『別れたパートナーとの復縁…どうすればよいかわからない状況は電話相談で解決!』

■別れたパートナーと復縁をしたい!悩ましい状況を解決するには?

別れてしまったパートナーともう一度やりなおしたいと思ったことはありませんか?
どうしようもないすれ違いや、ケンカが関係の悪化を招いて別れてしまったということはよくあることかもしれません。
一度は恋人関係であった人ですから、別れた後もふとしたときにまた好きだという気持ちがこみあげてきてしまうこともあるでしょう。
しかし、そこからまた良い関係で復縁をすることはなかなか難しいことです。
相手も自分と同じ気持ちになってくれていたらよいですが、相手はあなたとの関係にきっぱりと見切りをつけていて、新しい恋人と付き合っている可能性もあります。
一度別れてしまっているということもありますし、新しい恋人がいるならあきらめたほうがよいものか…と悩んでしまいますよね。
それでもあきらめたくないという強い気持ちがあるのであれば、この状況をどうするか考えなければなりません。

そこでおすすめなのが、「電話での復縁相談」です。
「この時代に電話で復縁相談!?」と驚かれるかもしれませんが、こんな時代だからこそ、電話がおすすめなのです。
「復縁がしたい」という気持ちが強ければ強いほど、その思いの丈を思う存分話したい、と思うのではないでしょうか。
人に自分の話を聞いてもらうことで、行き場のないもどかしい気持ちを落ち着けることができるでしょう。
自分の状況を言葉にして話すことで、現在の自分を冷静に見つめ直すこともできます。
そうやって今の自分と向き合えば、自ずと「本当はどうしたいのか」が見えてくるかもしれません。

■自分を見つめなおすためにも恋愛の専門家へ相談を

ただ、このとき最も重要なのは電話相談の相手選びです。
あなたの話をしっかり聞いてくれて、本音をしっかりと話すことができる相手がいいですよね。
どうにかして状況を打開したいですし、適切なアドバイスもしてほしいところです。
しかし、これらのことすべてに対応できる人を探すことは難しいことかもしれません。
なかなか良い相談相手が見つからないというときは、恋愛の専門家へ相談してみるのが良いでしょう。
専門家はしっかりと相談内容を聞いたうえで、あなたに的確なアドバイスをしてくれることでしょう。
冷静にあなたの状況を見極めてくれる人と話すことで、あなたも素直に「今の自分」を冷静に見つめ直すことができるのではないでしょうか。
悩ましい復縁の相談もあきらめずに一度専門家へ相談をしてみましょう。きっと何か良い方向へ向かうことができるようなアドバイスがもらえるかもしれません。

『元恋人と復縁できる可能性は低い?成功する確率を上げるには』

■復縁の確率はどうすればあがるの?
「別れてしまったけれど、もう一度やり直したい!」
以前付き合っていたパートナーへそんな気持ちを抱えている方もいるのではないでしょうか。
前に恋人同士の関係だったのだから、やり直すのは難しいことではないだろうと思うかもしれません。
しかし復縁が成功する確率は意外と低いのです。
別れた状況や原因にもよりますが、「一度別れてしまった」という事実が二人の関係を遠いものにしてしまっています。
もしかすると別れた恋人には新しいパートナーが出来ているかもしれません。そうなると、より復縁するのは難しくなってしまいますよね。

とても難しい状況ですが、それでも復縁したい!という熱い思いを持っている方もいるかと思います。
どうしたらよいかわからない、というようなもどかしい気持ちを誰かに打ち明け、相談したいと思うこともありますよね。
元恋人の共通の友達であれば、間に入って手助けをしてくれるということもあるかもしれません。
しかし実際に成功させるには、テクニックが必要となってくるのです。

■恋愛の専門家が復縁の確率を上げる方法を伝授!
しかしその難易度が高い復縁の可能性をあげてくれるのが、恋愛の専門家です。
第三者として冷静に話を聞いたうえで、復縁の方法を模索してくれます。
近しい友人に頼むというのもよいですが、知識や経験の豊富なプロに頼むほうが安心できるのではないでしょうか。
一度別れた相手ですから、下手な行動をしてしまうと余計に関係が悪化してしまうかもしれません。
復縁の確率をあげるには、自分自身も相手のことも冷静に見ることができる客観性が大切です。
適切なアドバイスを受けたうえで慎重に行動をすることが望ましいでしょう。
別れたパートナーと円満に復縁をすることはとても難しいことです。
しかし難しいからといってはじめからあきらめてしまうこともありません。
どうしても元の関係に戻りたい!という強い思いを持っているのであれば、ぜひ恋愛の専門家へ相談してアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

『復縁相談は公平な立場の人に相談するのがベスト!』

■復縁相談は慎重に
おそらく一般的に「いったんパートナーと別れたけれどのちに復縁をした」という経験をした方はそう多くはないのではないでしょうか。
それほどに復縁は難しいものです。なぜならば、復縁を試みるタイミングが非常に大きなポイントだからです。

別れた原因にもよりますが、もしかすると元交際相手も、別れた後しばらくはあなたと復縁をしたいと思っているかもしれません。
一度は恋人同士だったのですから、相手を忘れることはそう簡単ではないことでしょう。
しかし、時が過ぎれば交際相手にも新しいパートナーができてしまうかもしれませんね。
新しいパートナーができてしまってからでは、さらに復縁は難しくなってしまいます。

復縁は、かなり用意周到に物事を進めなければ成功は難しいものです。
また復縁に対して周りの反応は、良いか悪いかで言えば、おそらく否定的な意見が多いと思います。
もし恋愛相談をするにしても、恋愛経験豊富な方や、あるいはあなたと同じような恋愛を経験している方でなければ、的確なアドバイスは望めないでしょう。ではいったい、誰に相談をするのがベストなのでしょうか。

■信頼できる専門家へ相談するのが一番!
やはり復縁相談は専門家へ相談をするのが一番です。その理由はいろいろありますが、もっとも大きな理由と言えば、「恋愛に関しての知識が豊富であることから、アドバイスが的確であるうえに、プラスアルファのアドバイスももらうことができる」ということでしょう。

専門家はさまざまな恋愛相談を受けているので、あなたの恋愛相談を聞けば「この恋愛パターンなら、この方法かな?」とすぐに判断し教えてくれます。その際、「相手にあなたのことを意識させるにはどうすればいいか?」という恋愛テクニック的な話をしてくれることもあるようです。

恋愛テクニックは、恋愛経験を重ねることでしかつかないものなので、もしそれを伝授してもらったときは、しっかりと頭にインプットしておいてくださいね。
専門家からアドバイスを受けることができれば、難しい復縁も夢ではないかもしれません。

『恋愛の悩みは女友だちより第三者に』

■尽きることがない恋愛の悩み、誰に聞いてもらうのがベスト?
早熟な方だと幼稚園頃から始まる恋愛の悩み。幼い頃は「●●くんが好き!」だけなのに、成長するにつれ、その悩みも「あの人と接点を持つ一番自然な方法は?」と深くなってきます。

皆さんは恋愛の悩みを相談する相手として、誰が一番に思い浮かびますか?母親?女友達?職場の人?この中だと損得感情なしに話を聞いてくれそうな人と言えばやはり母親でしょう。

しかしあまりにも身近過ぎて、寧ろ恋愛相談しづらいですよね?また女友達や職場の人の場合は、あなたが勘が働くタイプなら、変に忖度してしまって思い切った恋愛の相談はしづらいのではないでしょうか?

また、もしあなたの恋愛相談の内容が難しい場合、相談相手の恋愛経験値があまり高くなければ、あなたの納得いくようなアドバイスをくれることを期待できない可能性も否定できません。
かと言って恋愛経験値が高い人は周りにいないし、さあどうしよう?と悩んだ経験や、あるいは今、そんな悩みを抱えている方は意外とたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

■悩みこそ第三者に
そんなあなたにおすすめなのが、「専門家である第三者に相談すること」。

例えば、あなたには仲良し5人組の女友達がいるとします。おそらく恋愛の相談はそのグループの誰かにするでしょう。

あなたはそのグループの仲間であるAさんに恋愛相談をしたのですが、それが同じくグループのBさんにバレてしまったとします。
その結果、Bさんから「なんで私に一番に相談してくれなかったの!?」と責められた…なんて「女友達あるある」な話ですよね?

しかし第三者に相談すれば、こんな心配はまずありません。しかも上記の事例だと、AさんはBさんにあなたの恋愛相談の内容を勝手に喋っていることに。これもありえないことですが、「女友達あるある」ではないでしょうか。

もちろん第三者なら、そんなことは絶対にしませんので余計な心配も不要なのです。心置きなくあなたの思いの丈をぶつけることができますので、恋愛相談はまず第三者にすることをおすすめします。

不倫始末の費用

《不倫の原因を断ち切る!》

不倫をしている当人同士は舞い上がっているので、別れるといった気持ちは中々起こらないものです。
例え問い詰めても、居直って収拾がつかなくなる事も考えられます。
とはいえ、不倫相手に直接話すというのも、難しいことです。
相手が何処の誰だか分からないし…いつから不倫しているんだろう…などなど、不倫相手の情報もありません。
しかし、不倫の事実を確かめたいという場合、自分で調べるということは素人なので中々出来ないものです。
そのようなときには、プロに依頼することになりますが、あれこれと疑問が湧いてきます。

「別れさせ屋」って何をしてくれるの?
「別れさせ屋」って費用はどのくらい?
「別れさせ屋」を利用する価値が本当にあるの?
自分たちで解決せず、お金の力を借りて解決するとして、一旦うまく収まっても、ただの気休めにならないように解決することはできるのか、など色々な点がきになります。

《別れさせ屋は何をするの?》

『不倫相手と別れさせたい』『浮気相手から恋人を取り戻したい』と言った依頼に対応するのが、別れさせ屋の特徴です。

さて、一番気になるのは「別れさせ屋」頼んだ時にかかる費用です。
どのような方法を用いるかによって大幅に金額が変わります。
インターネットで「別れさせ屋」を検索すると数多くの業者がヒットします。それこそ、ピンからキリまであります。
費用(料金)に限って見てみると、『業界一の低価格』とか『カウンセリング診断は完全無料』『追加経費はかかりません』『格安プラン』など紹介している業者があります。

中には『すぐに概算見積もりをお出しします。まずはご相談を』などと言うのもありますが、概算と言っても、そんなに速く見積もりができるというのは、少し心配です。
通常は、本人への聞き取り調査を開始してからになります。
ここでは自分の主観を入れず、客観的な正しい詳細な情報を知らせてあげることが必要です。
正しい情報はあればあるだけ無駄な作業が減り、費用が下がるかもしれません。
詳しい状況が分かるとそれから「別れさせ工作」のプラン制作にかかります。ここで初めて設定(方法)や期間や費用の概算が出るようになります。
慎重に時間をかけて、きちんと面談をして、自分に合った料金プランが作られていきます。

【許せる浮気と許せない不倫】

『「浮気」なら許せるけど「本気」は絶対ダメ!』という話しを耳にしたことはないでしょうか。

実際のところ、「浮気」と「不倫」では何か違うのでしょうか。

《不倫と浮気ってどこが違うの?》

「浮気」は未婚の恋人同士(普通のカップル)でも使われる言葉ですが、日本の近代的な結婚制度である「一夫多妻」では「不倫」は既婚者のみに使われると言うのが一般的です。
江戸時代には市中に男性が多かったため、「一妻多夫」もありましたし、その土地によっては「多夫多妻」こうなると「乱婚」なのかもしれませんが、非公式にあったそうです。
しかし、姦通、不義密通と言った言葉があったように、許されない行為であることに、違いありません。
男女間で絶対に守らなければならない約束は「浮気をしない・本気にならない・不倫は絶対しない」ことなのです。

《では、どこからが不倫なのでしょうか?》

「不倫」は90年代のテレビドラマにより広まった言葉だということですが、その意味を色々な辞書で調べてみると、
『倫理から外れたこと、男女の関係で人の道に背くこと』
『男女が、越えてはならない一線を越えて関係を持つこと』
『広い意味では、異性と恋愛・性交を行う場合』などと書かれています。
と言う事は「浮気」も「不倫」もどちらも同じ「不貞行為」なのです。
男女とも約4割以上が「好きになったらしょうがない」と「不倫」を肯定す意見もありました。

《男には男の、女には女の気持ちがある》

もちろん、男と女の感覚の違いがあるようですが、「不倫は源氏物語から続く日本文化だから」…と昔からあったこと。という方もいます。
「家庭を壊さない程度ならいいと思う」といった意見や、「一度きりしかない人生だから」という意見もありました。

また、「どうせ男は浮気をする生き物よ」と、少し開き直った意見もあるようでした。

また、完全否定の意見もあります。
「既婚者とふたりの間では何をしてもダメ」
「ふたりでごはんに行くのも、手を繋いだり、ハグしたりキスもダメ」
「セックス!ありえない!」

さら、女性側の不倫でも言い訳はいろいろとあるようです。
「一晩限りの火遊びなんだから」
これは世の男性が使う『本気ではない』という事の強調です。
「ふざけていただけよ、本気ではないのよ」
この言葉に、つい許してしまった男性もいるのではないでしょうか。

「歳はとっても浮気はやまぬ、やまぬはずだよ先がない」という都都逸があるように、不倫・浮気を繰り返す人は何度でも繰り返すのだそうです。しかし、この場合は、本気じゃなくて病気という表現になってしまうかも知れません。

【出会いは突然やってくる】

実際、出会は突然。というのは、本当なのでしょうか。

合コン、婚活パーティ、出会い系サイトや仕事関係での出会い、同級生との再会、友達の紹介など、男女の出会いは結構多くありますが、しかし、それは「不倫」への出発点なのかもしれませんよ。

《不倫は突然やってくる、まるで交通事故のよう》

「その気はなかった、一夜限りのつもりだったのに…」
でもそれって言い訳ではないでしょうか。何故なら初めから相手に家庭があることを知っていたり、自分を独身と偽ったりしていたりすることもあるからです。

そして徐々に『体の浮気』から『心の浮気』へと発展してしまいます。
けれども、その偽りの愛はそう長くは続きません。必ず自分を見つめなおす時間が訪れます。
「なぜ人目を避ける関係でいなくてはならないのだろう?」先が見えない二人の関係がイヤになって「別れ」を選択する人が多いのです。

《別れも突然やってくる》

当事者のシチュエーションが違うため、別れ方にも色々あります。

「関係に飽きたから」
「相手の女性が離婚したから魅力がなくなった」
「結局は遊びだから、家庭を捨ててまでとは考えていない」
こんなわがままだけで綺麗に別れる事ができるのでしょうか。

「不倫がバレたから、やめて家庭を選ぶ」
一見、最良の別れ方のようですが、配偶者が不倫を許す場合と許さない場合があります。たとえ許されても地獄の日々が続くかも知れません。
絶対に不倫が許されない場合は、もっと悲惨な事になるかもしれません。
「不倫相手に私の子供ができたから、家庭を捨てて一緒になる」
もう、こうなると泥沼、別居からやがて離婚へと進むのが想像できます。
では、円満に別れるにはどうすればいいのでしょうか。
「上司との不倫、そろそろお互いのために終わらせたい」
「好きだけどこのままではいけない」など、自分たちが納得すれば、うまく別れられるかもしれません。
自分が未婚であれば、フェードアウトと言った技がありますが、男性の場合は仕事の関係で難しいかもしれませんね。女性の場合でも最悪、ストーカーになられて引っ越さなければならない…。といったリスクも考えなければなりません。

また、綺麗に別れられる方法の一例としては、
「妻(夫)が病気になった」「不倫相手が病気になった」。
といったものですが、結論は、やはり綺麗に別れる前に『不倫をしない事』これが一番。ということになります。

【復縁はスピードが命】

《ドラマじゃ無いんだから》

「俺がわるかった、戻ってくれよ、頼むから」など、ドラマなどで耳にするセリフですが…こんな言葉で元に戻れるというのは、やはりドラマの中だけのことのようです。

『別れを回避したい』『とにかく、復縁したい』といった思いがあるのでしょうが、まさに、覆水盆に返らずと言われるように、実際はなかなかうまくはいかないようです。

ましてや浮気や不倫の問題となるとより難しくなります。

一度は感情のままに別居状態になり、挙げ句の果て離婚になってしまっても、元々は愛しあっていた二人ですから、冷却期間を置き時間がたてば、原因となった裏切り行為を反省することは大いにあります。

また、別れてしまってから改めて相手の素晴らしさに気付くこともあり、冷静に考えて復縁したいと思うこともあるかもしれません。

《形態が変わった》

日本では、昔の結婚といえば仲人を立てるのが当たり前でした。

そのため、様々な理由で起きてしまった夫婦の問題は、先ず仲人に相談する事で当事者の行動を決めることができました。
ところが時代と共に、結婚の形態が変わり、仲人の存在自体が少なくなってしまいました。
そこで誰に相談をすれば良いのか、何処に相談をすれば良いのか迷ってしまうのです。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?
親類や身近な友人に相談してみる。ということになるでしょうか。ところが、彼らはやはり第三者なのです。
当事者が事の顛末を素直に話しても、復縁できるとは限りません。
結局は自分自身で行動を起こさなくてはならないのです。

《復縁は話し合いから》

復縁しようと考えているなら早い方が良いとも言えます。
ただし、一方的ではなく、お互いが相手の立場に立って、相手の気持ちを汲み取り、冷静に話ができる時間を見つけられるかです。
3カ月、半年、1年などその期間は人それぞれ違います。でも、長くも短くも夫婦生活をしてきた二人なら、お互いの表も裏も知っているはずです。
ですから適当な冷却期間が過ぎれば、安心してありのままの自分を出す事ができるはずです。冷静に話し合う事ができるはずなんです、
すでに離婚しているのですから、「嫌われたらどうしよう」なんて不安感を持つ事はないのです。
前向きに、改めて家庭の存在を話し合ってはいかがでしょうか。
子供がいればなおさらです。家庭には父と母がそろっているべきであり、お互いに敬意と感謝の気持ちを持つべきだと理解するのではないでしょうか。
そうなれば、『復縁』の道が見えて来るはずです。

別れさせ屋に掛かる費用は?

『別れさせ屋』に支払う金額って高いって聞くけど本当なの?
実際にどれくらい掛かるのかは気になるところですね。

費用の内容ってどんなもの?

ネットで検索をしてみても費用や料金の金額を明示している業者はほとんどありません。
過去の実績例を挙げているところはたくさんありますので、金額を隠したいというよりも、各個人の依頼によってその内容がかなり変わってしまうため、表記しづらいように思えます。

そして、各業者の実績例を見るに、支払金総額の内訳は、大きく分けて次のような形であることが推測されます。
依頼内容に沿えない結果…つまり失敗した場合…でも支払う必要のある『基本料金』プラス依頼に対して成功した場合に支払う『成功報酬』。更に、様々な諸経費を足したものが最終的に支払う金額になるようです。

■基本料金
・基本調査費用
・人件費(工作員の人数×予定実働回数または時間)

■諸経費
・交通費(電車、バス、タクシー、ガソリン、高速代 その他)
・宿泊費
・特殊機材

■成功報酬
(成功したときのみ支払い)

一般的に必要と考えられるものしか上げておりませんので、各会社により内容は若干変わってくると思います。
1人当たりの人件費や成功報酬に関しても、どれだけ手の込んだ複雑な工作をするのかなどでもかなり変わってくるものと思われます。
また、予定の日数を超えてしまえば、その分加算がされると思います。
以上の理由から安い金額であることは考え辛いようです。
他の会社と比較して安すぎる金額提示をされた場合はすぐに決めず、一度冷静になって考える必要があると思います。
少々面倒はかかると思いますが、契約をされる前にはよくよく相談員と話し合い、プランの確認をされることが大切かと思います。

ここはチェックしたい!

契約をする前に必ず確認をしておきたいことは、これから依頼しようと思っている『別れさせ屋』が『探偵業届出』を提出しているかどうかです。
『別れさせ屋』は『探偵業』に分類されていますので、業務開始をするためには『探偵業届出』というものを『東京都公安委員会』(警察署経由)へ提出しなくてはなりません。
その際には様々な公的書類を提出する必要があります。
『東京都公安委員会』から許可が下り次第『探偵業届出証明書』が公布され、営業所の見やすい場所に掲示することも義務付けられています。
これは詐欺などが行えないよう、国から認可された会社しかこの業務を行ってはいけないとされているからです。

以上のことから、『探偵業届出証明書』が無く、安い過ぎる業者は十分に注意をしたいところですね。

不倫が本気の発展?

離婚が成立し、不倫相手と結婚されてしまう。
世間一般的にそれを略奪婚と言います。
『別れさせ屋』が介入しても解決が難しいケースというのは、ターゲットと不倫相手が本気モードに入ってしまった時だそうです。
当然、そこに至るには何かしらのシグナルはあったわけです。
では、それに至るまでにはどんな過程を経るのでしょうか。

最初は本気じゃない?

浮気が相手にバレ、詰め寄られた時に必死で隠そうとするのは、まだまだ本気ではない時だそうです。
バレるということは現在の幸せな環境を手放さなくてはいけないということです。
それらを全て失うことと浮気相手を天秤にかけて家族を選ぶのであれば、まだ冷静さが残っているようです。

本気を疑うとき

子どもとの約束を破るとき、子どもと過ごすイベントに参加しなくなる時、連絡が中々取れなくなったとき…ようするに、不倫相手と会うことを優先させていると思えることが頻繁になった時は、本気である可能性が高いと言われています。
夫婦にとって子どもとは守るべき存在であり、また、嫌われたくない存在。
それを蔑ろにするときは、不倫相手との恋に溺れて本気になってしまっていると言います。
実際に不倫をされた方にお話を聞くと、ほとんどの方が、「不倫をしているであろうことが前提の上で、パートナーが子どもとの約束よりも優先すべき用事ができたとき」に相手の本気を疑うそうです。

本気になったことでのこるもの

不倫が本気になった時に得るものと失うもの、本人にとって、その大きさは違ってくると思いますが、無傷でいる事だけはできません。
家族はもちろん、場合によっては友人や仕事、今まで築き上げてきた地位や夢を捨てる事にもなります。それでも残ったひとつを何よりも大事として、新しい人生を選びますか?
失ったものを取り戻すことは中々できません。覆水盆に返らずのことわざ通り、後から後悔しても遅いのです。
不倫をされる側であるパートナーや子どもの気持ちを傷つけてしまうことに少しでも感じるようであれば、是非本気になる前に引き返すことを考えてみてください。
とはいえ、恋は盲目。恋の病に薬は無いと言われています。
略奪婚と社会から指をさされても、その後幸せな夫婦生活を築くカップルもいます。
時間が掛かっても周りから認められる夫婦になった時に初めて本気の恋だったと言えるのでしょうね。
何にせよ、不倫は関係しているすべての人に大きな傷を残すことをお忘れなく。