不倫関係の解消!別れの原因となるものとは

不倫を続けていることで悩んでいる方もいらっしゃいます。

またパートナーに不倫をされてしまい、悩む方もいらっしゃいます。

終われない不倫が多い中で、それでも別れを選ぶことになる原因としてはどのようなケースがあるのかを考えてみます。

■不倫関係がばれそうということで別れに繋がりやすいケースがある

既婚者を相手に不倫をしている場合に、相手のパートナーから不倫関係であることがばれてしまうことを恐れるというケースがあります。

法的にも婚姻関係は守られていることから、いったん既婚者のパートナーが不倫関係に対して裁判などを起こせば、慰謝料を請求されてしまうことがあります。

また周囲にも不倫関係が知れ渡ることがあると、ご自分の評判を落としてしまったり、社会的信用を無くしたりというリスクも生じてしまいかねません。

不倫関係を続けることで、何もかも捨てても良いと考えている人は多いわけではなく、ご自分にそのマイナス問題がのしかかって来そうだと感じた時には、案外と冷静になってくるものです。

その結果、不倫関係をもう一度見直してみて、別れるという選択肢を考えるようになります。

特に慰謝料などの大きなお金の請求が絡むと、不倫をしている双方にとっての現実的な問題となりますので、別れのきっかけのひとつになるでしょう。

■将来のことを考えて別れの潮時を感じるタイミングがある

特に年齢などご自分の気持ちだけではどうしようも無いことは、不倫関係を見直すきっかけになるでしょう。

この先お相手の方との結婚が見込めなくて家庭が持てないということは、特に女性の場合には年齢が進むうちにシビアになってくる問題です。

そのことを不倫関係にあるお相手に相談してみて納得がいく回答を得られなければ、将来的に見込みがないという現実に直面することになりますので、別れに繋がりやすいケースになります。

このようにある程度の期間が過ぎれば、そろそろ潮時かもしれないと考え出す人はいらっしゃるものです。

悩んでいてもなかなか終われない不倫も多いでしょうが、別れのきっかけになる原因というのもあります。

もしも今の不倫関係に疑問を感じ出した時には、そのタイミングを逃すことなく今一度見直してみるのも良いことでしょう。