結婚している人を別れさせたい。別れさせ屋がとる方法とは?

最近増加している別れさせ屋の依頼。その内容は多岐にわたります。「彼氏もしくは彼女を浮気相手と別れさせたい。」「交際相手としてふさわしくない相手と別れさせたい。」等々。なかでも、結婚しているカップルに関する依頼は多く、例えば「不倫中の彼を奥さんと別れさせたい。」また、その逆もしかりです。結婚している男女を別れさせたいという依頼に対して別れさせ屋はどのような方法をとりうるのでしょうか。

■方法はひとつじゃない。結婚している男女といっても、その夫婦関係は様々でしょう。例えば、結婚10年目のカップルなら、もはやお互いに愛情はなく、金銭的な結びつきのみというケースもあります。かたや、新婚のカップルなら愛情による結びつきが強いかもしれません。もちろん長年連れ添っても仲の良い夫婦はたくさんいますから一概にそうとも言い切れませんが。別れさせ工作はターゲットの性格や生活環境、人間関係がどのようなものかによって、その都度、計画を策定していくものです。つまり「これにはこの方法」というようなモノはなく、一辺倒では通用しないということです。工作の成功には柔軟さや臨機応変な対応も求められるようですね。

■結婚している男女に使う王道結婚している男女を別れさせたい時に使う方法。その王道が異性の工作員を近づけるということです。例えば、女性が、不倫男性を奥さんと別れさせたいと願う場合。奥さんに異性の工作員を近づけて恋愛感情を持つよう仕向けます。工作員と恋愛関係になった奥さんが夫との離婚を承諾するといったシナリオです。しかし、すべてがこうした展開になるとは限りません。必ずしも奥さんが恋愛感情を持つとも限りませんし、そもそも経済的な理由から離婚を考えていないかもしれません。工作方法がケース・バイ・ケースなのはすでに述べた通りです。

■間違った工作をしないために・・・。間違った工作方法は命取りです。せっかくの計画すべてを台無しにしかねません。工作業者は、そうならないために事前調査と情報収集を念入りに行います。ターゲットの性格から趣味、好みのタイプ、人間関係、生活スタイルに至るまでの情報をできるだけたくさん集めます。別れさせ工作では依頼時にカウンセリング等の相談を行うのが基本です。その際、業者に自分が持っている情報を隠さず伝える方が良いでしょう。工作計画にはできるだけ多くの情報が必要なのです。