離婚もサポートしてくれる別れさせ屋

○離婚をしたいという依頼も別れさせ屋とは、カップルを別れさせてほしいという依頼を受けている業者です。名前の通りですから、多くの人がその点については理解しているかと思います。そのカップルの中には、当然既に結婚している夫婦も含まれます。たとえば依頼人とその結婚相手、また依頼人の息子・娘夫婦など、いろいろなケースがありますがその中にはたしかに離婚させてほしいという依頼も多くあるのです。

○離婚することが最善の選択肢となる場合も依頼人自身の夫婦に関することならともかく、家族とはいえ他人が夫婦の離婚を望んで工作を依頼するなんて……と考える人もいらっしゃるでしょう。ですが実際には、離婚したほうがふたりのためになるというケースもしばしばあるのです。パートナーが浮気を繰り返していたり、暴力を振るうことがあったり、純粋に趣味や価値観が合わなかったり、夫婦の不仲の原因はいろいろです。そういった理由により別れたいと思っても、中には相手が怖くて話を切り出せない人もいますし、話をしたところで相手にしてもらえないという人もいます。そうした場合には自分ひとりで離婚したいと主張してもうまくいかないどころかさらにこじれてしまうことが多いですから、別れさせ屋へ依頼することによって円満に、スムーズに別れられることもあります。また、自らのこどもや家族、知人の様子を見ていて「別れたほうがいい」と感じ依頼をする人もいます。自分の娘や息子が結婚して幸せそうに暮らしていれば、もちろんご両親や周りの人も何も言わないでしょう。けれどはた目に見ていて明らかに消耗していたり、不仲そうに見えたり……といった場合には、「離婚したほうがお互いにとって良い」といえますよね。自分の親しい人や家族、大事なこどもが結婚生活に苦しんでいたら解放してあげたいと考えるのは自然な心理です。けれどその気持ちのまま夫婦の仲に介入すればかえって問題が大きくなることは必至ですよね。関係ない部外者が口を出すなと余計に場を荒らすことにもなりかねません。そうしたときに、別れさせ屋のごく自然でスムーズなやり方が頼りになるのです。

夫婦も別れさせられる別れさせ屋

○夫婦も別れさせる対象になりうる別れさせ屋とはあくまで交際している男女を別れさせる業者であり、すでに結婚している夫婦を別れさせることはできないと思ってはいませんか?もちろん普通のカップルとやり方は変わってくるでしょうが、別れさせ屋は夫婦も別れさせることができます。別れさせ屋に持ち込まれる依頼の中にも、主人と円満に別れたいだとか、不倫している相手と結婚したいから相手夫婦を別れさせてほしいというようなものが多々あります。自分の幸せのために任意のカップルに別れてほしいというのが別れさせ屋に対する依頼なわけですが、そのカップルは何も未婚とは限らないのです。

○別れさせ工作は夫婦を円満に別れさせる手段夫婦に対する別れさせ工作と聞くと、どうしても無理に別れさせるようなイメージを持ってしまいますよね。実際にはそんなことはなく、むしろ円満に、スムーズに別れられるようターゲットを誘導していくのが別れさせ工作です。たとえば依頼人が今のパートナーと別れたくて別れさせ屋へ依頼する場合、ほとんどは関係がこじれて綺麗に離婚できないことが発端となっています。自分は離婚したいのに相手が認めてくれなかったり、あれこれと条件をつけられて別れることを延期されたり、なかにはDVをはじめとしたハラスメントを受けているがゆえにきちんと別れ話をできない、という依頼人もいます。こうしたケースでは、自分自身や周囲の知人や家族の力を借りてもうまくいかないことが多く、かえって問題がややこしく、大きくなってしまうこともしばしばあります。そういったケースでも、別れさせ工作では相手の気持ちを別れる方向へ持っていくことで自然にカップルを別れさせることが基本なので、意固地になっていた相手にも「別れるほうがお互いにとって良い選択である」と思わせることができます。そうなれば離婚の話し合いもスムーズに進みますし、お互いに悪感情を引きずらずにいられるので、お子さまがいるご夫婦ならこどもも含めて離婚後も良い関係を築いていきやすくなるのです。

別れさせ屋という選択……その費用

自分の愛する人を浮気相手から取り戻したい……そんな願望を持っている人は多くいるはずです。かつては深く愛し合った相手なのにいつの間に現れた浮気相手に恋人の気持ちを持っていかれそうになっている……もしくはすでにもっていかれてしまっている……そんな時には別れさせ屋を頼ってみましょう。かつての二人はどうやって出会ったのか恋人同士が出会うのは些細な偶然がきっかけだったりします。まさに運命ともいえるようなタイミングで出会ったからこそ二人の愛は深いものになっていくものです。自分から気持ちが離れかかっている今だからこそ、「もし今このタイミングでこんなことが起こったら」「誰かがこんなうわさを流してくれたら」「あの日あの時にこんなことが起こっていたら……」なんてことを考えることがあるのではないでしょうか。そんな運命的な出来事は待っていても起きません。

運命的な奇跡は自分で起こすしかないのです。とはいえ個人でできることには限度があります。そんな時にまさにそのような偶然の演出を行うプロというのが「別れさせ屋」です。想いをぶつけてみましょうどんなタイミングでどんなことが起こってほしいのか、それをまずは打ち明けましょう。大切なのは持っている情報、自分の望み、すべてを打ち明けて相談することです。そのような面談の中から依頼者にとっての最も最適な方法を選択し、工作員を選定していきます。計画やシナリオは当然予算による部分があります。短期的な計画で終了しそうなものなら問題はありませんが、長期的なものになってくると、その予算によってできることとできないことができてきます。工作員を増やすと当然その分人件費はかさみますし、時間がかかればかかるほど費用も増していきます。別れさせ屋は着手金と成功報酬を含めると大体60万円以上の費用がかかってくるのが大体の相場になっています。計画によってはそれが100万円、200万円と増えていきます。事実、工作が成功する前に費用が底をついてしまいあきらめてしまうケースも少なくありません。自分の望みと、それを可能にするために先立つ物……費用をしっかりと認識した上で計画を練っていきましょう。

交際相手と別れてしまいそう……相手が浮気?別れさせ屋に依頼する前に

同棲している彼女の様子が最近やけによそよそしい……デートに誘っても、夜を誘ってもいつも断られるし、でかけることがみょうに多くなった……これはもしかしたら浮気をしているのではないか……もしそうなら……別れさせ屋に依頼してみてから別れさせ屋は依頼人から依頼されたターゲットを破局させることをなりわいとしています。恋人の浮気相手だったり、かつての恋人の夫だったり、様々なターゲットに接近していきながら工作を行いますが、それらの工作に移る前に事前の調査をかなり入念に行います。実際この段階で、恋人や配偶者の浮気の確証を得る人も少なくありません。場合によっては2、3週間かけてみっちり周辺捜査をすることもありますので、たいていの浮気はこのタイミングでばれてしまいます。感情的になってしまっては工作はうまくは進まないここで大切なのは、何が現状を招いてしまったのか、ということに焦点を絞ることです。現在の恋人や配偶者に満足しているのであれば、浮気をしてしまう可能性は高くなかったはずです。

それなのにも関わらず、「浮気」というリスクを冒してしまった原因を客観的な視点から考えていかなくてはなりません。それが工作成功のための第一歩となるのです。依頼人サイドの問題点だったり、落ち度があるのであれば、それを改善しただけで交際相手が浮気をやめてしまう可能性だってあります。また、肝心なのはターゲットが浮気相手と別れたあとに、依頼人との関係を再び穏便に継続させていくことが最も重要なことであり、この問題点が解消されていないままでは、また同じことの繰り返しになってしまうのです。「現状を選んだのは自分だ」という意識万が一交際相手が本当に浮気をしていたとしても、現在がそうなるように動いてきたのは自分なんだ、という意識をなくさないようにしていただきたいと思います。現在の状況があるのは、過去の色々な場面の自分の決断のせいであり、相手を恨む気持ちをもってはいけません。余裕のある気持ちで状況と相対し、判断していくことが一番の大切なことです。

別れさせ屋の離婚工作とは……

スマートフォンが普及し、様々なアプリが開発され、出会いの場というのも多種多様に変化してきました。アプリを使用することである程度の匿名性を維持したまま新しい出会いを求めることが可能になったのです。結果、結婚していようがしていまいが、多くの人々が同様の出会いを求めている人とつながりをもてるようになってきたのです。また、最近では不倫用掲示板というものもその存在感をましてきており、既婚者同士の恋愛だったりというものが以前と比べて増えてきました。誰もが最初は遊びの感覚で手を出すのですが、人によってはそのまま本気の恋に発展していってしまう場合もあります。その恋が果たして幸せな結末を迎えることができのかどうか、それは運命をつかさどる神のみぞ知る、といったところです。しかし運命のような偶然を人為的に起こすことで、結末のシナリオを少しだけ自分好みに変えることができる場合もあります。それが別れさせ屋です。どのような工作を行っていくのかまず、不倫相手に本気で恋をしてしまった人の望みはなんでしょうか。

それはおそらく、相手が配偶者と別れ、自分と一緒になることだと思います。しかしどうでしょうか、自分が女性で既婚者の男性と恋愛関係にある場合、相手に「奥さんと別れて私と一緒になって」と言われて「わかった」とすぐに奥さんと別れて新たな婚姻契約を結ぶ姿を想像できるでしょうか。なかなかできないと思います。話を進めるためには、やはり人為的な合いの手が必要なものです。なぜ人は不倫をするのかそもそもなぜ人は不倫をしてしまうのでしょうか。それは自分の配偶者に足りていないものを不倫相手に求めるからです。それが優しさだったとしても、体だったとしても配偶者から得ることができないものを家の外に求めたりします。逆に配偶者から得ているものは、安心感だったり、安定感だったりするわけです。別れさせ屋がついてくるのはこの部分です。配偶者にだけ求めているようなものを断ち切ることで、ターゲットに決断をさせていくのです。離婚に持っていく際は、夫婦の信頼関係に傷を入れることがポイントとなります。どちらかが、どちらかに隠し事をしているようなシチュエーションを作り出していきます。隠し事とは、なにかの嘘だったり、使い込みだったり、侮辱的な言葉だったり、様々な離婚要因を誘導し、証拠をとり決断させていくのです。

結婚に失敗してしまった……別れさせ屋で有利な離婚

最近では結婚は人生に一度だけの決断、という風潮ではなくなってきました。結婚した後でわかる相手の癖だったり、借金だったり、性格だったり……一緒に暮らしていくにはどうしても我慢ができないようなことだってあります。そんなときは「離婚」という方法を選ぶ方が以前に比べとても多くなったものです。でも簡単に離婚ができない場合もあります。例えば、もし子供がいる場合、離婚した後どうしても自分に親権がほしい。でも自分で作ってしまった多大な借金があり、自分が親権を獲得するのは多分難しい……とか、離婚した場合ほとんどの場合親権は女性にうつってしまうので男性としては離婚を切り出しにくい、とか、場合によっては配偶者からの暴力がこわくてとてもじゃないけど別れを切り出す勇気がない……などです。そのような場合、別れさせ屋に依頼することで自然に離婚することができます。自分にとって有利な状況を作ればいい離婚の協議をする際は、とにかく自分が優位に立つことが絶対条件ですね。

多くの場合離婚の際はお互いがお互いに対して思うことはあっても、双方からの水掛け論の間に弁護士等が割って入って調整して終わり、というパターンがほとんどであり、具体的に「こっちが悪い」「あっちが正しい」というような明らかな決着をつけるパターンはなかなかありません。しかし浮気の状況証拠などがあれば話は変わってきます。工作員によるハニートラップ俗に言うハニートラップをかけることで状況証拠を集めていきます。ターゲットが男性であるならば女性の、女性であるならば男性の工作員を接近させ、たくみな心理術やコミュニケーション術を使用することで親しい仲になり、恋愛関係に持ち込んでいきます。二人で食事をしている風景などを写真に収めたり、その場面に偶然依頼者が遭遇するようにセッティングすることで優位な立場を作っていくのです。離婚工作はある意味楽な部分もある例えばカップルがまだ恋愛関係にあるのであれば、「別れた」とはっきり定義するのは難しいものです。「付き合う」という行為は契約関係で成り立っているものではないからです。しかし結婚は書面に基づいた契約関係であり、離婚届に印を押すまでが仕事である、と明確になっています。この部分はある意味わかりやすいのです。

別れさせ屋の費用にはどれくらいかかるの?

別れさせ屋とは、読んで字のごとし、夫婦やカップルを別れさせる仕事のことです。世の中には色々な思惑が渦巻いていて、このような仕事に依頼をする人も数多く存在します。別れさせる方法としては、異性の工作員を近づけて浮気の証拠を作って別れさせるいわゆるハニートラップであったり、同性の工作員が友情を作り出し、相談する形で心理的にターゲットを誘導し破局へ導いていったりと様々な方法で目的を達成します。さて、このような計画を遂行するためにはどれだけの人間がかかわってくるのでしょうか。そしてその費用はどれくらいになるのでしょうか。カップルを別れさせるための費用とは探偵に尾行を頼んで場合にどれくらいの費用がかかるかご存知でしょうか。一言で尾行といっても色々な尾行の仕方があります。相手が車にものらないようなご高齢の方だった場合。出かけると言っても近所のスーパーに歩いていくだけ。それ以外に家にいるような生活習慣。

このような人を尾行するのに3人も4人も人数がいるわけがありません。24時間張り込みをするにしても交代のための人員がいるだけであり、実質可動人員は一人のみです。しかしこれが車には乗るし、新幹線にも乗るし、大勢人がいるような場所に出かけるようなターゲットだった場合とても一人で尾行できるものではありません。仮に一人だったとしても10万円弱は覚悟しなくてはならないのが尾行です。これが人数分になります。別れさせ屋も同じようなものであり、計画が込み入ったものになって人数がかさめばかさむほど金額も増していきますし、工作員は尾行と違ってターゲットに接触して関係を構築するこも必要となるので、その分の金額も加算されてしまします。また、成功したときだけ払えばいい、というものでもないのです。

計画を途中で断念したとしても別れさせ屋を雇うにはかなりな金額を覚悟しなければなりません。成功報酬とは別に手付金として100万円以上のお金を準備しなくてはならない場合もあるのです。数百万円のお金を簡単に準備できる人なんてそうそういるものではありません。そしてお金が尽きてしまえばたとえ計画の途中であったとしてもあきらめるしかないのです。別れさせ屋を雇うにはそれなりの覚悟を別れさせ屋を雇うとは、つまりそれまでかなり悩んでから決断した人がほとんどだと思います。そしてその覚悟は金銭的な出費の覚悟も同様におこなったはずです。その出費はもしかしたら実を結ばないかもしれません。しかしそれすらも覚悟して前に踏み出すことが状況を変えるための一歩となるのです。

まだ交際中の二人を別れさせることは「別れさせ屋」にとっては簡単?!

別れさせ屋の仕事はその名のとおり、現在婚姻関係にある、もしくは交際中であるカップルを別れさせることです。そんな仕事を依頼する人間には様々な事情があります。元恋人を現在の恋人、もしくは配偶者から奪い返したい人であったり、家庭内暴力だったり、家にお金を入れない夫から自分の友人や娘を取り返したい人だったり、はたまた、玉のこしに乗りそうな知人を許すことができない若干自分勝手な依頼者だったり……様々です。達成が困難な依頼だったとしても別れさせ屋は計画を入念に練りこみ、成功に向けて着々と計画をすすめていくものですが、やはり既婚者を別れさせる方が、恋人関係にある二人を別れさせる方が簡単なのでしょうか。結婚とはある意味契約の一つの形である交際とは、本人たちの「口約束」のようなもので成立しているものですが、結婚とは法にのっとった契約関係です。一度婚姻関係を結んだ以上は、交際していたころのように「別れよう」の一言で終わることができるほどお手軽なものではありません。海外では離婚に対してそこまで重く考えるような文化はありませんが、日本ではまだまだ離婚イコールマイナスイメージといった印象が強いのも事実です。

夫婦間に多少のすれ違いがあったとしても簡単に離婚になったりはしないものです。ではやはり、交際中の二人を別れさせるよりも婚姻関係にある二人を別れさせる方が難しいのでしょうか。婚姻関係と交際関係どちらを別れさせる方が難しいかはある意味当事者の性格や背景によるところが大きいものです。女性工作員をターゲットに近づけ、親密な関係を作り、その写真を妻に見せればどのような反応が返ってくるでしょうか。たとえばホテルに入ろうとするような写真を見た場合「別れましょう」とすぐに切り出してくるような人もいれば、「このまま別れたらあなたがこの女と楽しく過ごすことになるだけだから絶対に別れない」といってくるような人もいます。どちらが簡単かは結局当事者次第であって割り切れるものではないのです。ただ、交際関係の場合は付き合いだすのも別れるもの口頭による約束がほとんどなので、境界があいまいですが、婚姻関係の場合は書面による契約なので、別れる際もその書面にサインが書かれているかどうか、という簡潔な判断方法があることも特筆すべき点ですね。

自分自身が離婚をするために別れさせ屋を利用したい

世の中には、自分自身の結婚に対して後悔の念を持っている人がたくさんいます。勢いで結婚してしまったり、できちゃった結婚だったり、はたまた結婚した後、配偶者の性格が急に変わって家庭内暴力をふるうようになったとか……でも、離婚を切り出しても全く相手にされなかったり、怖くて離婚なんて言葉を言うことすらできなかったり……色々な人が様々な悩みを離婚に対して抱えています。別れさせ屋を頼ってみる別れさせ屋とは婚姻関係にある二人や、恋人同士の二人を別れさせることを業務としている人達のことです。ターゲットに対して人間関係を構築して近づいていき、様々な方法を利用して離別に誘導していきます。方法としては異性の工作員を近づけ、親密な人間関係を作って離婚を迫ったりすることもありますが、同性の工作員が友人関係を構築し、相談にのるというスタンスで心理的な誘導を行い、離婚の決断に導いていくような方法もあります。場合によっては夫婦(を装った工作員)がターゲット夫婦に近づいていき、家族同士の関係を作った後で離婚へ気持ちを動かしていくように行動していく、といった方法を採ります。

夫婦のどちらかが依頼人である、ということ通常、別れさせ屋に依頼してくるのは、不倫相手がなかなか配偶者と離婚しないことに悩んでいる人であったり、昔の恋人とよりを戻したいと思っている人だったりします。この場合カップルの両社ともに対してアプローチをかけていく必要がありますが、上記のように、依頼人がカップルのどちらかである場合は、計画は比較的すすめやすいと言えます。ターゲットの行動や言動を逐一確認しながら計画をすすめることができますし、依頼者に代弁させることでターゲットの動きをある程度コントロールすることもできます。もちろん計画が進めやすいからといって成功率が極端に上がるわけではありません。ターゲットの性格や背景によって進捗状況は常に変化していきます。幸せをつかむために婚姻関係というのは、誰かと常に一緒にいる、という契約のことです。自分にとって苦痛の契約が続いており、その契約を破棄することがなかなかできないのであれば、プロにお願いすることもいいのではないでしょうか。

既婚者の彼とどうしても結婚したい。別れさせ屋に相談すればどうにかなるの?

もう長い年月不倫関係に苦しんでいる人は世界中に数多く存在します。奥さんとの離婚を尋ねると、「近いうちに必ず別れるから」といつもかわされてしまうけど、そんな言葉を信じていつの間にか何年も経過してしまった……なんて人も多いのではないでしょうか。でも本当に彼を愛しているからなんとしてでも結婚したい……そんな人が駆け込むのが「別れさせ屋」です。離婚させる方法別れさせ屋は、工作員がターゲットに近づき人間関係を構築して計画を遂行していきます。異性の工作員が近づいてターゲットと恋愛関係になり、恋人や配偶者との離別を迫ったり、同性の工作員が親密な友人になったあとで相談に乗るような流れで誘導したりと、様々です。ターゲットの環境や性格、生活習慣などを考慮して様々な計画をたてた上で実行していきます。離婚の仕方にも色々あるただ離婚をすればいい、というわけではありません。離婚をする際に裁判の末高額な慰謝料を請求されてしまったら、その後の生活は非常に苦しいものになってしまう可能性があります。

幸せな生活をつかむはずの行動が、場合によっては困窮した未来を招いてしまう可能性だってあるのです。そのようにならないためには有利な条件で離婚をする必要があります。例えば、ターゲットに異性の工作員を近づけ、親密になり、ホテルに入ろうとするような際の写真を撮影し、それを使って有利な条件で離婚するような方法です。そこで本当に肉体関係をもってしまったら違法になってしまう可能性があるので、あくまで目的は写真を撮るまで、ということは計画の際にしっかりと確認しておかなくてはなりません。また、このような計画は工作員にもリスクが及ぶので、金額も高額になってきます。多くの人が悩んでいる結論を出せない恋人のせいで、なかなか結婚ができずに悩んでいる女性は数多く存在します。そして「別れさせ屋」を利用する人も確かに存在するのです。終わらない悩みに苦しんでいるのであれば、少し足を踏み出してみることもいいかもしれませんね。