浮気や不倫が原因で別れることに…慰謝料を請求されないためにできること

夫婦の離婚で問題になるのが「慰謝料」についてでしょう。
慰謝料は浮気や不倫をしていた場合に支払われるケースが多いですが、経済的な問題や納得できない理由がある場合、慰謝料を拒否したくなるでしょう。
ここでは、慰謝料を支払わずに離婚する方法について考えます。

■配偶者の不貞行為の証拠を握る
最も良いのは、配偶者に不貞行為を行っていたことがわかり、その証拠を入手できた場合です。
ただし、不貞行為の確定的な証拠がないと認められません。
不貞行為とは、結婚している男女が配偶者とは別の異性と肉体関係を持つことです。
そのため、一緒に食事をしたり映画を観に行ったり、メールのやり取りを頻繁にしたりしていても、それだけでは不貞行為には当たりません。

相手が不貞行為の事実を認めたり、確実な証拠を入手したりすることで、慰謝料を支払う必要はなくなります。
逆に、慰謝料を相手から取ることができる場合もあります。

■証拠を本当につかんでいるのか確かめる
基本的に、慰謝料の請求は不貞行為の証拠がなければ認められません。
ただし、肉体関係の証拠がなくても、食事や密会を何度も繰り返したり、愛情を伝える内容のメールのやり取りをしていたりする場合は、証拠の一部として認められる可能性もあります。

これらの証拠は家庭内の不和を起こさせる原因になるとして、慰謝料を請求されることがあります。
相手から証拠をつかんでいることを言われても、本当に持っているのか確かめておきましょう。

■別れさせ屋に依頼する
慰謝料の問題は難しいので、いろいろ試してもうまくいかないこともあります。
そんな時は、別れさせ屋を依頼することをおすすめします。
別れさせ屋が行う別れさせ工作は、ターゲットに自然なかたちで接触して信頼関係を築き上げ、離婚に対する意思や離婚したくないと思う理由を探ります。

そして、心理的に誘導して相手が自ら離婚したいと考えるように仕向けます。
相手から離婚を切り出すようになれば、慰謝料でもめることもなくなるでしょう。

別れさせ屋は、カップルを別れさせるプロとして、さまざま内容の依頼に対応しています。別れさせ工作によって、慰謝料を請求されずに離婚できる可能性も高まります。