不倫で家庭が壊れそうでも別れを踏みとどまるご夫婦はいる

不倫をしたことで、ご家庭が壊れそうな立場にある方もいらっしゃいます。

また現在、離婚を切り出そうかと悩まれている方もいらっしゃるでしょう。

不倫が原因ですぐに離婚にまでなるかと言えば、それもご家庭やご夫婦によってさまざまで、踏みとどまっているケースも数多くあるのです。

■不倫問題があっても別れを踏みとどまる場合がある

ご夫婦のそれぞれの性格にもよりますが、相手が不倫をしたことを許せるタイプの方であれば、家庭が壊れるまではいかないことは多いでしょう。

その場合であっても、二度と不倫をしないことを誓わせることや、いかに自分が傷ついているのかなどを相手によく理解してもらうことはあります。

そして場合によっては、黙認をしている方もいらっしゃいます。

何らかの理由でご家庭にあまり波風を立たせたくない場合や、過去の経験から、男性は不倫をする人が多いからと諦めてしまっている方もいるはずです。

不倫の問題に正面から向き合ってご夫婦で話し合うなどしてとことん対処するご夫婦もいれば、相手の気持ちが冷めて家庭に戻ってくるまで放置している場合など、さまざまな人間模様があるでしょう。

■お子様のことや現実生活のことも不倫問題で別れを選ぶことを躊躇させる

お子様がいらっしゃるご夫婦の場合なども、子供への影響を考えて、不倫が原因で別れることを諦める場合があります。

受験期や思春期など、お子様にとっての大事な時期であればなおさら別れを踏みとどまることになりがちです。

お子様には罪がないのですし、父親と母親の不仲や別離によって片親にさせてしまうのは忍びないと感じる親心もあるでしょう。

子はかすがいという言葉通り、夫婦の亀裂を子供が修復してくれるというのはよくあることなのです。

また実際に離婚をした後の現実生活の面を考えて別れを躊躇してしまう方は多いでしょう。

女性の場合であれば、専業主婦だと収入の面や加齢に伴う今後の生活などの生活をしていく上での悩みは尽きないものです。

男性の場合でも生活面での不便さや社会的な立場の問題など、いろいろと悩みが出てきます。

そして当然のことですが、離婚に伴う手続きや不倫による法的な責任や慰謝料のことなどものしかかってくるのです。

このようなさまざまな現実的な問題が浮上してくることにより、不倫をされたからすぐに離婚とまではいかない場合があるので難しいところでしょう。

ご夫婦のタイプやご家庭の諸事情によってのさまざまな理由から、たとえ不倫問題があっても離婚して別れることまでは踏みとどまっていらっしゃるご夫婦は多いものです。

それだけ結婚生活はいろいろな事柄が関係していて、いっときの感情だけでは断ち切れないものなのでしょう。