恋愛の悩みは電話相談で解決?

恋愛にはいろいろな悩みがつきものですよね。

通常の恋愛でもそうですが、浮気や不倫になるとより多くの問題も出てくるのではないでしょうか。

そういった悩みは誰に相談するのがよいのでしょうか。

■恋愛の悩みは知人に相談する

恋愛に限らず、いろいろな悩み事は第三者である誰かに相談することで、客観的な意見を得ることができます。

恋愛に関しての悩みの相談は、やはり、仲の良い友人に相談するというケースが多いですよね。

もちろん、同性の友人だけでなく、異性の友人に相談することもあります。

同性の友人、異性の友人では、それぞれに異なるメリットがあります。

同性の場合は、共感してもらえることも多いですし、言いにくいことも話せるのではないでしょうか。

では、異性の友人ではどうでしょうか。

異性の場合は、考え方も異なるため、いろいろな考え方を聞くことができ、参考になることも多くあります。

但し、内容によっては相談しにくいこともありますから、何でも気軽に相談できるわけではないということになります。

どちらにしても、性別に関係なく信頼できる相手なら相談はできますよね。

■電話相談を利用する方法もある

恋愛の相談は友人というのが多いですが、友人への相談で解決しない場合はどうでしょうか。

恋愛電話相談を利用するという人も増えてきています。

電話相談であれば、対面式ではなく、相手の顔が見えないため、対面型に比べて少し恥ずかしいことでも相談しやすいというのがあるようです。

相談相手がプロということもありますが、知人には相談できないことでも、知らない相手であれば相談できるということもあるのです。

特に、不倫や浮気、復縁といったような知人には相談しにくいようなことを相談するというケースが多いようです。

なにより、誰にも会うことなく相談ができるということが大きいのかもしれません。

■まとめ

恋愛にはいろいろな悩みがつきものですが、自分で解決できない場合は、誰かからのアドバイスが必要となります。

悩みを聞いてもらいたいだけなら誰でも構いませんが、的確なアドバイスが欲しい場合、恋愛電話相談などで、プロの意見を参考にしてみるのはいかがでしょうか。

復縁できる確率をアップさせるには

別れてしまったけれど、もう一度やり直したいという相手はいるのではないでしょうか。

その相手ともう一度よりを戻せるかどうかは、別れ方や別れてからの状況によって変わってきます。

必ず復縁できるというわけではありませんが、状況次第で可能性は高くなるのです。

■別れ際の印象で復縁の確率は違う

復縁においては、別れるときに相手に対してどんな印象を持ったか、また、どんな感情で別れたかというのは大切になります。

確率が高くなるのは、別れの際の印象や感情が悪くないという場合です。

例えば、自然消滅の場合であれば相手を嫌いになったわけでもありません。

逆に、大喧嘩をして別れてしまった場合はどうでしょうか。

もちろん、その内容にもよりますが、別れの時の嫌な印象や感情が残ってしまいますよね。

別れ方によって、印象が違えば相手に対しての感情も違ってくるのです。

印象が悪いと復縁ができないというわけではありませんが、その可能性は低くなりますし、可能であったとしても時間がかかってしまうのです。

■別れた後の状況で異なる復縁の確率

別れた後の二人の距離感というのも復縁には大きな影響がでてきます。

別れた後も、顔を合わす機会があれば、復縁できる確率も高くなりますが、音信不通になってしまうと確率はかなり低くなってしまうのです。

というのも、復縁するには、別れたときの印象を回復させてよい方向にもっていかなければなりません。

印象が良くなることで復縁も可能になってくるのですが、連絡がとれないとなるとそれもできなくなってしまいます。

また、別れた後で、何度も復縁を迫っている場合は、どうしても印象が悪くなるため、確率は低くなってしまいます。

ですから、別れた後にすぐに復縁というのではなく、徐々に印象を良くしていくことで復縁も可能になるのではないでしょうか。

■まとめ

復縁の確率の高いケースと低いケースでは、実はそれほど違いはないのです。

何が違うのかというと、復縁できるまでの時間なのです。

どんな別れ方をしても、印象を回復させることができれば復縁は可能になるので、別れた後にしっかりと対処することが大切です。

復縁マニュアルは本当に有効?

別れた相手と復縁をするために、いろいろな情報を調べたり、復縁マニュアルを利用しているという人もいるのではないでしょうか。

情報も復縁マニュアルもいろいろなものがあり、これが正解というのは見つけにくいですよね。

■復縁マニュアルで効果はある?

復縁マニュアルを考える前に、復縁とはどういったものかということを考えてみましょう。

こちらがいくら復縁をしたいと願っても、決定権があるのは自分ではなく相手なのです。

また、付き合った期間や別れの原因、自分の性格や相手の性格といったことを考えると、マニュアルとして簡単に片づけることはできないのではないでしょうか。

もちろん、復縁マニュアル通りに行くこともあるかもしれません。

しかし、どうであれ、別れの原因となったことを改善しなければ、復縁はできないということになりますし、仮に復縁したとしても、また同じ理由で別れることになってしまいますよね。

■別れは仕事での契約解除と同じ

恋愛における別れは、仕事上で何か問題が発生し、取引の契約を解除されたのと同じと考えることができます。

その契約解除となった相手と、再び契約を取り付けるにはどういったことが必要なのでしょうか。

再契約のためには、問題の改善はもちろん、以前にはなかった新しい要素も付け加えるのではないでしょうか。

これは、取引先との復縁ということですし、恋愛でも同じと考えることができますよね。

別れの原因はひとそれぞれですから、その対応もケースバイケースになるため、復縁マニュアル通りというわけにはいかないのが通常です。

仕事も恋愛も同じで、状況に応じた対応をしっかりとることで復縁も可能になるのではないでしょうか。

そのためには、相手のことを考えての言動が重要となるのです。

■まとめ

復縁マニュアルは、その通りに実行することで復縁が必ずうまくいくというものではなく、あくまでも過去の復縁成功例といったサンプル的な見方をするのがよいのかもしれません。

間違ってはいないのですが、状況に応じた対応を考えれば、プロのカウンセラーに恋愛の電話相談をするのがよいのかもしれませんね。

復縁を成功させるためには

別れた相手との復縁というのは、思っている以上に難しいものです。

もし復縁できるのであれば、どんな方法でも試す価値はあるのではないでしょうか。

相手にもう一度付き合いたいと思わせることができれば、復縁は可能になるのです。

■復縁成功のためのポイント

まず、大切なのが別れ方になります。

別れを切り出された場合、すんなりと受け入れることが大切です。

すがりたい気持ちも分かりますが、相手にストレスを与えず、相手の気持ちを受け入れることが重要となるのです。

次に、別れの際には、自分が悪くなくても謝罪し、それまでの感謝の気持ちを伝えます。

自分は悪くないと思っていても、完璧な人間はいませんから、悪かったと思われるところを探して謝罪をします。

重要なのは、自分がどう思うかはなく、相手がどう思うかです。

復縁で最も大切になるのは相手が復縁を希望するかどうかなのです。

■連絡がきてもすぐに復縁の話はしない

別れたあとは、しばらく連絡を一切とらないということも必要です。

職場や学校等、どうしても顔を合わせなければならない場合は、普通に接し、それ以外では連絡をとらないようにします。

期間としては半年程度は必要かもしれません。

その間はふられた理由を探したり、自分磨きをする時間にあてましょう。

連絡を取らない状況で、相手から連絡がくることがあります。

その後は普通にやりとりを行い、相手から復縁を迫られる形になれば、復縁は成功となるのです。

もちろん、これは、復縁をしたくなり連絡をとったわけではないので、すぐに復縁の話はしないほうがよいでしょう。

よくあるパターンとして、なんとなく気になったから連絡したというケースが多いのです。

半年以上連絡がなければ、こちらから連絡するというのもひとつの方法です。

しかし、復縁したいという気持ちを悟られないような行動をとることが大切になります。

■まとめ

復縁を成功させるポイントとしては、自分から復縁にもっていくのではなく、相手から切り出させるというのがポイントです。

復縁後に長続きさせるためには、別れの原因となったことをしっかりと把握し同じ間違いはおかさないということになります。

復縁は難しく、時間もかかるものですから、恋愛相談といったプロのカウンセラーに相談するのもよいかもしれません。

これでスッキリできる!恋愛の悩みの解決方法!

彼との結婚話が進まない、彼に浮気された、突然別れを告げられたなど、恋愛に関する悩みは尽きません。

恋愛に悩んだとき、一体どのようにすれば解決できるのでしょう。

■恋愛の悩みばかりを考えないことが大切

うまく恋愛が進んでいないときは、四六時中そのことばかりを考えてしまうものです。

どうすれば相手の気持ちを変えられるのか、どうすれば恋愛がうまく進むのかなど、一日中恋愛のことばかり考えてしまうことでしょう。

恋愛に限りませんが、何か悩み事を抱えているときはどうしても表情が暗くなり、ほかのことが手につかなくなります。

周りから見ても何か悩んでいるのは一目瞭然のため、周囲の人に気を遣わせてしまうこともあるでしょう。

暗い表情で恋愛のことばかり考えていると、周囲はもちろん、恋愛相手からも魅力のない人に見られてしまい、恋愛対象から外されてしまうこともあります。

彼氏と別れそうになっている場合でも、恋人の暗くなっている表情を見てやり直そうと思う可能性は低いといえます。

それよりも、より別れを強く決心させるきっかけになってしまう可能性もあるでしょう。

恋愛の悩みを抱えているときは、あえて恋愛のことを考えない時間を持つことが必要です。

■苦しいときこそ自分磨きに励もう

恋愛がうまくいっていないときこそ、自分磨きに励むことが大切です。

仕事を頑張るのも良いですし、資格をとるために頑張ってみるのも良いでしょう。
新しい趣味を見つけたり、ダイエットに励んでみたりと、自分磨きに励むことで自分自身の成長にもつながり、周囲にも魅力的に映ります。

もしも別れた彼氏とよりを戻したいと悩んでいる場合、別れてしばらくしてから昔のままの自分であれば、相手はよりを戻したいとは思わないことでしょう。

また、片思いで悩んでいる場合でも、自分磨きで魅力的になったあなたに対して、恋愛相手が好感を持ってくれる可能性が高まります。

別れさせ屋の選び方

恋愛関係の悩みを解決するために動いてくれる別れさせ屋ですが、実際仕事を依頼するときに、何を基準に選べばよいのでしょうか?

別れさせ屋の選び方についてご紹介しましょう。

■こんな別れさせ屋はNG

別れさせ屋の選び方についてお伝えする前に、NGな別れさせ屋の特徴からみておきましょう。

別れさせ屋を行うためには、探偵業として登録しておく必要があります。

探偵登録証を見える場所に掲示していない場合、別れさせ屋は探偵業を行う許可を得ていない可能性がありますので、止めておいた方が良いでしょう。

また、価格が安すぎる場合も危険です。

別れさせ屋は対象者の行動調査をするために、一日中張り込みや尾行を行ったりします。

ですので、別れさせ屋の料金の大半は人件費が占めていると言われています。

人件費が安すぎては質の高い調査が行われるか疑問ですし、含まれていない料金が多くて追加料金が沢山発生してしまう可能性もあります。

■依頼するならこんな別れさせ屋に

それでは、依頼するならどんな別れさせ屋がよいのでしょうか?

依頼者の希望を正確に把握するために丁寧なヒアリングを行ってくれるところが良いでしょう。

費用の内訳についても明確で書面を見せながら説明してくれる別れさせ屋であれば、次々と追加料金が発生してしまうこともなく安心です。

また、最初に別れさせ屋が依頼内容を実現するために活動する期限を決めることをすすめてくるところであれば、いつまでも踏ん切りがつかないままズルズルと続けてしまうというリスクを避けることができます。

別れさせ屋に依頼したからと言って100%成功するとは限りませんので、期限を決めておかないと止めるにやめられず出費ばかりが増えてしまうことにもなりかねません。

別れさせ屋を何度も利用したことがある方はあまり多くないと思いますので、よろしければ今回ご紹介した選び方やNG別れさせ屋を参考にしてみて下さい。

そして、あなたの希望を叶えるために奮闘してくれる別れさせ屋を選んで下さい。

離婚させたい!と思ってしまったらどうする?

離婚させたい!と思ってしまうシチュエーションとしてどんなケースがあるでしょうか?

不倫相手のことを本気で好きになってしまった場合や、周囲から反対を受けた結婚をしてしまったケースなど色々あるでしょう。

そこで、離婚させたい!と思ってしまったときにどうすれば良いか考えてみることにしましょう。

■離婚させたい!そう思ってしまう原因

まずは、離婚させたい!と思ってしまう原因について考えてみましょう。

好きになってしまった相手が既婚者だった場合、そう思ってしまうケースは多いかもしれません。

相手が奥さんや旦那さんと離婚してくれれば、自分と結婚することができるのに…と思ってしまうと離婚させたいと思ってしまうようです。

不倫だと知らずに付き合っていて、あとで既婚者だと分かった場合も離婚させたいと思うことはあるようです。

だまされていた訳ですので、相手から裏切られた気分で、相手のことを信頼していればいるほど怒りは収まらないかもしれません。

また、周りから結婚を猛反対されて結婚したけれども、あまり幸せとは言えない状況になってしまっている場合も、周囲の人たちは何とか離婚させたいと思ってしまうケースもあるそうです。

■離婚させたい!それを実現する方法

離婚させたい!と思ってしまう原因や理由は様々ですが、そう思ったからと言って相手があることですから、簡単に離婚させることができるものではありません。

そうかと言って、誰かを離婚させるために協力してくれる人はまずいないでしょう。

そんな希望をサポートしてくれる存在として別れさせ屋があります。

名前くらいは聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

ネーミングがそのものズバリですし、まことしやかに語られるネガティブな情報もありますので、依頼することが心配だと思ってしまう方もいるかもしれません。

別れさせ屋は探偵業登録を行っている業者でないと行うことができませんし、探偵業法という法律に従った活動が行われています。

離婚させたい!と思ってしまう原因やその希望を実現する方法についてご紹介してきましたが、一人で悩むよりも別れさせ屋に相談してみることをおススメします。

別居中の浮気は浮気になる?ならない?

別居中に浮気をされてしまったなら、どうすれば良いでしょうか?

別居期間によっては、浮気とならいケースがあると聞いたことがある方もいることでしょう。

別居中の浮気について対応も含めて調べてみましょう。

■別居中の浮気は浮気になる?ならない?

別居中の浮気は浮気になるのでしょうか?それとも浮気にならないのでしょうか?

ケースバイケースで違ってくるようです。

長い期間、寝食を共にしていなかったり、コミュニケーションを図っていなかったりと言った状況が続いている場合は、実際には婚姻関係は破綻しているとみなされてしまうそうです。

ただ、長い期間というのがどの位の期間になるのかについては、ハッキリとしていないようです。

以前は10年と言われていたそうですが、日々様々なものが目まぐるしく移り変わっていて、時間の流れがより速くなっている現在では、もう少し短くなっている傾向にあるようです。

因みに、結婚を続けたいと思っていないというのは主観的判断となり、これに「別居」という事実が加わることで離婚しやすくなるそうです。

別居する前から結婚を続ける意思が既になくなっていたとしても、別居して1年にも満たないときに他の人と付き合ってしまった場合は、浮気と判断されるようです。

■別居中に浮気が発覚した場合の対応

それでは、別居中に相手の浮気が分かった場合はどうすれば良いでしょうか?

別居期間が1年にも満たない場合は、結婚関係が壊れていなかったとみなされて、浮気とみなされる可能性が高いそうですので、慰謝料の請求ができる場合が多いようです。

そうは言ってもご自分で相手の浮気の証拠をつかむことは、なかなか難しいのではないでしょうか?

別居している状況であれば、相手の行動を常に見張っていなければいけませんので、とてもできるとは思えませんよね。

そんなときには、浮気調査のエキスパートである別れさせ屋に相談してみるのもおススメです。

別れさせ屋は探偵業として登録している業者でなければできませんので、依頼する業者を選ぶときには、探偵業として登録されているかどうかチェックするようにしましょう。

別居中に浮気をされたときの対応などを含めてお伝えしてきましたが、別れさせ屋選びのポイントとして、料金も明確であるかどうか、書面を交付してくれるかどうかもチェックするようにしましょう。

不倫相手が本気になったらどうする?

不倫を続けていて、相手が本気になってしまったらどうしますか?

お互いに本気になって人生のパートナーとして一緒に生きて行きたいと思うケースと、どちらか一方は今の関係のままで良いと思うケースがあるでしょう。

それぞれの対応について考えてみることにしましょう。

■不倫が本気になるキッカケ

まずは、どんなキッカケで不倫が本気になるのか調べみましょう。

既婚者サイドが本気になるキッカケは、やはり家庭内で何らかのトラブルを抱えていて、不倫相手に心の安らぎや癒やしを感じ始めるようになると、不倫が本気になるキッカケとなるケースが多いようです。

独身者サイドの場合は、仕事の悩みや恋愛の悩みを聞いてもらっているうちに相手のことを好きになってしまっていたというのは結構多いパターンですよね。

やはり、既婚者・独身者ともに、悩みがあるときにいわゆる救いの手を差し伸べられると特別な感情が芽生えやすいと言えそうです。

こうした感情の変化は、相手を特別視するキッカケとなって、恋愛感情に切り替われば本気になる可能性が高いと言えるでしょう。

また、現在のパートナーとあまり体の相性が良くない場合、不倫相手と体の相性がとても良い場合にも本気になるキッカケになる場合もあるようです。

■不倫が本気になった場合

お互いに不倫が本気になった場合は、離婚を考えるようになるかもしれません。

その場合、不倫を行った方は慰謝料などを含めて大きなリスクを負うことになるでしょう。

リスクを負ってでも不倫相手と新しい人生をスタートさせたいと思ったなら、実現に向けて動きだすことになるでしょう。

けれども、弁護士に相談することは出来ませんので、パートナーと上手く別れるために、別れさせ屋に別れ工作を依頼するケースもあるようです。

どちらか一方は今の関係のままで良いと思っている場合は、不倫関係を続けて行くことが難しくなってしまうかもしれません。

その場合は、お互いの気持ちに温度差が生じてしまっていますので、別れを想定した対応を考えることになる場合もあるでしょう。

その場合は泥沼化してしまうようなトラブルが生じないように別れさせ屋に相談してみても良いかもしれません。

不倫が本気に変わるキッカケと本気になった時の対応方法についてお伝えして来ましたが、自分の気持ちと相手の気持ちに気づくための参考にして下さい。

不倫相手との別れを決めたのは何故?

不倫関係の場合、いつかは終わりが来ると思って始める方は多いかもしれません。

終わることを前提として始めた関係の場合、何がキッカケで別れを決めるのでしょうか?

探ってみることにしましょう。

■不倫の経験と期間

不倫関係を続けていると、悩みを打ち明けることができる相手がいなくて孤独感を感じてしまうこともあるでしょう。

そんなときには他の人は不倫をしたことがあるのか気になってしまうかもしれません。

20代から30代の未婚女性を対象とした調査によると、不倫経験者は25.5%という結果が発表されています。

この数字を見ると思っていたよりも身近なところに不倫経験者はいるかもしれません。

不倫期間は1年から3年くらいが最も多くて全体のおよそ3割を占めています。

半年以上がおよそ2割ですので、半年から3年くらいの期間が全体の半分を占めていることになります。

3年を超えて不倫関係を続けていた人たちもおよそ15%いますので、結構長く続けていた人たちもいるようです。

反対にひと月も続かなかったケースは約6%ですので、想像しているよりも不倫関係を長く続けていた人たちの方が多いと言えそうです。

付き合っていた期間を見てみると、一般的な恋愛関係の場合とあまり大きく変わらないようにも思えてしまいますね。

■不倫相手と別れたキッカケ

次に不倫相手と別れたキッカケは何だったのか調べてみることにしましょう。

職場の同僚や上司部下と言った関係から不倫関係になったというケースは結構多いようです。

その場合は不倫関係が職場でばれてしまって別れてしまうことになることもあるそうです。

恋愛は個人の自由とは言っても、職場で不倫が容認されることは難しいでしょう。

既婚者側の奥さんや旦那さんがメールやLINEをチェックして不倫がばれてしまったり、不審に思って別れさせ屋に身辺調査を依頼したりしたことで、不倫がばれて別れさせられてしまうというケースもあるようです。

また、付き合い始めたころはお互いに相思相愛のような関係だったのが、次第に価値観の違いや意見の食い違いが出てきてしまったり、ささいなことで喧嘩が絶えなくなってしまったりしたことで、別れを決めた人たちもいるそうです。

喧嘩別れというのは、不倫に限った特徴ではありませんが、不倫関係は秘密の関係ですのでよりストレスが高いと言えるかもしれません。

不倫の経験の有無や期間などをチェックしながら、別れを決めたキッカケについて見てきましたが、相手が別れに応じてくれない場合は別れさせ屋に別れ工作を依頼することもあるようです。