復縁の確率は30代に上昇する?復縁ポイント3つ

「あの人、今、どうしてるかな?」
「もう1度会いたいな」
など、別れた恋人をふと思い出すことはよくあります。

何となく「やり直せたらいいな」と思うこともあるでしょう。

復縁の確率を長期的、短期的目線で見つつ、復縁に向けたアクションを3つ紹介します。

■復縁の確率は30代に上昇する

1度は別れた恋人を思い出し、「やり直したい」と考える時期は人それぞれ。
状況によって違います。
ですが、傾向としては30代が最も多いと言います。

周囲の人たちが結婚や出産を経験していくと、自分も同じように意識し始めるのです。
その時、以前の恋人を思い出し、復縁が頭をよぎるのでしょう。
ただ、これは長期的な目線で見た場合です。

短期的に見れば、5〜6ヶ月以内に復縁が叶わなければ難しくなります。

■復縁に向けたアクションポイント3つ

離れて初めて相手のよさが分かった、というのは往々にしてあることです。
復縁を叶えたいあなたのために、注意したいポイントを3つ挙げてみました。

・相手のことは1度忘れる

理由は何であれ、別れた相手です。1度、キッパリ忘れてしまいましょう。ずっと思い続けて、悔やむ気持ちを抱えていても、状況は変わりません。
それよりは、「新しい出会いを見つけよう!」くらいの気持ちで前に進んでみるのです。
明るく過ごすあなたの姿に、別の誰かが惹かれるかも知れません。

・イメージチェンジやスキルアップで自分を磨く

復縁を叶えるなら「前の自分とは違う」というところを表現していきましょう。
服装やメイク、ヘアスタイルを変える、仕事や趣味でスキルアップして生活の質を向上させるなど、出来ることは色々あります。
大胆なところでは、引っ越しという方法もあります。

・「つかず離れず」の距離を保つ

相手の状況や、自分の状況を伝わるくらいの距離を保つようにしてください。
あまり離れてしまうと、復縁はそれだけ難しくなります。
「彼女/彼、変わったよね」
「今はこんなことしてるみたいだよ」
など、友人を介して状況が伝わる、伝えられるくらいがよいでしょう。

■復縁は「コンティニュー」ではない

復縁と言うと「やり直し」のイメージがありますが、実は全くの別物です。
別れることになった原因・要素がそのまま残っていれば、いずれはまた同じ結果を迎えるでしょう。
相手は同じだとしても、「前とは違う自分」と交際するのです。
復縁が難しいと言われる1つの理由です。
復縁を叶えるには、「自分だけど”前の自分”じゃない」を意識してください。

復縁したいと思いつつ、別れのつらさや悔しさで胸がいっぱいという人もいるでしょう。
そんな時は、無理をせず、まずは自分の気持ちをとことん受け止めてあげましょう。

アクションを起こすのは、気持ちが落ち着いてからでも大丈夫です。
この記事が、前向きな気持ちで復縁を目指すきっかけになれば幸いです。