離婚したいか、離婚させたいか

別れさせ屋に来る依頼の中で、「離婚」というのは一つのテーマとなります。それが目標となったり、工作成功の指標となったりしますから、依頼の成功、その象徴として重要です。離婚がらみの依頼にも、「離婚したい」という依頼と、「離婚させたい」という依頼があります。前者が、すでに結婚関係にある相手との婚約を解消したいという依頼であるのに対して、後者の場合はまだ依頼者と異性との間は不倫などの非公式な関係であり、相手のパートナーとの関係を解消させるための依頼となります。

パートナーと離婚したいという人の場合、相手との関係に冷めてしまっている場合がほとんどです。浮気や不倫が露見したという場合はもちろん、相手が仕事ばかりで構ってくれない、育児に対して消極的、経済的に苦しい、暴力をふるってくるなどの原因によって、相手に異性としての魅力を感じなくなってしまうというものがあります。

このような人の場合、工作員が相手との間に親密な関係を作り、依頼者との関係が疎遠となるように働きかけていくのが一般的になります。また、離婚させたいという依頼の場合には、その背景には相手への強い愛情があります。前者と違い、相手に対する愛情が強く残っていますから、その依頼には「離婚を成立させたい」というのと同時に、「相手の自分に対する愛情がどのくらいか確かめたい」という感情も含まれています。

こちらの依頼の場合には、離婚の後にその相手との結婚が待っているわけですから、この機会にその辺りを相手がどのくらい本気で考えているのか、という一面を試してみたいわけです。ですから、まさに工作という感じで、前者の依頼よりは作意性、相手の動向を見てみたい、という欲求が強くなります。

いずれの場合にも、依頼の際にはまずは無料相談から、という形になります。工作の内容こそことなれど、依頼のゴールに「離婚」という結果があるのは共通しています。それが正しいのかは一概には言えませんが、離婚した後で後悔するということもありえますから、相談の段階でそこがずれないように気を付けましょう。

離婚工作によって相手の愛情を確かめたい

別れさせ屋と言うのは婚約関係などを工作によって解消に導くような仕事が主になります。
この場合の依頼者の動機の中で代表的なものが「パートナーの浮気、不倫」ということになります。

相手が違う異性と性的な関係を結んでしまい、それが許せないから離婚したい(でも自分だけではなかなか
そこまで交渉することができない)というケースを解決するために必要になるのが別れさせ屋になるわけです。

ただ、別れさせ屋の仕事(というか依頼内容)には、その逆も存在します。つまりは、浮気・不倫関係を
結んでいる女性(もしくは男性)が、相手の正式なパートナーとの関係を解消しようとするために依頼する、
ということです。つまりは、不倫から結婚関係になるための依頼、ということになります。

動機の是非はさておき、そういう理由で工作員に工作を頼む依頼者がいるのもまた事実です。
まさに、別れたいのではなく別れさせたい、という依頼になります。こういった依頼の場合、
工作を依頼する動機の質が異なる場合があります。

正式なパートナーとの離婚を望む人が、相手との関係に冷めているために依頼するのに対して、
こういう場合には「相手の愛情のほどを確かめたい」という動機が多かれ少なかれ含まれています。

要は、離婚するために工作をする過程で、「相手がどのくらい自分のことを愛しているのか」試してみたいということです。
不倫や浮気というと、インモラルでふしだらなイメージがつきまといますが、それを承知で相手と親密な関係を結ぶ辺り、
ある意味両者(もしくは一方の)愛情は結婚関係以上に深い場合もあるわけです。

せっかく不倫から結婚関係まで関係を発展させることができたとしても、相手との関係が冷めてしまう場合もあります。
単に一時的な熱情からの関係なのか、それとも本当に自分と結婚したいと望んでいるのか。

それを見定めるために別れさせ屋に工作を依頼するというわけです。
愛情が深い分、こちらの依頼の方がある種の本気度が付きまとうかもしれません。
不倫関係が前提になりますから、正しいとは一概に言えませんが、別れさせ屋の依頼方法として、そういう形があるのもまた事実です。