不倫をして離婚をした後にまた復縁を考えるような時とは

夫婦であっても不倫の問題が原因で、その後に離婚をする方が近年には多いものです。

相手の裏切りで信頼関係を一度は無くしたとしても、また何かしらのきっかけがあれば、前向きな復縁ができるのかどうかを考えてみたいと思います。

■不倫が原因でもたらされることのある離婚

互いを信じて結婚をしたご夫婦であれば、どちらかが相手を大きく裏切ってしまう行為となるのが、不倫の問題です。

日本では特に婚姻関係は法的にも守られていますので、結婚生活を維持しながらの不貞行為ともなる不倫に関しましては、法的にも大きな処罰が下されることが多いです。

例えば、お相手のご家族から慰謝料を要求されることもあるでしょうし、結婚生活自体を解消することや、それに伴う慰謝料や子供への養育費などが要求されることもあります。

このように離婚をするとなると、なかなか時間や労力も伴い大変なことなのですが、不倫問題が元で別れを決断した後になってから、再度の復縁を考えるようなケースもあります。

■離婚後にまた復縁を考えるようなケース

ご家庭に不倫問題が発覚して、離婚に向けての話し合いや裁判などが行われている時には別れが最善だと思っていた方でも、実際に離婚が成立して一人になってみるなり時間が経ってみるなりして、冷静になれることは多いものです。

相手の不倫に対して傷ついてしまった自分の気持ちが癒やされてくるに従って、今度は自分にも非が無かったかや、不倫に至るような落ち度が無かったかなど、自分自身を省みる余裕も生まれます。

このようなケースの時に相手も復縁を望んでいる場合には、前向きに考えることがあるでしょう。

他にも子供さんがいらっしゃる場合には、養育やお子さんの将来のことを考えて、復縁をまた考え始めるケースもあります。

子供にとってはたとえ離婚しても親子での変わりはないことから、子供の気持ちを考えると復縁の可能性が高くなることがあるのです。

不倫をしたことが原因でご夫婦が離婚に至ってしまったとしても、時間が経ったり状況の変化などで人の心も変わりますから、また復縁を考え始めることはあります。

特にお子さんの存在が、復縁の後押しをしてくれることもあるでしょう。

復縁をしたい時、相手に電話をかけて試してみる作戦や方法ってある?

密かに復縁したい気持ちを持っていても、どんな方法を使えばいいのか考えるのは難しいものです。

一度別れてしまっている以上、あまりしつこくするのはNGですが、上手に相手を伺いながら関係修復を目指したいと思うなら、電話をうまく使ってみることも一つの方法です。

■控えめな電話で、相手の負担にならない会話を重ねていく

連絡を取る方法としては、スマホなどでメールやLINEに頼るのもいいでしょう。

けれど相手の感情を読み取りやすいのは、文字を見るよりも相手の声を聞く方が理解しやすいのです。

ただ、ビデオ通話ができるアプリを使って相手の姿を見ながら会話するのは、感情は伝わりやすくても、一度別れたことを考えるとかえって相手の負担になることもあります。

お互いの姿を見ながらというより、もう少し控えめな形で、声だけでお互いを判断しながらやり取りする方が、気持ちは楽かも知れません。

■復縁のために電話を使おうと思うなら、必ずやっておくべきこと

せっかく電話がつながってもすぐに切られたり、ブロックされて電話自体を取ってもらえなかったら、なんの効力も果たせません。

となると、少なくとも相手に電話を取ってもらえるくらいの関係性は保っておく必要があります。

つまり、別れていても友達でいるとか、仕事仲間でいるなど、なにかしらの関係性を続けていれば、絶交でもしていない限り電話くらいなら取ってくれるでしょう。

電話の会話の中で復縁したい気持ちを強く表に出してしまうと、相手が引いてしまう可能性があるので注意しなければなりません。

加減を考えながら会話することを心掛け、焦らないように自分自身をコントロールすることが必要になります。

しつこいと嫌われるけど、たまに仕事のことや友達として話せる時間を作ることで、少しずつ距離を縮めていくという作戦であれば、電話は有効だと言えます。

復縁をしたい思いから電話を利用することは、効果が期待できないようでいて、実はジワジワと距離を縮めるのに役に立ちます。

少しずつ関係修復をするために電話を利用するのであれば、それはむしろ賢いやり方と言えるのではないでしょうか。

復縁が成功する確率を上げるために、できることを考える

訳あって別れた二人が復縁を果たせる確率は、とても低いと言われています。

マイナスの状態をもう一度埋めて、更にプラスを積み重ねるには、相当の労力が必要になることは当然です。

それでも復縁を成し遂げるため、その確率を少しでも上げる方法はあるのでしょうか。

■復縁できる確率を上げるのは容易ではない

ただ復縁してほしいと相手に言うだけでは、何の効果も得られないし、ましてやますます相手が離れていくことだってあります。

それでは確率が上がるどころか下がってしまう羽目になります。

とにかく、復縁できる可能性は低いものだと承知して、成功するためには相当の努力を惜しまない覚悟をしなければなりません。

■確率を上げるための努力とはなにか

自分の中にある別れの原因となったことを、冷静に思い出しながら分析することは大事です。

復縁を果たすためには、相手が再び振り向いてくれることが重要ですが、相手にとって負担になったことを、どれだけ取り去ることができるかで、その確率も上がっていく可能性は高くなります。

原因が自分の性格や行動にあれば、自分自身が変わる努力をして、原因が環境にあれば、その環境を変えたり整えたりする必要があります。

どちらにしても、努力なしには変えられないものなのです。

■ひとつひとつステップを踏んで、復縁の確率を上げていく

復縁するということが最終目的となれば、長距離ランナーのようにその目的が遠いため、体力と継続する強い心が必要です。

そもそもモチベーションが続かないと、復縁できる確率はなかなか上がってこないでしょう。

まずは自分磨き、次は変わった自分をどうやって見てもらうか、その次はどうやって再び自分を認めて好きになってもらうか、何段階かのスモールステップを作ることを考えましょう。

そのひとつひとつをクリアしていくことで、結果的に復縁の確率が増えていく可能性が高まります。

復縁できる確率は一体どのくらいなのか、そんなことを気にするよりも、別れる前の自分より今の自分を磨く努力をすることが大事です。

そのことが、結果的に復縁を成功させる確率を高めることになります。

たとえ復縁が達成できなかったとしても、その努力から自分の財産となるものが増えるのは間違いありません。

別れた人と復縁したい。そんな時は誰に相談すればいいのでしょう

別れてしまった人のことを忘れられず、いくら復縁をしたいと願っても、一度別れてしまった相手に、その時の感情だけで復縁を迫るのは考えものです。

そんな時、自分の味方になって相談にのってくれる人がいてくれると、とても心強いものです。

復縁という難しい問題を相談できるのは、どんな人なのでしょう。

■復縁の相談をしたいなら、なんでも指摘してくれる人が頼りになる

自分はいったい他人にはどう見られているのか、知ることはとても怖いことです。

でも、それを知らなければ先には進めません。案外自分のことは自分では見えないことも多いのです。

なぜ別れなければならなかったのか、それを分析するためには、まず自分を知ることです。

そのためには、良いところも悪いところも隠さず指摘してくれて、自分をしっかり分析できるように、協力してくれる人こそが頼りになります。

もし周りにそういう人がいなければ、心理学などを心得るプロがいる、相談できるところに依頼するという方法もあります。

■変わった自分をアピールできるまで努力を重ねる

分析をしたら、それで終わりではありません。

良いところは続け、悪いところは改める努力をして、自分が変わったことをアピールできるまで頑張る必要があります。

努力の末にそこまで到達できたら、次はどう進むべきなのでしょう。

次はいよいよ実働することになるのですが、その時に相談できる人がいたら更に心強いはずです。

自分が分析によって克服できたことと、別れた原因を照らし合わせて、その原因を克服できる力がついたことがわかったら、自分に自信を持っていいと思います。

次はどうやってそのことをアピールするかですが、その時も協力してくれる人がいれば、復縁の確率も上がってくるでしょう。

復縁を願うなら、相手のことを許せるという気持ちはあるはずですから、何より自分が変わる必要があります。

それに協力してくれる人がいてくれれば、また間違えようとした時にすぐ指摘してもらうことができます。

努力が実って復縁できた時は、変わった自分がそれからのことも、解決できるようになっていることでしょう。

恋愛の悩みを解決するために自分自身でできること

一言に恋愛と言っても、様々な恋愛の形があります。となるとその悩みも様々。

ただ共通点は、その恋愛が悩みが生まれてしまうようなものであるということ。

そんな悩んでしまうような恋愛を、解決するために自分自身でできることはあるのでしょうか。

■恋愛の悩み、重い人と軽い人の差を知ることでできることがある

いろんな人の恋愛の話を聞いていると、他人からすれば些細なことなのに、どうしてそんなに悩むの?というものもあれば、割とキツい内容なのに、何でそんなに平気なの?というものまで、人によって様々です。

その人の性格や物事の捉え方、考え方にも左右されることはあると思われますが、同じような悩みで重く受け取る人、そんなに悩まずにすむ人の違いはなんなのか、その人自身を理解すると見えてくるものもあります。

恋愛の悩みの内容も人それぞれですが、その人自身が精神的に充実して過ごしているかどうかということで、悩みについての捉え方も変わってくるようです。

精神的に充実している人は、実はその人の努力がそうさせているのです。

精神的に満たされるために、自分の生活を見直してみたり、何ができるのかを考えてみることが、恋にも前向きな自分につながっていくはずです。

■満たされた人は、恋愛の悩みを解決できる力を持っている

日々充実感もなく満たされていない人は、どうしても感情移入しやすい恋愛に対しても、上手くいかない人が多いようです。

マイナス思考は他にも侵食しやすく、恋愛も固執したり暗い方向に向かいやすくなります。

しかし日々満たされた人は、少しのつまずきも「そのくらい何とかなる」で済ますことができたりします。

恋愛も同じで、相手は他人ですから全てが上手くいくはずがないのですが、それでも少しのことなら、満たされた人は「そのくらい許そう」で済ましてしまうことも多いのです。

また、満たされていれば臆せず「こうしてみたらいいんじゃない?」など相手に伝えることもできて、それが相手にとって有益であればお互いを高めることもできます。

もしそれで相手が離れても、自分の充実した生き方はその先の生き方に背中を押してくれるはずです。

恋愛の悩みを解決したいなら、まず自分自身が精神的にも満たされた生活ができるように努力をするべきでしょう。

物事をあまり深刻にとらえず、何とかなるというくらいの気持ちを持つことも、実は大事なことですね。

恋愛ばかりにフォーカスしていると、見えるものも見えなくなってしまいます。

別れさせ屋を利用するときは追加費用に注意

様々な事情で、別れさせ屋の利用を検討している方もいらっしゃるでしょう。しかし、別れさせ屋を利用するときに、注意していただきたいのが、オプションなどの追加費用です。契約時によく話を聞いておかないと、最終的に費用が膨大になってしまうことも…。

■契約時にしっかりと確認しておきたいこと

別れさせ屋を利用しようとするときには、いつも以上に契約の内容をしっかりと確認しておくことがとても重要になります。別れさせ屋に依頼するとき、仕事内容の特殊さから、どうしてもそれなりの費用はかかります。しかし、契約時に見積もりを出してもらった費用から大幅に増額してしまうようなことはないのか、という確認は必ずしておきましょう。きちんとした別れさせ屋であれば、別れさせ屋側から丁寧に説明があることも多いかと思いますが、残念ながら稀に悪質な別れさせ屋がいることも事実です。別れさせ工作がすべて終了した後、請求された金額を見て仰天、というような事態になることも考えられます。そのような追加費用は聞いていない!と訴えても、契約書に小さく記載してあった…などと説明されトラブルに発展しまう可能性も。

■追加費用がかかりがちなポイント

では、具体的にはどのようなことで追加費用がかかることが多いのでしょうか。まず1つが、工作員の追加です。もちろん、ほとんどの別れさせ屋では、契約時の打ち合わせで別れさせ工作の難易度を想定し、工作員の人数もあらかじめ決定し、それ以降の追加費用はかからない、というのが多いかと思います。しかし、悪質な別れさせ屋の場合、最低限の場合の料金の説明しかせず、不必要な工作員まで追加し費用を上乗せしてくるといったことも考えられないわけではありません。また、ターゲットが法律に詳しかったり、観察眼がするどい警察官だったりするなどした場合、通常の別れさせ工作よりも難易度が高くなり、費用もそれに応じて高くなることもあります。想定される難易度よりも高かった場合なども追加費用はかかることはないのか、最終的に支払う金額は見積もりと差はないのか、ということをしっかりと別れさせ屋に確認しておきましょう。

また、別れさせ工作の過程でお店に入らなければいけない場合などの費用の負担はどちらが持つのか、というのも確認しておきたいポイントです。時と場合によっては、キャバクラなど、比較的高額なお店に入らなければいけないこともありますので、その点についてはしっかりと聞いておきましょう。

どのような契約でもそうですが、契約を締結する前にしっかりと内容を把握し、どのような場合に見積もりが変わる場合があるのかなどを確認しておくことはとても大切です。悪質な別れさせ屋に騙されないためにも、入念なチェックは怠らないようにしてくださいね。

不倫相手の本気度を見分けるポイント

不倫相手が自分にどのくらい入れ込んでいるのかが気になった場合、何か見分けるポイントはないのか、と考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あくまで遊びとして割り切られている場合と、本気になってきている場合の特徴についてまとめてみました。

■遊びの場合の特徴

遊びの場合の最大の特徴としては、やはり「肉体関係を最重要視しているかどうか」ということがあるかと思います。会うたびに肉体関係を求められる、行為をするまでは優しいが、行為が終わったあとは早く帰りたがったり、素っ気なくなったりするなどという様子が見られる場合は、あくまで肉体関係のみの不倫を求めており、遊びと割り切っているパターンが多いでしょう。

また、こちらの事情をあまり考えず自分本位で物事を進めようとする、というのも1つの特徴です。連絡をしても気が向いたときにしか返信している様子が無い、相手の都合に合わせられないときにはこちらと会おうとしない、などという時には遊び相手にされているのだな、と思っておいた方が良いかもしれません。

■本気になってきている場合の特徴

本気になってきている場合の特徴としては、遊びの場合の特徴とは反対に、肉体関係を特に求めてこないデートも頻繁にある、ということでしょう。デート中に、あなたの好きな事などについて詳しく聞いてくるなど、あなたのことを知りたい、という様子があるときも、本気になってきているサインのことが多いかと思います。

こういった場合、連絡などもあちらからマメにあることが多く、デートの約束もあなたの都合もきちんと考えて決めようとしてくれる様子がありがちです。誕生日や、出会った日などをきちんと覚えていてくれている、などというのも1つのポイントになるかもしれません。あくまで自分本位ではなく、こちらの気持ちも考えてくれている様子がある、というのが本気度を確認できる1つのポイントと言えるでしょう。

遊びと本気を見分けるポイントをご紹介しましたが、基本的に不倫は最初は割り切った関係として始まることが多いものです。こちらばかりが相手に入れ込んでしまい、振り回されてしまうと無駄に傷ついてしまうことも。相手がどう思って自分と不倫しているのか、ご紹介させていただいたポイントなどを参考にして把握しておくことは大切と言えるでしょう。もしも、自分と相手の気持ちにかなり相違があり、別れたいけど自力では難しい、という時には別れさせ屋の利用を検討しても良いかもしれません。

不倫相手と別れ、関係を終わらせるためには

配偶者がいる人と不倫をしてしまったけれど、別れて関係を終わらせたい…そう思っている不倫中の女性も中にはいらっしゃるかもしれません。しかし、その関係性の特殊さから、普通のカップルと比べ別れ方にも気を付けなければならない事も多いものです。不倫相手と別れようとするときに気を付けたいポイントについて何点かまとめたいと思います。

■別れ話は感情的にならないように気を付ける

別れ話をしているうちに、ついつい感情的になってしまいがちではありますが、そこはグッとこらえて、いたって冷静に、淡々と話をしていくことが関係をすっきりと清算するための大切なポイントです。どちらかが感情的になってしまうと、話もこじれやすくなりずるずると長引いてしまいます。また、お互いがヒートアップしてしまうと思わぬトラブルに発展したり、話し合いの場所によっては周りの人々の注目を集めてしまったりしてしまうので、不倫がバレてしまうという最悪の結果を招いてしまうこともあり得ます。

冷静に別れたいという気持ちを伝えることで、すっきりと別れられるように話を進めていくことが大切です。

■未練があるように捉えられてしまうような話はしない

あなたに未練が全くなくとも、少しでも相手に未練があるのかも?と思わせてしまうような話をしてしまうと、なかなか別れに持ち込めなくなってしまうことがあります。例えば、出来るだけソフトに伝えようとしてやってしまいがちなのが、「あなたのことを嫌いになってしまったわけではないのだけれど」というような言い方です。相手があなたと別れたくないという気持ちがある場合は、こういったようなことを言ってしまうとしつこく食い下がられてしまうこともあり、なかなか別れられなくなってしまいます。

また、「そちらのご家族に悪いから…」というのも実はあまり良い話の切り出し方ではありません。あくまで、自分があなたと別れたいと思っている、ということをはっきりと伝えることが、すっきりと別れるためには大切なポイントです。

不倫相手と別れ、関係をきっぱりと終わらせるために気を付けたいポイントについてご紹介させていただきました。別れ話はその場の空気も張り詰めがちなものです。事前にしっかりと気持ちを強く持っておくことが、成功の秘訣ともいえるかもしれません。

不倫相手と別れさせ、パートナーと復縁したい!

パートナーに不倫をされてしまい、不倫相手にパートナーを略奪されてしまったが、パートナーのことがどうしても忘れられず復縁したい…そういった思いを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で、頼りになるのが「別れさせ屋」です。

■不倫相手とパートナーを別れさせる依頼は多い

別れさせ屋への依頼の中でも、不倫相手とパートナーを別れさせてほしい、という内容のものは多いようです。結婚をしていないカップルに比べ、子どもがいたりすることも多く、家庭崩壊のきっかけとなってしまうこともこのような依頼が多い原因の1つかもしれません。

ただし、もしもそういった依頼をしようと検討されているのであれば、あまり様子見の期間を長くせず、出来るだけ早く行動に取りかかった方が成功率は高くなるといっても過言ではありません。なぜ、取り掛かるまでのスピードが重要なのでしょうか。それは、不倫相手とパートナーのお互いの気持ちの深まり方が違うことが多いからなのです。

■あまり時間をかけてしまうと、お互いが「本気」になってしまうことも

不倫相手とパートナーを別れさせたい場合、お互いの気持ちが「浮気」から「本気」になる前に行動したほうが、別れさせ工作の成功率も高まってきます。全ての不倫がそうだ、とは言い切れませんが、大抵の場合、不倫というのはちょっとした気持ちの浮つきから始まるものです。しかし、一緒にいる時間が長くなってくると、その気持ちがだんだん「浮気」から「本気」になっていってしまうことも。別れさせ屋はプロですので、そういった場合に対しても効果的な別れさせ工作を行いますが、特にパートナーが不倫相手に本気になってしまっている場合、たとえ別れさせることに成功しても、その後の夫婦の復縁に困難が生じてしまうこともあります。

出来るだけすべてをスムーズに進めたい場合には、やはりパートナーと不倫相手、どちらかの気持ちが「本気」になってしまう前に行動を起こした方が良い、と言えるでしょう。

別れさせ屋への依頼は安いものではありませんし、なかなか一歩を踏み出しにくいかもしれません。しかし、もしも別れさせ屋への依頼を検討されているのであれば、早め早めの行動がパートナーとの復縁の成功率を高めてくれるかもしれません。

別れさせ屋の費用はどれぐらい?適正相場を見極めるポイントとは

別れさせ屋の費用は、業者で異なります。ただ、依頼する場合、あらかじめ費用や相場を知っておきたいのは当然でしょう。別れさせ屋の費用はどれぐらいが適正相場なのかしっかり理解しておくと失敗を避けられます。

■別れさせ屋の費用|配偶者と不倫相手を別れさせる場合

別れさせ屋の費用ですが、依頼内容に関係なく全体で見た場合一般的に高く見積もって100万円〜300万円程度です。

数ある依頼の中で、配偶者と不倫相手を別れさせたいという内容は別れさせ屋の中でも多い部類となります。その例で費用を考えると、期間2ヶ月〜3ヶ月程度、着手金プラス成功報酬とした場合、65〜160万円程度です。

好きな人と恋人を別れさせる依頼の場合は、70万円〜150万円程度となります。

■別れさせ屋の費用は契約期間料金制と実働回数料金制でも変わります

別れさせ屋で見られる料金体制は、契約期間料金制と実働回数料金制です。上記の、配偶者と不倫相手を別れさせる料金は契約期間料金制となります。契約期間料金制の場合、あらかじめ期間が決まっているのが特徴です。

そのため、見積もり時にオプションが加わる値段を加えるだけでよく、依頼者は費用を計算しやすいというメリットがあります。

実働回数料金性は調査や別れさせ工作1回についての値段となりますので、何回行ったかで費用が変わってくるので注意が必要です。

■別れさせ屋で費用があまりに安いところは注意が必要です

別れさせ屋は、全国、全業者一律いくらと報酬内容は決まっていません。各別れさせ屋で好きに決められるのです。期間料金制、実働回数料金制どちらも同じです。

工作期間が長くなる、工作数が増えると、どの別れさせ屋でも高額になるのは間違いありません。

注意したいのは、あまりに安い費用設定をしている別れさせ屋です。別れさせ屋も仕事ですから利益を出さなければなりません。調査も工作も人員が必要です。工作のための調査だと、1日中、時には深夜まで張り込まなければなりません。あまりに安い価格設定だと、赤字続きになるのは必然です。

そのため、低料金の業者に依頼する場合、どうして安いのかしっかり確認しましょう。説明に違和感を覚えたら、止めたほうが無難です。

■別れさせ屋の費用は高いですがそれだけの仕事をしてくれます

別れさせ屋は、その業務内容からけして安くないことは理解しておいたほうがよいでしょう。工作を行うにしてもイケメンや美女をぶつければ上手くいくという簡単なものではありません。

ターゲットに関する事前調査や長期間かけての工作が必要だからです。そのため、ある程度、費用はかかると考えておきましょう。