恋愛の悩みを解決するために自分自身でできること

一言に恋愛と言っても、様々な恋愛の形があります。となるとその悩みも様々。

ただ共通点は、その恋愛が悩みが生まれてしまうようなものであるということ。

そんな悩んでしまうような恋愛を、解決するために自分自身でできることはあるのでしょうか。

■恋愛の悩み、重い人と軽い人の差を知ることでできることがある

いろんな人の恋愛の話を聞いていると、他人からすれば些細なことなのに、どうしてそんなに悩むの?というものもあれば、割とキツい内容なのに、何でそんなに平気なの?というものまで、人によって様々です。

その人の性格や物事の捉え方、考え方にも左右されることはあると思われますが、同じような悩みで重く受け取る人、そんなに悩まずにすむ人の違いはなんなのか、その人自身を理解すると見えてくるものもあります。

恋愛の悩みの内容も人それぞれですが、その人自身が精神的に充実して過ごしているかどうかということで、悩みについての捉え方も変わってくるようです。

精神的に充実している人は、実はその人の努力がそうさせているのです。

精神的に満たされるために、自分の生活を見直してみたり、何ができるのかを考えてみることが、恋にも前向きな自分につながっていくはずです。

■満たされた人は、恋愛の悩みを解決できる力を持っている

日々充実感もなく満たされていない人は、どうしても感情移入しやすい恋愛に対しても、上手くいかない人が多いようです。

マイナス思考は他にも侵食しやすく、恋愛も固執したり暗い方向に向かいやすくなります。

しかし日々満たされた人は、少しのつまずきも「そのくらい何とかなる」で済ますことができたりします。

恋愛も同じで、相手は他人ですから全てが上手くいくはずがないのですが、それでも少しのことなら、満たされた人は「そのくらい許そう」で済ましてしまうことも多いのです。

また、満たされていれば臆せず「こうしてみたらいいんじゃない?」など相手に伝えることもできて、それが相手にとって有益であればお互いを高めることもできます。

もしそれで相手が離れても、自分の充実した生き方はその先の生き方に背中を押してくれるはずです。

恋愛の悩みを解決したいなら、まず自分自身が精神的にも満たされた生活ができるように努力をするべきでしょう。

物事をあまり深刻にとらえず、何とかなるというくらいの気持ちを持つことも、実は大事なことですね。

恋愛ばかりにフォーカスしていると、見えるものも見えなくなってしまいます。

別れさせ屋を利用するときは追加費用に注意

様々な事情で、別れさせ屋の利用を検討している方もいらっしゃるでしょう。しかし、別れさせ屋を利用するときに、注意していただきたいのが、オプションなどの追加費用です。契約時によく話を聞いておかないと、最終的に費用が膨大になってしまうことも…。

■契約時にしっかりと確認しておきたいこと

別れさせ屋を利用しようとするときには、いつも以上に契約の内容をしっかりと確認しておくことがとても重要になります。別れさせ屋に依頼するとき、仕事内容の特殊さから、どうしてもそれなりの費用はかかります。しかし、契約時に見積もりを出してもらった費用から大幅に増額してしまうようなことはないのか、という確認は必ずしておきましょう。きちんとした別れさせ屋であれば、別れさせ屋側から丁寧に説明があることも多いかと思いますが、残念ながら稀に悪質な別れさせ屋がいることも事実です。別れさせ工作がすべて終了した後、請求された金額を見て仰天、というような事態になることも考えられます。そのような追加費用は聞いていない!と訴えても、契約書に小さく記載してあった…などと説明されトラブルに発展しまう可能性も。

■追加費用がかかりがちなポイント

では、具体的にはどのようなことで追加費用がかかることが多いのでしょうか。まず1つが、工作員の追加です。もちろん、ほとんどの別れさせ屋では、契約時の打ち合わせで別れさせ工作の難易度を想定し、工作員の人数もあらかじめ決定し、それ以降の追加費用はかからない、というのが多いかと思います。しかし、悪質な別れさせ屋の場合、最低限の場合の料金の説明しかせず、不必要な工作員まで追加し費用を上乗せしてくるといったことも考えられないわけではありません。また、ターゲットが法律に詳しかったり、観察眼がするどい警察官だったりするなどした場合、通常の別れさせ工作よりも難易度が高くなり、費用もそれに応じて高くなることもあります。想定される難易度よりも高かった場合なども追加費用はかかることはないのか、最終的に支払う金額は見積もりと差はないのか、ということをしっかりと別れさせ屋に確認しておきましょう。

また、別れさせ工作の過程でお店に入らなければいけない場合などの費用の負担はどちらが持つのか、というのも確認しておきたいポイントです。時と場合によっては、キャバクラなど、比較的高額なお店に入らなければいけないこともありますので、その点についてはしっかりと聞いておきましょう。

どのような契約でもそうですが、契約を締結する前にしっかりと内容を把握し、どのような場合に見積もりが変わる場合があるのかなどを確認しておくことはとても大切です。悪質な別れさせ屋に騙されないためにも、入念なチェックは怠らないようにしてくださいね。

不倫相手の本気度を見分けるポイント

不倫相手が自分にどのくらい入れ込んでいるのかが気になった場合、何か見分けるポイントはないのか、と考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あくまで遊びとして割り切られている場合と、本気になってきている場合の特徴についてまとめてみました。

■遊びの場合の特徴

遊びの場合の最大の特徴としては、やはり「肉体関係を最重要視しているかどうか」ということがあるかと思います。会うたびに肉体関係を求められる、行為をするまでは優しいが、行為が終わったあとは早く帰りたがったり、素っ気なくなったりするなどという様子が見られる場合は、あくまで肉体関係のみの不倫を求めており、遊びと割り切っているパターンが多いでしょう。

また、こちらの事情をあまり考えず自分本位で物事を進めようとする、というのも1つの特徴です。連絡をしても気が向いたときにしか返信している様子が無い、相手の都合に合わせられないときにはこちらと会おうとしない、などという時には遊び相手にされているのだな、と思っておいた方が良いかもしれません。

■本気になってきている場合の特徴

本気になってきている場合の特徴としては、遊びの場合の特徴とは反対に、肉体関係を特に求めてこないデートも頻繁にある、ということでしょう。デート中に、あなたの好きな事などについて詳しく聞いてくるなど、あなたのことを知りたい、という様子があるときも、本気になってきているサインのことが多いかと思います。

こういった場合、連絡などもあちらからマメにあることが多く、デートの約束もあなたの都合もきちんと考えて決めようとしてくれる様子がありがちです。誕生日や、出会った日などをきちんと覚えていてくれている、などというのも1つのポイントになるかもしれません。あくまで自分本位ではなく、こちらの気持ちも考えてくれている様子がある、というのが本気度を確認できる1つのポイントと言えるでしょう。

遊びと本気を見分けるポイントをご紹介しましたが、基本的に不倫は最初は割り切った関係として始まることが多いものです。こちらばかりが相手に入れ込んでしまい、振り回されてしまうと無駄に傷ついてしまうことも。相手がどう思って自分と不倫しているのか、ご紹介させていただいたポイントなどを参考にして把握しておくことは大切と言えるでしょう。もしも、自分と相手の気持ちにかなり相違があり、別れたいけど自力では難しい、という時には別れさせ屋の利用を検討しても良いかもしれません。

不倫相手と別れ、関係を終わらせるためには

配偶者がいる人と不倫をしてしまったけれど、別れて関係を終わらせたい…そう思っている不倫中の女性も中にはいらっしゃるかもしれません。しかし、その関係性の特殊さから、普通のカップルと比べ別れ方にも気を付けなければならない事も多いものです。不倫相手と別れようとするときに気を付けたいポイントについて何点かまとめたいと思います。

■別れ話は感情的にならないように気を付ける

別れ話をしているうちに、ついつい感情的になってしまいがちではありますが、そこはグッとこらえて、いたって冷静に、淡々と話をしていくことが関係をすっきりと清算するための大切なポイントです。どちらかが感情的になってしまうと、話もこじれやすくなりずるずると長引いてしまいます。また、お互いがヒートアップしてしまうと思わぬトラブルに発展したり、話し合いの場所によっては周りの人々の注目を集めてしまったりしてしまうので、不倫がバレてしまうという最悪の結果を招いてしまうこともあり得ます。

冷静に別れたいという気持ちを伝えることで、すっきりと別れられるように話を進めていくことが大切です。

■未練があるように捉えられてしまうような話はしない

あなたに未練が全くなくとも、少しでも相手に未練があるのかも?と思わせてしまうような話をしてしまうと、なかなか別れに持ち込めなくなってしまうことがあります。例えば、出来るだけソフトに伝えようとしてやってしまいがちなのが、「あなたのことを嫌いになってしまったわけではないのだけれど」というような言い方です。相手があなたと別れたくないという気持ちがある場合は、こういったようなことを言ってしまうとしつこく食い下がられてしまうこともあり、なかなか別れられなくなってしまいます。

また、「そちらのご家族に悪いから…」というのも実はあまり良い話の切り出し方ではありません。あくまで、自分があなたと別れたいと思っている、ということをはっきりと伝えることが、すっきりと別れるためには大切なポイントです。

不倫相手と別れ、関係をきっぱりと終わらせるために気を付けたいポイントについてご紹介させていただきました。別れ話はその場の空気も張り詰めがちなものです。事前にしっかりと気持ちを強く持っておくことが、成功の秘訣ともいえるかもしれません。

不倫相手と別れさせ、パートナーと復縁したい!

パートナーに不倫をされてしまい、不倫相手にパートナーを略奪されてしまったが、パートナーのことがどうしても忘れられず復縁したい…そういった思いを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で、頼りになるのが「別れさせ屋」です。

■不倫相手とパートナーを別れさせる依頼は多い

別れさせ屋への依頼の中でも、不倫相手とパートナーを別れさせてほしい、という内容のものは多いようです。結婚をしていないカップルに比べ、子どもがいたりすることも多く、家庭崩壊のきっかけとなってしまうこともこのような依頼が多い原因の1つかもしれません。

ただし、もしもそういった依頼をしようと検討されているのであれば、あまり様子見の期間を長くせず、出来るだけ早く行動に取りかかった方が成功率は高くなるといっても過言ではありません。なぜ、取り掛かるまでのスピードが重要なのでしょうか。それは、不倫相手とパートナーのお互いの気持ちの深まり方が違うことが多いからなのです。

■あまり時間をかけてしまうと、お互いが「本気」になってしまうことも

不倫相手とパートナーを別れさせたい場合、お互いの気持ちが「浮気」から「本気」になる前に行動したほうが、別れさせ工作の成功率も高まってきます。全ての不倫がそうだ、とは言い切れませんが、大抵の場合、不倫というのはちょっとした気持ちの浮つきから始まるものです。しかし、一緒にいる時間が長くなってくると、その気持ちがだんだん「浮気」から「本気」になっていってしまうことも。別れさせ屋はプロですので、そういった場合に対しても効果的な別れさせ工作を行いますが、特にパートナーが不倫相手に本気になってしまっている場合、たとえ別れさせることに成功しても、その後の夫婦の復縁に困難が生じてしまうこともあります。

出来るだけすべてをスムーズに進めたい場合には、やはりパートナーと不倫相手、どちらかの気持ちが「本気」になってしまう前に行動を起こした方が良い、と言えるでしょう。

別れさせ屋への依頼は安いものではありませんし、なかなか一歩を踏み出しにくいかもしれません。しかし、もしも別れさせ屋への依頼を検討されているのであれば、早め早めの行動がパートナーとの復縁の成功率を高めてくれるかもしれません。

別れさせ屋の費用はどれぐらい?適正相場を見極めるポイントとは

別れさせ屋の費用は、業者で異なります。ただ、依頼する場合、あらかじめ費用や相場を知っておきたいのは当然でしょう。別れさせ屋の費用はどれぐらいが適正相場なのかしっかり理解しておくと失敗を避けられます。

■別れさせ屋の費用|配偶者と不倫相手を別れさせる場合

別れさせ屋の費用ですが、依頼内容に関係なく全体で見た場合一般的に高く見積もって100万円〜300万円程度です。

数ある依頼の中で、配偶者と不倫相手を別れさせたいという内容は別れさせ屋の中でも多い部類となります。その例で費用を考えると、期間2ヶ月〜3ヶ月程度、着手金プラス成功報酬とした場合、65〜160万円程度です。

好きな人と恋人を別れさせる依頼の場合は、70万円〜150万円程度となります。

■別れさせ屋の費用は契約期間料金制と実働回数料金制でも変わります

別れさせ屋で見られる料金体制は、契約期間料金制と実働回数料金制です。上記の、配偶者と不倫相手を別れさせる料金は契約期間料金制となります。契約期間料金制の場合、あらかじめ期間が決まっているのが特徴です。

そのため、見積もり時にオプションが加わる値段を加えるだけでよく、依頼者は費用を計算しやすいというメリットがあります。

実働回数料金性は調査や別れさせ工作1回についての値段となりますので、何回行ったかで費用が変わってくるので注意が必要です。

■別れさせ屋で費用があまりに安いところは注意が必要です

別れさせ屋は、全国、全業者一律いくらと報酬内容は決まっていません。各別れさせ屋で好きに決められるのです。期間料金制、実働回数料金制どちらも同じです。

工作期間が長くなる、工作数が増えると、どの別れさせ屋でも高額になるのは間違いありません。

注意したいのは、あまりに安い費用設定をしている別れさせ屋です。別れさせ屋も仕事ですから利益を出さなければなりません。調査も工作も人員が必要です。工作のための調査だと、1日中、時には深夜まで張り込まなければなりません。あまりに安い価格設定だと、赤字続きになるのは必然です。

そのため、低料金の業者に依頼する場合、どうして安いのかしっかり確認しましょう。説明に違和感を覚えたら、止めたほうが無難です。

■別れさせ屋の費用は高いですがそれだけの仕事をしてくれます

別れさせ屋は、その業務内容からけして安くないことは理解しておいたほうがよいでしょう。工作を行うにしてもイケメンや美女をぶつければ上手くいくという簡単なものではありません。

ターゲットに関する事前調査や長期間かけての工作が必要だからです。そのため、ある程度、費用はかかると考えておきましょう。

不倫で相手が本気になったとき|トラブルを避けられる別れさせ屋

不倫相手が本気になった場合、離婚を求めてくるかもしれません。断れば大きなトラブルに発展する可能性は十分にあります。不倫相手が本気になったとき、どうすれば対処できるのか解説しますので参考にしてみてください。

■不倫が本気になったかもしれない|見極めポイント

不倫相手が本気かどうか見極める基準の1つに、相手への優先順位が挙げられます。心身ともに遊びと割り切っているなら、優先順位は配偶者や家庭になるはずです。

不倫相手はあくまで2番以下で、都合のよいときに会う程度の付き合いになります。

本気になれば、不倫相手のことは優先順位1位です。暇でなくても会いたい、考えようとしていないのに頭に顔が浮かぶ、大金を使っても惜しくないと考えます。

「奥さん、または旦那さんといつ離婚してくれるの?」と言い出した場合、本気になっている可能性が高いのです。

■不倫が本気になると別れが大きなトラブルにつながりやすい

お互い遊びと認識する不倫ならずるずると長引いて終わることはないかもしれません。ただ、独身者のほうが本気となり既婚者の「もうすぐ離婚する」という話を信じても、その気配がないなら別れ話を相手からする可能性はあります。

終わりのない不倫に片方がむなしさを感じたら、本気だとしても「どこかで決着をつけたい」という気持ちが生まれるものです。

不倫相手と子供ができた場合も別れるきっかけになるでしょう。ただし、このケースでは大きなトラブルに発展しがちです。

子供をあきらめるか不倫相手と結婚するか、どちらが子供を引き取るかという難しい選択が待っています。不倫相手が復讐心を燃やした場合、最悪、既婚者が家庭崩壊する可能性は十分にあります。

■不倫で本気になられたら別れさせ屋に依頼を

不倫相手が本気になったとき、下手に別れを切り出したら大きなトラブルになり、家庭崩壊につながる可能性は十分にあります。もし、不倫相手と子供ができてからだとかなり厳しい立場になるでしょう。

不倫相手がシングルマザーとして赤ちゃんを育てるにしても、養育費を請求される可能性は十分にあります。また、周囲にばらされて大騒動に発展する場合もあるでしょう。

本気になられたら、早めに別れるか、配偶者と離婚して不倫相手と一緒になることを考えたほうがよいのです。

ただ、別れてくれそうにないなら、別れさせ屋に依頼をすることで、大きなトラブルになる前に解決する可能性が出てくるのです。別れさせ屋は、別れさせるプロだからです。

■不倫で本気になった相手と別れたいなら別れさせ屋へ依頼

別れさせ屋は別れさせ工作で不倫相手とスムーズに別れられる状況を作ってくれます。相手も別れさせ屋が工作したとは気づかない場合も多いのです。不倫相手が本気になり、なかなか別れられそうにないなら別れさせ屋に依頼してもよいでしょう。

不倫相手と別れたいなら?別れさせ屋を利用すればリスク最小限

不倫相手と別れるとき「すんなり行く」と甘く見積もって、大きなトラブルに発展することも少なくありません。経済的な損失が生じる場合もありますし、社会的な信用は地に落ちます。そんなとき、別れさせ屋を利用すれば、最悪の状態を回避できるのです。

■不倫で別れるときにあるトラブルは人生を変えます

不倫で別れ話を伝えた瞬間、相手が急に脅してくる場合があります。「いいけど奥さん・旦那にばらすから」相手が家に来て配偶者に証拠と共に訴える場合も少なくありません。結果、配偶者だけではなく子供からも幻滅されるケースもあるでしょう。

会社に「不倫していた!」と怒鳴り込んでくれば、会社内での信頼は地に落ちます。SNSでばらしたり、リベンジポルノに発展する場合も珍しくありません。

「みんなにばらされたくなければ、お金」と金銭的な要求をする場合もあります。不倫を解消する場合、上手に別れないと人生がメチャクチャになることもあるのです。

■不倫で別れるとき大きなトラブルにならない方法

不倫で別れるとき、自分だけで解決するなら覚悟が必要です。不倫はよいものではありません。自業自得の面もありますから、ある程度のダメージを受ける覚悟は必要です。

基本的に「絶対に別れる意思」を持つことです。ずるずると長引けば余計別れられなくなります。覚悟を決めたら、配偶者に伝えてお詫びすることも重要です。「離婚はしたくない」という意思も伝えましょう。

わだかまりが残り、将来的に離婚という結果になるかもしれません。ただ、配偶者の気持ち次第で許される場合もあります。

他にも、不倫相手が金銭を要求してきたら可能な限り全額支払ってください。できれば「一切関わらない」と念書などをもらっておくとよいでしょう。

■リスクを負いたくないなら別れさせ屋を利用

少しのリスクを負いたくないのなら別れさせ屋に依頼することも考えてください。実績のある別れさせ屋には、スムーズに別れさせるための知識やノウハウがあるからです。

工作員による工作で大きなトラブルに発展せず、不倫を解消できる可能性があります。また、不倫相手とスムーズに別れるアドバイスもしてくれるでしょう。金銭的な負担はありますが、選択肢に入れておいて損はありません。

■不倫での別れで修羅場を避けたいなら別れさせ屋

不倫で別れる場合、ドロドロの修羅場になりがちです。不倫は倫理的によいものではありません。しかし、してしまったものはしかたがない面もあります。別れる場合、上手な別れ方を考える必要があるでしょう。そのために別れさせ屋のサポートを受ければ有利に話を進められます。

不倫と復縁に関係する別れさせ屋|それぞれ目的が違う

別れさせ屋は不倫に関して別れさせるだけではなく、復縁工作を行う場合があります。いわゆる、復縁工作を行う復縁屋です。不倫だけではなく復縁も行うとはどういうことなのか?別れさせ屋が不倫と復縁にどう関わるか解説します。

■不倫と関係するケース

別れさせ屋に舞い込む依頼は不倫と関係する内容が少なくありません。

  • ターゲット(自分の夫・妻・恋人)と不倫相手を別れさせて欲しい
  • ターゲットと(夫・妻・恋人)を別れさせて欲しい(自分が不倫相手の場合)
  • 不倫関係を終わらせたい
  • 不倫相手と一緒になりたいので本妻や夫と別れたい
  • 親権や慰謝料などよい条件で離婚したい・・・etc。

上記のようにさまざまなケースがあります。不倫を知っているが勇気がなくてパートナーに言い出せない配偶者の方も少なくありません。

中には、不倫相手にパートナーを盗られて悔しくて復讐のために利用する方もいます。

■復縁と関係するケース

復縁屋という業者も存在します。ただ、別れさせ屋が復縁屋もやっているケースも少なくありません。そもそも復縁屋と別れさせ屋が、探偵事務所の一業務であることも多いのです。

  • 別れた相手が忘れられなくて復縁したい
  • もうちょっとだったのにふられてしまったので復縁したい
  • 離婚相手と復縁したい
  • 配偶者や恋人と別れそうなのでなんとかしてほしい

復縁屋は上記のような要望に応える業務です。復縁屋の方法は、別れさせ屋と同じく状況や別れ方によって変わります。

方法も似ており、例えば自然な形で人間関係を作り仲良くなったら復縁などのアドバイスをする形もあります。ただ、多くの場合、依頼者の協力も必要です。

■不倫の別れさせ屋と復縁屋はそれぞれ目的が逆です

別れさせ屋と復縁屋、それぞれ目的が違います。ただ、ターゲットを自然な流れの中で、ある特定の人物と別れさせる、復縁させる方法については変わりありません。

どちらもターゲットと自然な人間関係を作り、心理的なアプローチなどを行い

別れや復縁を決断させます。

また、復縁屋も不倫と関係があるのは無視できません。不倫で別れたが復縁屋に依頼をしてよりを戻せたというケースもあるからです。

■不倫と復縁は別れさせ屋には大いに関係する内容です

どんなに愛し合っていたパートナー同士でも、不倫は関係性を切り裂く要因になりえます。別れさせ屋は不倫が関係して別れさせたり、復縁屋は不倫が原因で別れてしまった方の依頼も少なくありません。ただ、別れさせ屋も復縁屋もアプローチの手法はあまり変わらないのですが、最終的な目的が大きく異なります。

気になる別れさせ屋の費用内訳について

「別れさせ屋を利用したいけど費用が気になる」
「相談の前にわかることがあるなら知りたい」

など、別れさせ屋の費用面で気になることが多いのではないでしょうか。

別れさせ屋は会社ごとで行っている別れさせ工作や方法も違っており、費用などもかなり違ってきます。

今回は費用の内訳など、できる限り内容が不透明な部分の費用内訳をご紹介致します。

1.別れさせ屋の料金の内訳について

別れさせ屋の費用についてですが、一般的な別れさせ屋ですと依頼内容にもよって大きく変動しますが、下記のような項目に当てはまり費用が必要になってきます。

・人件費
・車両燃料費
・駐車代金
・交通費(電車やバス)
・社内での人件費

人件費はその名の通り工作員の人件費になります。

別れさせ工作は現場では2人で行動することがほとんどですので、人件費も2倍になります。会社によって違いが大きい部分ではありますが、だいだい30,000円〜40,000円になります。

別れさせ工作の現場での行動は車での移動が多いですので、車両燃料費や駐車代金併せて5,000円ほどになる場合が多いです。
(都市部ですと駐車料金が高くなるので、これよりも高くなることもあります。)

電車やバスを利用する場合は、1日1,000円前後になります。

社内での人件費は報告書を作成したり、打ち合わせの日程を調整したりするための社内で動いている人の人件費が、大体15,000円〜20,000円前後である場合が多いです。

2.格安の料金設定の会社は要注意

別れさせ屋を検索していると格安で依頼を引き受けてくれるところも出てきますが、あまりにも格安すぎるところはそれなりの原因があり、注意が必要です。

格安である理由として、

・工作員の数が少ない(成果が出にくい)
・依頼を受けた後、料金を支払ってもらった後は何もしない

等が挙げられます。

「低価格・低品質」の会社に依頼することの無いよう、事前に低価格の理由などもしっかりと確認しておくことが重要です。

実際の費用の内訳をご紹介いたしましたが、あくまでもこの金額が1日分になるので、これに活動日数分をかけた金額が総額となります。

また、依頼に成功した時は別途成功報酬が必要になってきますので、予算を確認して、実際に問い合わせてみるのが一番いい方法でしょう。