別れさせ屋を利用するときは追加費用に注意

様々な事情で、別れさせ屋の利用を検討している方もいらっしゃるでしょう。しかし、別れさせ屋を利用するときに、注意していただきたいのが、オプションなどの追加費用です。契約時によく話を聞いておかないと、最終的に費用が膨大になってしまうことも…。

■契約時にしっかりと確認しておきたいこと

別れさせ屋を利用しようとするときには、いつも以上に契約の内容をしっかりと確認しておくことがとても重要になります。別れさせ屋に依頼するとき、仕事内容の特殊さから、どうしてもそれなりの費用はかかります。しかし、契約時に見積もりを出してもらった費用から大幅に増額してしまうようなことはないのか、という確認は必ずしておきましょう。きちんとした別れさせ屋であれば、別れさせ屋側から丁寧に説明があることも多いかと思いますが、残念ながら稀に悪質な別れさせ屋がいることも事実です。別れさせ工作がすべて終了した後、請求された金額を見て仰天、というような事態になることも考えられます。そのような追加費用は聞いていない!と訴えても、契約書に小さく記載してあった…などと説明されトラブルに発展しまう可能性も。

■追加費用がかかりがちなポイント

では、具体的にはどのようなことで追加費用がかかることが多いのでしょうか。まず1つが、工作員の追加です。もちろん、ほとんどの別れさせ屋では、契約時の打ち合わせで別れさせ工作の難易度を想定し、工作員の人数もあらかじめ決定し、それ以降の追加費用はかからない、というのが多いかと思います。しかし、悪質な別れさせ屋の場合、最低限の場合の料金の説明しかせず、不必要な工作員まで追加し費用を上乗せしてくるといったことも考えられないわけではありません。また、ターゲットが法律に詳しかったり、観察眼がするどい警察官だったりするなどした場合、通常の別れさせ工作よりも難易度が高くなり、費用もそれに応じて高くなることもあります。想定される難易度よりも高かった場合なども追加費用はかかることはないのか、最終的に支払う金額は見積もりと差はないのか、ということをしっかりと別れさせ屋に確認しておきましょう。

また、別れさせ工作の過程でお店に入らなければいけない場合などの費用の負担はどちらが持つのか、というのも確認しておきたいポイントです。時と場合によっては、キャバクラなど、比較的高額なお店に入らなければいけないこともありますので、その点についてはしっかりと聞いておきましょう。

どのような契約でもそうですが、契約を締結する前にしっかりと内容を把握し、どのような場合に見積もりが変わる場合があるのかなどを確認しておくことはとても大切です。悪質な別れさせ屋に騙されないためにも、入念なチェックは怠らないようにしてくださいね。