電話で復縁を迫るのはダメ?

別れた恋人とやり直したいと思ったとき、すぐに連絡を取りたいと思うものですよね。しかし、復縁を成功させるには相手の事情を考え、どのような方法で連絡をとるか考えなくてはなりません。

■タイミングが重要

復縁を成功させるには、どのようなタイミングで連絡するかが重要になります。
別れた直後、すぐにやり直したいと思い電話をかけてしまう人もいますが、相手も同じ気持ちとは限りません。
たとえ相手に復縁したいと思う気持ちがあったとしても、こちらの気持ちを一方的にぶつけるだけのわがままな人だと思われてしまい、失敗してしまうこともあるでしょう。
別れてすぐのタイミングだとお互いに冷静になることが難しいため、期間を置くことが必要です。

■期間が空きすぎた場合

冷却期間を置くことは大切ですが、あまりにも期間を空けすぎるのも逆効果です。
何カ月も連絡をとっていなかった元カノや元カレから連絡がきて復縁を迫られても、逆に引かれてしまうこともあるので要注意です。
長く会っていない場合、自分の気持ちを伝えるために直接電話したほうがいいと思うかもしれませんが、いきなり電話をするのではなく、まずはメールやLINEなどで軽く近況を聞き出し、それから電話をする流れを作るのが良いでしょう。
最初のアプローチを間違えてしまうと相手に悪い印象を与えてしまいかねませんので、相手に重く思われないようメールなどから始め、それから電話をかけるようにすると会話も弾み、告白への流れにもっていきやすくなります。

■電話で復縁を成功させるには

相手の顔が見えない電話の場合、復縁を迫っても相手がどのような気持ちになっているのか見極めることができません。
まずは自分の気持ちを整理したうえで、どのようなタイミングで電話するかを決めましょう。
また、何も考えず連絡してしまうと無言の時間が生じたり、自分の気持ちをうまく伝えられないこともあります。
電話をかける前にどのような内容を話すかまとめておくと、スムーズに告白の流れにつなげることができます。