不倫相手と穏便に別れたい

今まで不倫を続けてきたけれど、やはり別れた方がよいと判断することもあるでしょう。
そんなときに穏便に別れるための方法がいくつかあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

■不倫相手と別れたくてもすぐに切り出さない

不倫相手が自分のことを明らかに好きである場合、いきなり別れ話を持ち出すと、思わぬトラブルに発展することもあります。
そこでいきなり別れ話を切り出すのではなく、まずは距離を取ることが重要になります。
具体的にどのようにして距離を取るのかというと、自分から連絡をしない、肉体関係を求められても拒否する、盛り上がりそうな会話を避けるなどがあります。
もしくは相手の興味のない話題を持ち出す方法や、相手が嫌がりそうな話や行動をするなどもあります。
ただし、常識を逸するような会話や行動は避ける必要があります。

■ある程度距離を置いてから不倫相手に別れ話を切り出す

ある程度不倫相手が自分に興味がなくなってきたと感じたら、さりげなく別れ話を行うと、成功する確率が高くなります。
もし別れ話を持ち掛けても拒否された場合は、ある程度時間をおいてから再び別れたいと申し出る方法もあります。
それでもダメなら、別れさせ屋に相談をすることも検討した方がよいでしょう。
別れさせ屋は不倫をしている夫や妻のパートナーが依頼することが多いのですが、実際に不倫をしている人が相手と別れるために依頼をすることも可能です。
別れた後にトラブルにならないためには、その道のプロに相談をするのもよい方法だと言えるでしょう。
そして別れることに成功したら、不倫をしていた相手とはできるだけ会わないようにすることも重要です。

■不倫相手と別れるには時間をかけることも必要

トラブルにならずに不倫相手と別れるのであれば、それ相応の時間をかける必要があります。
まずは相手の興味を自分からそらし、ある程度距離を置いてから別れ話を切り出すことで、成功確率を上げることができます。

不倫相手と復縁できる確率を上げる方法

不倫相手と別れてしまったけれど、また復縁したいと考える人もいるでしょう。
そんなことができるのかと思うかもしれませんが、不可能ではありません。
そこで不倫相手と復縁できる確率を上げる方法を見ていきます。

■復縁したいなら不倫相手と別れた理由を確認する

不倫相手と再び復縁したいのであれば、まずはなぜ別れてしまったのかを再確認する必要があります。
相手が悪いから別れたと一方的に思っている限り、復縁できる確率はかなり低いままです。
しかし、自分の非をきちんと認めて考え直し、相手に謝罪することができれば、復縁できる確率は一気に上がるでしょう。
さらに別れた理由だけではなく、自分が現在どのような気持ちなのかも知る必要があります。
本気で相手のことがまだ好きなのか、どうしても忘れられない相手なのかを見直してみましょう。
中途半端な気持ちで復縁しようとしても、失敗する可能性が高いだけではなく、復縁できてもまた同じ理由で別れてしまうことになります。

■復縁するためには不倫相手の距離を取って冷却期間を設ける

別れた不倫相手にいきなり謝罪をしても、相手がまだ怒り心頭である可能性もあります。
そこで重要なのは、別れた不倫相手としばらく距離を取り、冷却期間を設けることです。
そうすれば相手の怒りも収まってきますし、自分の気持ちを見直すこともできるでしょう。
冷却期間は相手の性格や別れた理由、自分が置かれている状況や家族などとも関係してきますが、大体3ヶ月ぐらいは設けるべきです。
その期間何もしないようでは意味がないので、再び相手の気持ちが自分に向いてくれるように努力する必要もあります。

■不倫相手と復縁したいなら冷却期間と別れた理由の分析が重要

本気で不倫相手と復縁したいと考えているのであれば、まずは別れた理由を分析し、自分の非を認めましょう。
その上で復縁したいという気持ちがあれば冷却期間を取り、再び自分に興味をひかせることで復縁確率を高めることができます。

電話で復縁の意思を伝える方法メリットデメリットも解説

復縁を願いつつ、どうやって相手に連絡を取るか思い悩む人もいるでしょう。
メールやLINE、SNSなどツールは様々ありますが、今回は電話で伝える方法を紹介します。
メリットデメリットについても解説しています。

■電話で復縁を伝えるメリット2つ

電話で直接、「やり直したい」という気持ちを伝えることのメリットを2つ紹介します。

・気持ちを直に伝えられる

メールやLINEを使うよりも、自分の声や言葉で直接相手に伝えると「本気なんだ」と相手にも伝わりやすいのです。

・相手の応対から気持ちを察しやすい

声のトーンや話し方、間の取り方などで、相手の気持ちをある程度察せられます。
相手の様子から、脈ありかどうかを探れるのもメリットです。

ただ、「そもそも電話に出てもらえない…」という状況なら、電話をするのは逆効果。
連絡を絶つか、場合によっては復縁そのものを諦めた方がよいでしょう。

■デメリット3つ

電話で連絡するデメリットを3つ挙げていきます。

・緊張して話を切り出せない

電話をしたものの、緊張して用件を話せずにいると、それだけ復縁の可能性は低くなっていきます。電話はそもそも、相手の時間をもらっている状況。そこで話が出来なければ、
「何がしたいの?」と、いらだたせてしまいます。

事前に話す内容を決めて、落ち着いて話が出来るようにしましょう。

・相手が電話で話すのが苦手

LINEやメールになれていたり、そもそも電話を好まない相手だったりするなら、電話以外で気持ちを伝えた方が無難です。

・疑いや警戒心を持たれる

長く連絡を取っていなかったり、会えなかったりする状態で突然電話がかかってくると、
「一体何だろう?」
と警戒心を持たれます。

最悪の場合、「何かの勧誘?」と煙たがられることも。

■電話で復縁を叶える効果的な方法

電話で復縁の意思を伝えるのは、デメリットの方が多いと言われています。

その中で、少しでも成功に近づけるための方法を紹介します。

・電話する理由を作る

連絡ツールはLINEがメインの今、あえて電話をする理由が必要です。
事前に理由を用意しておくと、スムーズに話が出来ます。

・相手の話に耳を傾ける

ただ「やり直したい!」と言うのではなく、相手の話もしっかり聞きましょう。
声のトーンや、話し方にも注意してください。
自分への気持ちや、脈ありかをある程度察せられます。

・話す内容をまとめておく

気持ちだけで電話をかけても、うまく話を切り出せなかったり、緊張したりします。
話したいことを事前にメモなどにまとめておくと、落ち着いて話が出来るでしょう。
感情的にならないよう、冷静さとおだやかさを保ってください。

復縁の意思を伝えるツールとして、電話は現代の状況にそぐわない面もあります。
そんな、いささかアナログな電話だからこそ届く思いもあります。
デメリットも把握しつつ、素直に気持ちを伝えてみてください。

復縁の確率は30代に上昇する?復縁ポイント3つ

「あの人、今、どうしてるかな?」
「もう1度会いたいな」
など、別れた恋人をふと思い出すことはよくあります。

何となく「やり直せたらいいな」と思うこともあるでしょう。

復縁の確率を長期的、短期的目線で見つつ、復縁に向けたアクションを3つ紹介します。

■復縁の確率は30代に上昇する

1度は別れた恋人を思い出し、「やり直したい」と考える時期は人それぞれ。
状況によって違います。
ですが、傾向としては30代が最も多いと言います。

周囲の人たちが結婚や出産を経験していくと、自分も同じように意識し始めるのです。
その時、以前の恋人を思い出し、復縁が頭をよぎるのでしょう。
ただ、これは長期的な目線で見た場合です。

短期的に見れば、5〜6ヶ月以内に復縁が叶わなければ難しくなります。

■復縁に向けたアクションポイント3つ

離れて初めて相手のよさが分かった、というのは往々にしてあることです。
復縁を叶えたいあなたのために、注意したいポイントを3つ挙げてみました。

・相手のことは1度忘れる

理由は何であれ、別れた相手です。1度、キッパリ忘れてしまいましょう。ずっと思い続けて、悔やむ気持ちを抱えていても、状況は変わりません。
それよりは、「新しい出会いを見つけよう!」くらいの気持ちで前に進んでみるのです。
明るく過ごすあなたの姿に、別の誰かが惹かれるかも知れません。

・イメージチェンジやスキルアップで自分を磨く

復縁を叶えるなら「前の自分とは違う」というところを表現していきましょう。
服装やメイク、ヘアスタイルを変える、仕事や趣味でスキルアップして生活の質を向上させるなど、出来ることは色々あります。
大胆なところでは、引っ越しという方法もあります。

・「つかず離れず」の距離を保つ

相手の状況や、自分の状況を伝わるくらいの距離を保つようにしてください。
あまり離れてしまうと、復縁はそれだけ難しくなります。
「彼女/彼、変わったよね」
「今はこんなことしてるみたいだよ」
など、友人を介して状況が伝わる、伝えられるくらいがよいでしょう。

■復縁は「コンティニュー」ではない

復縁と言うと「やり直し」のイメージがありますが、実は全くの別物です。
別れることになった原因・要素がそのまま残っていれば、いずれはまた同じ結果を迎えるでしょう。
相手は同じだとしても、「前とは違う自分」と交際するのです。
復縁が難しいと言われる1つの理由です。
復縁を叶えるには、「自分だけど”前の自分”じゃない」を意識してください。

復縁したいと思いつつ、別れのつらさや悔しさで胸がいっぱいという人もいるでしょう。
そんな時は、無理をせず、まずは自分の気持ちをとことん受け止めてあげましょう。

アクションを起こすのは、気持ちが落ち着いてからでも大丈夫です。
この記事が、前向きな気持ちで復縁を目指すきっかけになれば幸いです。

離婚後に復縁を相談したい人へのアドバイス3つ復縁後の注意点も解説

一緒に生活していた時、目に付いた相手の癖や振る舞い。
耐えきれず離婚を切り出して、いざ離れてみると後悔するケースが散見されます。

離婚した相手に復縁を相談する前に、気を付けたいポイントを解説していきます。

■離婚した相手と復縁を考えるきっかけ

離婚した相手と復縁を考えるきっかけとして多いのは

・金銭的に苦しくなった
・子供と一緒に生活したい
・離婚の原因になった要素を解決した

というものが挙げられます。

他には、家族として生活している時には気づかなかった、相手の細やかな気遣いや、ちょっとした配慮がすばらしいものだったと気づいた、というものもあります。

■復縁の可能性を高める方法3つ

そもそも、離婚した、ということは「この人とはやっていけない」という確たる原因があるから至った結果です。
そこから復縁を目指すなら、注意すべきポイントが3つあります。

・離婚原因を解消する

離婚した原因が自分にあるなら、まずはその問題を解決してください。
特に異性関係や金銭関係、暴力などはいずれも「繰り返す可能性が高い」と言われる問題であり、信用を得がたいものです。
長期に及ぶ覚悟が求められます。
「コツコツまじめにやっている」、「この人はもう大丈夫だ」と相手に安心してもらえるよう、具体的な結果を示しましょう。

・相手の変化を受け入れる

離婚して状況が変わっていれば、相手の態度や振る舞いも変化するでしょう。人間関係も変わっているはずです。
そのため、一緒に生活しているころには見られなかった、新たな一面を垣間見るかも知れません。
そうした変化も、そのまま受け入れるようにしてください。
「そんな人じゃなかった」など責めるようなことを言えば、復縁の可能性は低下してしまいます。

・こまめに連絡を取り合う

離婚後も定期的に面会するなら、相手の状況を気遣い、細かな気配りでいたわりましょう。
子供がいるなら、子供名義でお金を貯めておき、通帳を渡すのも1つの手です。

たとえ離婚しても、家族として過ごした事実は変わりません。
離婚の原因が自分にあるなら、改善に努めているとか、解決したことを伝えてみるとよいでしょう。

時間をかけて、信頼関係を1から作っていく気持ちが大切です。
復縁を迫るような姿勢を見せるのは逆効果です。

■復縁後もお互いの努力が必要

晴れて復縁が叶ったとしても、全ての問題がクリアになったというわけではありません。

1度離婚した相手と再婚する、ということは、少なくとも周囲には奇妙に映るもの。
時としてあらぬ誤解を受けることもあるでしょう。

復縁はゴールではありません。
リスタートでもなく、本当に新しい始まりなのです。

よりよい関係を維持しながら生活していけるように、お互いが努力を続けていくことが大切です。

HSPは恋愛で悩みやすい?恋人を選ぶ時のポイント3つ

HSPという言葉が知られはじめてから、

「もしかして自分もそうかも?」
「ずっと悩んでたのはHSPだからだったんだ」
とハッとする人が多く見られます。

HSPとは分かりやすく言えば「人一倍繊細な人」。
そんなHSPは、恋愛が苦手な人が多いようです。

■HSPの恋愛がつまずく理由

人一倍、他人の感情の機微に敏感なHSP。
中には「相手の感情の揺らぎを肌で感じ取れる」という人もいるほどです。

黙っていても機嫌の善し悪しや、相手の考えていることが分かってしまうために、自然と先回りして相手に尽くそうとします。

そのため、尽くしすぎて「物足りない」と言われてしまうことがあります。
相手が支配的な人間だと、モラハラや暴力のターゲットにされてしまうことも。
時、HSP自身が恋愛にのめり込み、依存してしまうケースも見受けられます。

HSPが恋愛が苦手と言われるのはこのためです。

■HSPと相性がよい人の特徴3つ

以下に、HSPと相性のよい人の特徴を3つ挙げてみました。

・常にメンタルが安定している
・お互いの時間を尊重してくれる
・気持ちを受け止め、認めてくれる

無論、相手も人間ですから機嫌が悪い時もあります。
HSPも、それは理解しています。
HSPが恐れているのは、「何故機嫌が悪いのか?」その理由が分からないからこそ、落ち着かなくなるのです。

そんな時に、「こういうことがあった」「少しそっとしておいて欲しい」と理由を教えてもらえれば、それだけでHSPは安心します。
無論、これはHSPでなくても同じでしょう。

そうしたコミュニケーションを取りあえる相手なら、HSPも安心して一緒に過ごせます。

■HSPの書籍を読んでみる

HSPへの関心が高まりつつある今、当事者が対人関係をスムーズにするための書籍が販売されています。
恋愛だけでなく、人間関係における付き合い方についてアドバイスしています。
他、性生活について言及している書籍もあり、大いに役立てられるでしょう。

HSPだからと言って、恋愛や人生を遠慮することはありません。
自分なりの対処法を知り、付き合う相手を見極めれば、いきいきと過ごせるはずです。
あなたが自身の個性を生かし、より素敵な恋が出来るように願っています。

「恋愛の悩みを一人で抱えているなら電話相談へ」

恋愛の悩みはデリケートな問題も多く、なかなか人に気軽に話しにくいものです。
誰かに話したいと思っても恋愛においては悩みを話せる人がいないことから悩んでいるという人もいらっしゃることでしょう。
カウンセリングなどへ行って悩みを話したいと思っても、どうしても対面は緊張してうまく話せないという人も多いものです。

「一人で抱える恋愛の悩みには電話相談」

一人で恋愛の悩みを抱えていると、自分でも気づかないうちにどんどん悩みが自分の中で深刻化し、常に心身の状態が不安定になっていくものです。そうなってしまうと、日常が悩みを中心に回るようになり、集中力も低下し、楽しむべきところでも楽しめなかったり、あなた自身の人生にとってマイナスになることばかりです。何より自分自身の気持ちが常に重く、明るい気持ちになれる日がないというのは苦しいものでしょう。
一人で恋愛の悩みを抱え続けている方にはぜひとも、あらゆる恋愛の悩み相談にのる電話相談を利用されることをおすすめします。悩みを口から言語化して出すだけでも、気分的に全く違うはずです。

「恋愛の悩みに電話相談がおすすめの理由」

恋愛の悩みに電話相談がおすすめの理由は、電話相談の相談員はあなた自身の恋愛の悩みを軽くあしらったり、真向から否定するという事がないという事です。家族・友人・知人など周囲の人に何気なく恋愛の相談をした場合、軽く扱われてしまってショックを受け、更に落ち込んだり、悩みが深くなるという事は意外に多いものです。
一人で恋愛の悩みを抱えていた方はそれなりに悩みの種も大きく育ってしまった状態ですから、恋愛の相談のプロである電話相談に相談をすることで安心してよいアドバイスを受けられることでしょう。

「悩み続けていても自分が苦しいだけ」

悩み続けていても問題が解決することはありません。
あなた自身の気持ちの持ち方を見直したり、気持ちを切り替える背を押してもらえる電話相談に相談し、これからの前向きな恋愛へ向けて一歩足を踏み出してみましょう。

「真剣な恋愛相談をするなら心理カウンセラーの電話相談がおすすめ」

これまで友人との会話の中で何気なく恋愛の悩みを相談したことがあるという方は多いことと思います。
思い切って相談してみたものの、その場の空気に呑み込まれて、あまりまともに相談を聞いて貰えなかった・なんとなくかわされてしまって終わった、軽いアドバイスで真剣に向き合って貰えなかった…などという経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

「真剣な恋愛相談をしたい人は心理カウンセラーのいる電話相談がおすすめ」

本人はとても真剣な気持ちで恋愛相談をしているのに、軽くあしらわれてしまうと「馬鹿にされた」「私のことなんてどうでもいいんだ」という気持ちになり、落ち込んでしまうものです。
友人への恋愛相談は最も一般的な選択といえますが、真剣な恋愛相談をしたい場合は友人に相談するのではなく、恋愛相談を専門にした心理カウンセラーの資格を保持している相談がいる電話相談へ相談してみることをおすすめします。
有料ではありますが、心理カウンセラーの資格保持者の相談員はこれまで相談を受けてきた様々な恋愛相談の経験に加え、心理学の観点からもあなたの現状と今現在の恋愛状況を見てアドバイスをしてくれます。
相談員は仕事として有料であなたと向き合っていますから、あなたの恋愛を否定したり、笑ったりすることはありません。
真剣に恋愛相談をしたい、真剣な回答がほしいという方には心理カウンセラーの相談員がいる電話相談に相談されることをおすすめします。

「心理カウンセラーの相談員がいる電話相談に恋愛相談をするメリット」

恋愛相談の電話相談は有料・無料問わず様々な相談先が存在しますが、心理カウンセラーの資格を持つ相談員に電話相談をする最大のメリットは単に経験や感情論だけではなく、心理学という学術的観点に立ってあなたやお相手の状況を冷静に見極め、今後のあなた自身への恋愛におけるアドバイスを受けることが出来る点です。
心理カウンセラーというとカウンセリングルームに赴いて相談するイメージがあります。
対面での相談に苦手意識を感じている方にとっては電話で相談出来るのは、顔も見られないのでリラックスした状態で相談することが出来るでしょう。

「電話相談をする上で心に留めたいこと」

恋愛相談はこれまでの経緯などどうしても話が長くなりがちです。
時間を有意義に使うためにも、なるべく簡潔に話が出来るようメモなどにこれまでの経緯を簡易的に書いておく事で相談員に相談しやすくなります。

「適切なアドバイスがほしい…恋愛相談をするなら電話相談がおすすめ」

恋愛での悩みはつきものです。
恋愛で悩んだ際、やはり話しやすいのは気ごころ知れた家族や友人という方が多いでしょう。
しかし、親しい間柄であればあるほど、なんとなく真剣に恋愛の悩みについて取り合ってくれていないと感じたり、或いは親しい間柄であるからこそ悩みを話すのははばかられるという方もいるでしょう。

「つらい恋愛…恋愛相談でアドバイスがほしい」

人を愛する中で幸福感や充足感を感じる一方で、状況によっては悲しみや苦しみ、心の痛み、不安を感じる事も多いのが恋愛です。いつしか、人を愛することがただ苦悶の連続となり、ネガティブな感情に支配され日々が苦しいという方も少なくないでしょう。そのような方におすすめなのが恋愛相談です。
人に話すという事を通して、心の中で常にわだかまっていたものが吐き出され、気分的にも変わりますし、人の俯瞰的な意見を聞くことで物の見方や自分自身の感情の対処方法を改めて気づかされることもあることでしょう。
しかし、恋愛相談は人を選ぶもので、うっかり相談した相手が恋愛相談に適さない相手であると、あなた自身の感情を真向から否定されたり、半ば馬鹿にされたりと嫌な思いをすることもあるかもしれません。

「恋愛相談で適切なアドバイスを受けるなら電話相談がおすすめ」

どうせ恋愛相談をするならきちんとしたアドバイスを受けたい、実りある意見が聞きたいという方も多いことでしょう。
相談はあなた自身も相手も時間を互いに削るものです。せっかく話を聞いてもらうなら、真摯に話を聞いてくれる人に打ち明けたいというものです。
そのような方におすすめなのが、心理カウンセラーの資格を持っている相談員がいる電話相談です。
多くは有料のものですが、これまで数多の恋愛相談に乗り、一人一人に適切なアドバイスをしてきただけに「相談してよかった」と心から思えるアドバイスを受けることが出来るでしょう。

「恋愛相談をするなら相手を見極めて」

恋愛相談は非常にデリケートな問題です。
あなたの意志や感情を大切に扱ってくれる電話相談はあなたの状況を理解した上で、アドバイスをくれますから、誰に相談をすべきか迷っている方にはおすすめといえるでしょう。

「やめられない長年の不倫…悩み相談は電話相談へ」

年齢的にもそろそろ不倫から脱して真っ当な恋愛をして結婚したい…と心の奥底で思い始めた女性もいらっしゃることでしょう。
不倫は長引けば長引くほどその関係性からなかなか脱しにくくなってしまいます。
また、世間の恋愛や結婚から背を向けた自分自身への卑下が重なることによって自己肯定感が失われ、新しい恋愛に進みづらくなってしまう傾向にあります。

「周囲に不倫の悩み相談はなかなか出来ない…そんな方におすすめなのが電話相談」

不倫という性質上、悩みを抱えていても周囲の友人や知人に不倫から脱したいという悩みを打ち明けたくとも、相談出来ずに一人で悩み苦しみを抱えているという女性も多いものです。
特に不倫関係を長く続けてきた女性は不倫という行為の背徳性をよく理解していますから、自分自身の恋愛については周囲に公言していなかったり、恋愛における悩みがあっても心に秘めておいたりといった習慣がつきがちです。
いざ不倫から脱したいと思った時、その悩み苦しみを打ち明ける相手がいないという事も少なくありません。
そのような不倫の悩みを一人で抱える女性におすすめなのが電話相談です。

「不倫の悩み相談をするなら匿名性が高い電話相談がおすすめ」

電話相談は不倫の悩みについて特化して聞いてくれる相談員も存在します。
こうした相談員はこれまで数多の不倫問題について相談者から相談を聞き、アドバイスを送ってきた、いわば不倫問題のプロですから、あなた自身が「相談しても解決の糸口は見つからないのでは」と不安に思う案件であっても、必ずやあなたの現状に寄り添ったアドバイスをおくってくれることでしょう。
また、電話相談は匿名性が高く、会話内容も守秘義務がありますので、不倫関係を口外されたり吹聴されることを恐れている方にとっては安心して相談することが出来るでしょう。

「電話相談で長年の不倫に終止符を」

不倫関係を終わらせたい、と心が思ったならばそれは長年の不倫関係のやめ時です。
自分の心に素直になり、いかに穏やかにトラブルなく不倫関係を解消できるかを電話相談で相談してみてはいかがでしょうか。