり、ご自分から別れを選択してしまうことは、そう珍しくはないでしょう。

平和だったご家庭を壊すこともあるのが不倫ですので、その点はよく認識をしておく方が、後になって後悔をすることも少ないはずです。

また不倫をした側は慰謝料を請求されることもありますし、親権を争う場合には不利になってしまうこともあります。

このように不倫をした側はペナルティーが課せられることが多いです。

迷っている方や離婚後にまた復縁の可能性もあるのならば、それでも不倫をするのかどうかを今一度ご自分の気持ちに問うてみるのはよいことでしょう。

■不倫が発覚して離婚をしたらもう一度復縁するのは難しいと認識すべき

不倫が原因で別れた結果、二度と元の生活には戻りたくないのならばそれでも良いでしょうが、悩んだ末に離婚を決めたはずなのに、時間が経てばまた復縁を望むようになる方もいらっしゃいます。

それだけ人の感情というものは、難しいものなのでしょう。

一度は好きになり、人生を共にしていたパートナーなのですから、結婚生活で楽しかった思い出もいくつもあるでしょうし、嫌だったことは時間が忘れさせてくれる場合もあります。

また不倫をした相手とも結局はうまくいくことなく、離婚後の方がさらに辛い立場になってしまうこともあるでしょう。

お子様がいらっしゃる場合なども、離婚後に子供に与える影響を心配したり、別れたけれども自分の子供には以前のように接したいと親心が断ち切れずに思うこともあります。

このような場合には、離婚をしてもまた復縁して、もう一度同じ相手と結婚生活をやり直したいと考えることがあるのでしょう。

けれども相手に裏切られたと感じている人の感情は、そんなに簡単に相手を許せるものではありませんし、不倫の末の離婚というものは相手の感情の修復を難しくさせてしまうような事案だと認識しておくべきです。

不倫で一度は別れてしまったご夫婦でも、さまざまな事情や気持ちの変化とともに、復縁を再び考えはじめてしまうことはあります。

だからこそ、本当に離婚に踏み切れるのかどうか、ご自身の気持ちを今一度確かめておくことは大切なことでしょう。

電話で復縁するときに気をつけたいこと

復縁したいとき、どういう方法を選びますか?今はSNSやメールなど連絡方法がたくさんありますよね。復縁を考えるときにはどの方法で復縁するのか考えておきたいです。今回は電話での復縁を選ぶメリットとその時に気をつけたいことをまとめます。

■電話での復縁を選ぶメリット
電話での復縁を選ぶ最大のメリットは相手の声を直接聞けることですよね。SNSやメールでは相手が返信しなければ、相手の意見を聞くことはできません。長い時間待たなくても相手の反応が返ってきます。

また、言葉や文章によっては相手の考えや思いが伝わりにくいこともあります。SNSやメールとは違い、電話は声のトーンや話し方で相手の気持ちも伝わりやすいです。会える相手であれば電話よりも直接会って話をすることが望ましいですが、遠くにいる相手だったり、忙しくて会う時間が取れなかったりする場合は電話での復縁がオススメです。

■電話で復縁するときに気をつけたいこと

相手の反応がすぐに返ってくることが電話で復縁するメリットですが、これは逆に自分の気持ちも相手に伝わりやすくなります。電話で感情的になったり自分の思いを一方的に言ったりしてしまうと自分のマイナスの気持ちも伝わってしまいます。電話で復縁したいとき、まずは冷静になることが大切です。電話をするときは自分が冷静になれるときを選びましょう。相手に電話をするときは自分が電話をしたいときではなく、少し時間を置いてからの方がいいかもしれません。

また、電話の場合は相手への配慮も必要です。SNSやメールとは違い、電話をしている間は相手の時間を使います。相手が忙しかったり疲れていたりするときは電話が負担になってしまいますので、今、電話ができる時間なのか、相手の迷惑になっていないかを考えることも大切です。

復縁したいとき、相手への連絡方法はたくさんあります。それぞれの連絡方法にメリット・デメリットがありますので、その時の状況や相手との関係性によって、より良い連絡方法を考えてみてくださいね。皆さんの復縁が叶うことを願っています。

男女別!復縁の確率をあげるためにできること

復縁したいと思ったとき、復縁する確率はあげたいものですよね。相手へどんな行動をすれば、復縁する確率があがるのでしょうか。今回は男性と女性の場合で復縁の確率をあげるためにできることをお話します。

■男性が女性と復縁する確率をあげるためにできること
①相談相手になる
復縁したい相手が何かに悩んでいることを聞いたり察知したりしたら、相談相手になると復縁する確率はあがります。特に仕事関係の悩みであれば、相談相手になることはオススメです。最初は軽い悩みかもしれませんが、相談を重ねる間に大きな悩みにつながることも考えられます。悩みが大きくなれば大きくなるほどあなたの信頼度も上がり、復縁に1歩近づけますよ。
②話を聞く
女性は話を聞いてもらいたいという気持ちが強いです。相談まではいかなくても、話を聞くだけでも復縁する確率はあがると思います。これも最初はちょっとした話から始まって、積み重なると大きな相談へつながる可能性も高いです。女性と復縁したい場合はその女性の話に耳を傾けてみましょう。

■女性が男性と復縁する確率をあげるためにできること
①1人の時間を持つ
男性と復縁したい場合はある程度の距離を置く時間が必要になります。男性が女性と別れて復縁したいと思うようになるためにはある程度の期間が必要です。女性の方が感情的であるため、別れた直後は特に難しいかもしれませんが、距離を置く期間は自分磨きや趣味などで1人の時間を楽しんでみてくださいね。
②大勢で会う
ある程度の距離を置いた後、いきなり1対1で会うのは難しいかもしれません。そういう時は共通の友達や彼の友達などの和に入り、人数の多いグループで会ってみるといいですね。定期的に大勢で会っていると、楽しくなってまた一緒に遊びに行こうとつながる可能性もあります。

男性、女性、どちらも大切なことはタイミングです。復縁したい相手のタイミングをきちんとはかることができれば復縁する確率は確実にあがりますよ。

復縁相談で反対されたときに考えること3つ

復縁を考えたとき、誰かに相談したくなりますよね。でも、そこで反対されたら、
あなたはどうしますか?イライラしたり、落ち込んだりするかもしれません。今回は復縁相談をして、反対されたときに考えて欲しいことをまとめてみました。

■自分の気持ちを受け入れる
相談をして反対されると、ショックを受けたり相手を怒ったりといろんな感情が出てきますよね。まずはその感情を受け入れることから始めましょう。感情的になってしまうと考えがまとまらなかったり、違う方向へいってしまったりと考えがまとまりません。自分の感情を受け入れて、冷静になることが大切です。
また、相談をした相手に今の感情を素直に伝えることも良いかもしれません。反対されてどんな気持ちになったのか、どんな感情が出てきたのか、相手に伝えたりぶつけてみたりすると気持ちを落ち着けやすいです。

■反対された理由を考える
冷静になれたら、相手が反対した理由を考えてみましょう。ただ単に反対しただけかもしれませんし、本当に自分のことを思って反対してくれたのかもしれません。分からない場合は相手に聞いてみてください。もしかすると自分が考えつかなかった理由を言われることもあります。
また、理由の他に誰に反対されたのかということも大切です。相談した相手はあなたにとってどういう存在の人ですか?信頼出来る人、ただの知り合い、身近な家族など色々な方がいると思います。自分にとってどういう存在の人に反対されたのかを考えることも大切ですね。

■自分の気持ちを考える
あらためて、自分がどうしたいのかを考えてみましょう。最初に考えたときとは違う気持ちが芽生えているかもしれません。反対されたからやめるではなく、きちんと自分の気持ちと向き合って決めると今後の気持ちも変わってきそうですよね。

反対されたときに冷静になることは難しいことかもしれません。でも、相談された相手もきっとあなたのことを思って考えてくれた結果だと思います。色々と話し合って、お互いに納得のいく答えが出せるといいですね。

年の差10歳以上!年の差恋愛の悩みとは!?

最近では10歳以上の年の差恋愛も珍しくなくなってきました。男性が年上だったり年下だったりどちらもありますが、どんな悩みがあると思いますか?今回は年の差恋愛で悩みと解決策を考えてみましょう。

■年上・年下共通した悩み
年の差恋愛では年上・年下など相手の年齢に関係のない悩みがあります。
①年齢が違うので話が合わない
年齢が違えば、流行っていた音楽、ファッションなど違うため、話は合わないこともあるかもしれません。今では音楽や動画配信などで昔のものを見たり聞いたりできるので一緒に見て、共有してみるのもオススメです。

②結婚・出産のタイミングが合わない
結婚・出産のタイミングはとても難しい問題です。もう年なので子どもは考えていない、自分が子どもなので今はまだ考えられないということもあります。大切なことは出産にはタイムリミットがあることです。いつでもできることではありませんので、お互いに望むことをきちんと話し合うことが大切になります。

■年上・年下で特有の悩み
①相手が年上の場合
特有の悩みとしては定年後の仕事のことや両親や自分の介護のことなどが挙げられます。これらの問題を解決するためにはお互いが年を取ってからの生活を考えることが大切です。相手が定年後にどういう風に生活しようと思っているのか、両親や自分の介護についてどう考えているのかを話し合っておけるといいですね。

②相手が年下の場合
お金のことや彼の友達と合わないことなどが挙げられます。これらの問題を解決するためには彼との価値観を共有しておくといいかもしれません。お金の価値観や友達付き合いでの価値観を共有しておけば、優先したいことややって欲しいことが自然とわかりますよね。お互いの信頼関係にもつながります。

年の差恋愛の悩みについて考えましたが、大切なことはお互いの気持ちです。年齢関係なく、お互いがお互いを思いやることができれば、良い関係が築けるのではないかなと思います。

復縁の話は電話のほうがいい場合も!誠意が伝わりやすいのがメリット

復縁の話を電話で切り出すのもメリットがあります。

メールもありますが、場合によっては電話のほうがいい場合もあるのです。

メールは文字ですが、電話は声という違いがあります。

復縁を切り出すとき、電話がいいケースをご紹介しますので参考にしてみてください。

■復縁の話は電話だと誠意が伝わりやすい

復縁を成功させるには誠意を重視しなければなりません。

自分が原因で別れた場合、誠意もなくいいかげんな対応をすれば、成功率を下げる結果にしかなりません。

「からかっているのか?」と相手から不快に思われても不思議ではないのです。

メールは文章だけで気持ちを伝える努力が必要です。

一方、電話は声で、口調やトーンなどをストレートに伝えられます。

誠意や本気度をまず第一に伝えたいなら、電話のほうがいいのです。

■付き合っていたとき電話が多かった人はメールよりいい

付き合っていたとき、メールより電話でやりとりするほうが多かったか思い出してみてください。

電話が多かったなら、メールより電話で復縁の話をしたほうが成功率は高まります。

お互い慣れているほうで話をしたほうが、間に壁が生まれにくいからです。

別れているため電話では抵抗があるとしても、昔と違うメールでのやりとりは距離が生まれます。

自然体で話ができないですし、相手への意識も通常とは異なってくるのです。

付き合っていたときと同じ連絡手段を取れば、自然体になりますし、お互い好きだったときの気持ちがよみがえる場合もあります。

■復縁の脈があるか確かめるのも電話のほうがいい

復縁の脈があるか、相手の様子から確かめるなら電話がおすすめです。

相手への気持ちが伝わりやすいのは文字より、口調やトーンで表現できる声でしょう。

逆に考えれば、相手の気持ちが伝わりやすいのも言葉単体より声なのです。

「復縁をしたい」と切り出したとき、相手の口調やトーン、どんなふうに答えるかは、脈があるかどうか見極める判断材料になります。

復縁への脈があるなら、そのまま会って話をする約束もできるのもメリットです。

■復縁の話をするのを電話かメールで迷ったらプロに相談

復縁の話を切り出す方法として電話のほうがいい場合もあります。

声は感情が乗りやすいため、気持ちがお互いに伝わりやすいメリットがあるからです。

電話とメール、どちらがいいか悩んだら、恋愛相談のプロに話を聞いてもらうのもいいでしょう。

復縁の確率を高める方法!別れた原因を分析し改善が最低条件

復縁の確率を高める方法はあります。

むずかしい復縁ですが、確率を高めるポイントを理解すれば成功に近づけるのです。

何度も失敗しないよう、復縁できる確率を高められるポイントを解説します。

■復縁したことがある人は約33%という話がある

復縁はむずかしいですが、成功した人もいます。

復縁に関するあるアンケート調査では、約33%の方が「ある」と答えていることから、絶望的とは言えません。

復縁するまでかかった期間は、39%の方が半年未満と答えており、最長で3年以上が8%ですが、1ヶ月未満の人は24%でした。

復縁の確率を高めるには早めの行動はいいかもしれません。

ただし、1ヶ月未満で復縁のため連絡をすると逆に成功率を低くなる可能性があるため注意しましょう。

■復縁の確率を高めるには原因分析と改善

復縁の確率を高めたいなら、原因を考えることです。

別れた原因が自分にあるなら、改善しなければなりません。

その原因が理由で別れたのに、改善もせず復縁を求めても話にならないのは当然です。

原因がわからないなら、友人や恋愛電話相談などで、付き合っていたときのことを思い出しながら相談してみましょう。

第三者の視点や価値観で見ると、その理由が浮かび上がってくる場合も多いのです。

理由を理解した上で、改善できるか改めて自分の心に聞いてみてください。

■復縁したいなら相手のすべてを受け入れる気持ちで

別れた原因を特定して改善し、相手が受け入れてくれても、安心して別れる以前に戻れば意味はありません。

恋愛関係の継続が復縁において一番重要なのに、再び別れに突撃しているのと同じです。

また、別れる前の元カレや元カノと価値観が変わっている場合もあります。

復縁まで半年未満というアンケート結果もありますが、短期間でも人は価値観や人間関係が変化しているものです。

変わった相手もすべて受け入れる姿勢を見せるなら、復縁相手も受け入れてくれるでしょう。

■復縁の確率を高めるためには自分の努力が重要

復縁の確率を高めるには、自分が変わる努力をしなければなりません。

別れた原因が自分にあった場合、一旦復縁できても変わらなければすぐにまた別れるだけです。

復縁の確率を高めるため「自分が変わる」という意識を持ちましょう。

復縁相談はプロにするのが一番!簡単ではない理由がたくさんある

復縁の相談をしたいと考えている方は、専門家への相談をおすすめします。

なぜなら、復縁は恋愛の悩みの中でも成功するのがむずかしいからです。

復縁がなぜむずかしいのか、理由を知って、できるだけ成功率を高める対策を取りましょう。

■原因次第で復縁はむずかしいのが現実

復縁相談を誰かにしたくても、解決に近づく答えを得るのはむずかしいのです。

復縁は、以前付き合っていて別れたという大前提があります。

原因が相手の心が完全に離れる内容だった場合、復縁はむずかしいでしょう。

・浮気や不倫を繰り返して完全に愛想をつかされた
・相手の心が完全に冷める言動や態度や行動を取り続けた

元カレや元カノの信頼を完全に裏切った結果、別れを告げられていたら復縁が叶う可能性は低いのです。

■復縁相談でアドバイスを受けてもうまくいかない理由

友だちに復縁相談でアドバイスを受けてそのとおり実践しても、うまくいかないケースがほとんどです。

浮気や不倫、相手の心を傷つけて別れた場合、元カレや元カノの心は関係性がうまくいっていたときと大きく変わっています。

人格否定のようなモラハラや暴力が原因で別れた場合、相手を許して復縁したいとは思わないでしょう。

「別れられてすっきりした」と思っている場合、友だちに復縁相談をした結果、いいアドバイスを得られても現実はうまくいきません。

■復縁相談は客観的な意見を言える人に聞こう

復縁相談は友だちにしても解決はむずかしいでしょう。

むずかしい復縁を成功させた人のアドバイスなら、可能性はあります。

ただ、普通の恋愛とは違うアプローチや、客観的な意見も必要です。

復縁のために元カレや元カノにメールや電話をしても完全無視、すでに新しい恋人がいるなら話し合いもできません。

復縁相談をする相手は、あまり聞きたくない現実的な話も踏まえ、客観的なアドバイスができる人にしたほうが無難です。

■恋愛電話相談なら復縁相談もできる

恋愛電話相談の中には、復縁相談にも対応できる恋愛の専門家もいます。

多数の復縁相談に乗ってきた人だからこそ、一般的にはないアドバイスをしてくれる可能性もあります。

むずかしい復縁相談こそ、プロに相談したほうがいいでしょう。

恋愛の悩みはプロに相談!不安・自信がないから無理をする断れない

恋愛の悩みもひとそれぞれ、立場も性格も違って多種多様です。

中でも恋愛に疲れる悩みごとは、誰でもつらいものでしょう。

実は、恋愛に疲れるには理由があります。

理由を具体的に知り、恋愛に疲れた自分が当てはまっていないかチェックしてみてください。

■よくある恋愛の悩みのひとつ愛されているか不安

付き合っているが、恋人の言動や態度から愛されていないように感じる方がいます。

自分や相手との関係性に自信がないため起きる気持ちです。

恋人に愛されていても言葉の端々や態度や行動に引っかかり、不安になります。

恋人を責めて細かく変えさせようとしても、相手は疲弊するだけです。

「そんなに信じられないの?」と恋愛関係が破綻するケースも0ではありません。

自信を持ち、愛されていると強引にでも考えるようにしましょう。

■よくある恋愛の悩みは恋人に「いい女」「いい男」と思われようと無理をする

自信がないと、相手がすぐ冷めるのではないかと不安になります。

素の自分を隠し、背伸びして一般的に好感を持たれる「いい女」「いい男」になろうと努力や意識をしすぎるのです。

「かわいいと思われたい」「かっこつけたい」「恋人と釣り合える人間でいたい」と誰でもある程度は思いますが、限度を超えて無理を続ければ疲れるのも当然でしょう。
長い付き合いを考えた場合、無理を続けると心が疲れ切る原因になるのです。

■借金でも性のことでも迫られると断れない

よくある恋愛の悩みに断れないケースもあります。

借金を頼まれても拒否できない、セックスを強要されていやがると別れられるのではないかと怖がるのも恋愛に疲れる原因です。

友だちや家族に恋愛の悩みを吐露しても「断ればいい」「そんな人とは別れたほうがいい」といわれるだけかもしれません。

自分が無理をして、相手の要望をなんでもかんでもほいほい聞いていたら限界が来るのも当然です。

どうすれば断れるのか、自分の意識や、断り方を考えてもいいでしょう。

■疲れる恋愛の悩みを解決したいなら専門家にも相談を

恋愛疲れには、根本的な理由があります。

自信がない、嫌われたくない、人の助けになりたいという理由ですが、無理を続けると自分が疲れ切ってしまうだけです。

その前に、心や恋愛の専門家に相談して対策をしましょう。