既婚者を離婚させたい、という依頼も多い別れさせ工作

○任意の夫婦を離婚させることは可能か別れさせ屋へはいろいろな種類の依頼が寄せられますが、その中には既婚者に対する別れさせ工作を依頼するものも多くあります。既婚者に対する別れさせ工作とは、現在夫婦関係にあるカップルに対して第三者が別れさせたいと依頼することです。自分自身が直接関係してはいないカップルに対して別れさせ工作を依頼することも可能なのです。こうした依頼をする人の多くが、既婚者と不倫関係にある、いわゆる愛人と呼ばれる存在の女性です。

不倫している相手とその奥さんに別れてもらうことで、自分が不倫相手の本命になりたいと考えている人たちがこうした依頼を持ち込みます。もちろん抱える事情は様々で、今すぐに結婚したいという人もいれば、彼も離婚したがっているが奥さんが応じてくれないので別れさせてあげてほしい、という人もいるようです。なんにせよ、別れさせ屋は普通のカップルだけではなく、既婚者を別れさせる工作にもちゃんと対応してくれるのです。

○夫婦を別れさせる依頼は動機も重要視される別れさせ屋が夫婦を別れさせる工作にも対応してくれるとはいえ、倫理にもとるという批判がないわけではありません。普通に考えれば結婚関係にある夫婦のほうが優先されるべきで、愛人側が身を引くべきだという人も多いでしょう。別れさせ屋のほうでもそれは理解していて、あまりに身勝手な動機からの別れさせ工作の依頼については断られてしまうこともあります。夫婦の関係はうまくいっているのに逆恨みから別れさせてほしいと依頼してきたり、彼を手に入れたいという自分の気持ちだけで別れさせたいと相談してきたりする人は多くの別れさせ屋で依頼を断られることでしょう。

ですが、離婚することが依頼人だけではなくその交際相手にとっても良い選択になることもあります。既に夫婦関係は破綻していて、今は依頼人のことを愛しているにもかかわらず、なんらかの事情があって離婚できずに苦痛に満ちた結婚生活を送っている……残念ながらそんな夫婦も確かに存在しているのです。そうした事情があれば、別れさせ屋のほうでも依頼を断ることはないでしょう。自分だけではなくターゲットのことも考えた上での別れさせ工作なら、既婚者に対して行われることも受け入れられるべきではないでしょうか。

別れさせ屋への依頼で円満な破局へ!

○カップルを別れさせることは本当に可能?別れさせ屋とは、その名前のとおり交際中のカップルを別れさせる職業のことです。依頼人の要望によって、任意のカップルを自然に、工作活動によって誘導していると本人たちに知らせることなく別れへと導いていくのです。カップルを別れさせるのが目標ですから、もちろんそのカップルや依頼人周辺の人間関係を多少なりとも変化させることになります。そう考えると、他人が意図的に人間関係を壊すこと、好き合っているカップルを破局させることなんて不可能なのではないか? とも思えますよね。もちろん、素人がたったひとりでカップルを自然に別れさせるよう誘導するのはかなり難しいことです。運よく協力的な知人の力を借りられたとしても、別れさせたいカップルたちに感づかれることなくやり遂げるのは至難の業でしょう。ですが別れさせ屋は人間関係をコントロールするプロです。カップルを別れさせるには当人どうしを不仲にさせたり気持ちをすれ違わせたりする必要がありますが、そのためにはまた別の異性へ好意をもたせたりする必要も出てきます。つまり、カップルを別れさせる、人間関係を壊すという作業のほかに、新たな人間関係を構築するという作業も必要になってくるのです。別れさせ屋は、カップルを別れさせるプロというよりも、人間関係全般をつくったり壊したり、新たに繋いだりといった事に関するプロなのです。

○別れさせ屋へ依頼すればスムーズに別れられる!別れさせ屋はあくまでごく自然にカップルを別れさせます。そもそも依頼の内容が「円満に別れたい」というものであることも多いのです。自分が別れを切り出しても受け入れてはくれない、スムーズに円滑に別れたいという依頼人の希望を叶えるためには、本人に別れたほうが良いと思わせなければいけません。そのために別れさせ屋はいろいろな方法を採りますが、その結果カップルの双方に「別れたほうがお互い幸せになれる」という共通意識が芽生え、ごく自然に本人の意志で別れを選ばせることができます。そのため、別れさせ屋へ依頼したほうがお互いに傷つくこともなく別れられるのです。

不倫関係にある彼と奥さんを別れさせる方法とは?

不倫男女の苦悩はドラマの中だけのお話ではありません。別れさせ屋に訪れる依頼人には不倫の悩みを持つ人もいます。「不倫中の彼と幸せになりたいけれど、奥さんが許してくれない。」といった悩みも少なくありません。不倫の道徳観はひとまず置いておいて、幸せになりたいとの願いを叶えられるように努力するのが別れさせ屋の使命です。こういったケースで、別れさせ屋はどんな対応ができるのでしょうか。ここでは「不倫関係にある彼と奥さんを別れさせる方法」の解説をします。

■まず、初めにやるべきこととは?依頼を受けてまずやるべきことは、別れさせたい奥さんがどんな人か知ることです。つまり夫婦関係の把握です。新婚夫婦と熟年夫婦では結婚に対する考え方が違ってくるのも当然でしょう。夫が浮気をしたとしても、離婚後の自立に対する不安や経済的な理由から夫婦関係を終わらせたくないと考える妻はいます。逆に新婚夫婦では、相手の浮気は夫婦関係の破たんに直結しがちです。結婚生活が短い夫婦ほど愛情を強く意識する傾向にあるからです。別れさせ工作を計画するうえで、まずは、こうした事情を把握する必要があるでしょう。

■工作員の役割とは?工作計画がまとまり次第、計画は実行に移されます。そこで登場するのが工作員。工作計画で重要なのは相手にバレないようにすることです。工作員が常に心掛けているポイント。相手にバレずに役割を演じ切ること、それこそが工作員の役割であるとも言えます。男女を別れさせたい時によくやる異性の工作員を近づける方法。夫婦関係においてもこの方法がとられることがあります。ただし、すべてがこの方法でうまくいくわけではありません。奥さんの結婚に対する考え方によって効果がわかれます。割り切った夫婦関係を良しとする妻なら比較的効果は低いと言わざるをえません。こうした判断を正確に行うためにも前に書いたような事前調査は重要でしょう。不倫に限らず、人間関係の苦悩を抱えた末のうつ、自殺等の増加は現代社会の生きづらさを物語っているようです。トラブルの専門家である別れさせ屋や復縁屋といった業者の必要性がますます高まっていると言えます。

離婚のために別れさせ屋を活用する

別れさせ屋を利用される方の中には、現在不倫中の方が多くいらっしゃいます。そしてその依頼内容とは、「今の奥さん(あるいは旦那さん)と離婚させて、自分と一緒になりたい」というものです。やはりいつまでも不倫相手でいるということに嫌気が差し、早く自分が正式なパートナーになりたいと希望している人が多いということでしょう。ただそれには非常に困難な道のりが待っております。

<恋愛関係と夫婦関係は違う>結婚というのは一つの契約です。生涯この人と一緒になりますという契約をしているようなものであり、それを破棄させるというのは一筋縄ではいきません。そこが恋愛関係と夫婦関係の大きな違いなのです。恋愛関係であれば、相手が浮気をしたことが発覚すれば、すぐに別れてしまう人も多いです。なぜなら、基本的には感情が第一優先となるからです。ただし、夫婦ともなれば一時的な感情でたやすく別れるということはしません。子供がいたり、お互いの生活のことも考えなければなりません。今後自分たちがどうしていくのが一番よいのかを冷静に考える必要があるからです。だから、仮にどちらかが浮気をし、それが発覚したとしても、離婚するという結果になるとは言い切れないのです。

<目的が一緒になるのであれば、過度な期待はしない>別れさせ屋に依頼する目的が、好きな人と一緒になりたいということであれば、過度な期待をしてはいけません。なぜなら、普通にカップルが別れるということに比べて難易度が高いからです。夫婦というのは、目に見えない部分で強いつながりがあることがあります。外からは関係性が冷え切っているように見えても、他人には理解できない強いつながりがあることもあります。特に長年寄り添っている夫婦には、そうした部分が見られます。だから、仮に別れさせ屋が何かをしかけて、夫婦間に亀裂が生じるようなことが起きたとします。でもそれで関係性が終わるということにはつながるとは限らないのです。なんとか不倫相手と一緒になりたいと願っている人は、あまり過度な期待をしないほうが賢明です。夫婦という絆を壊すのは、相当な高い壁となるのです。

別れさせ屋はどうやって離婚させるの?

結婚している夫婦を離婚まで追いやるのは、別れさせ屋の仕事です。実際、離婚してもらいたい人がいる場合や離婚したいのに離婚できない人などが、依頼していますね。近年多くなっているのは、離婚したいのに相手が納得してくれなくて離婚できない場合です。そういう時も別れさせ屋を活用していくと便利です。今回は別れさせるための方法についてまとめていくので、利用前にチェックしておいてください。

■離婚までの工作例えば、本人に新しい恋人ができれば、その相手が幻滅して離婚を申し出てくれることもありますよね。実際、この手の離婚の場合は慰謝料を請求されることもあるので、入念な離婚までの工作が必要となります。別れさせ屋は、まずは方針書などを作成し、その上で離婚までどのように話を進めていくか考えてくれます。そうすれば、より一層成功率が高くなるのです。利用する人は、別れさせ屋を信用して工作を見守るしかありませんね。

■第三者を用意別れさせ屋の多くの手段の一つが、第三者を用意するというものです。例えば、離婚したいのに離婚してくれない相手には、「新しい恋人がいる」と言って紹介すれば、その効果も抜群ですよね。修羅場になることは確実なものの、新しい恋人がいるとわかると、妙に現実味を帯びてきます。離婚は二人が同意しないとできないものなので、第三者に協力してもらうことによって、自発的に印鑑を押してもらうワケです。それが別れさせ屋のテクニックの一つです。

■幻滅する相手場合によっては、他の恋人がいるとなると、相手は幻滅しますよね。当然「この人とは一緒にいれらない」と思って、離婚を申請してくることもあるでしょう。別れさせ屋は、そういうアプローチを得意としているので、とてもスマートに別れることができます。なお、状況によっては「慰謝料を請求されるのではないか」と心配している方もいますが、別れさせ屋がそうさせないように工作してくれます。別れたい人にとっての心強い味方が、別れさせ屋なのです。もちろん、好きな人や想い人を別れさせるために使うことも可能ですよ。どのように使うかは、その人次第です。

別れさせ屋に依頼すると離婚も可能?

不倫関係の彼と結婚したいと思っていても、なかなか奥さんと別れてくれないことは多いものです。本当は遊びなのではないかと、不安になってしまいますよね。しかし、本気で彼が自分と一緒になりたいと思っていてくれても、離婚はそれほど簡単ではなさそうです。

■どうしても一緒になりたいいけない恋愛だとは知りつつも、つい既婚者男性のことを好きになってしまうことはあるものです。相手も結婚しているとはいえ、浮気相手にのめりこみ、真剣に奥さんとの別れを考えるようになる話は、とてもたくさん聞くことがあります。しかし、そんな簡単に離婚や結婚がまかりとおるほど、世の中は甘くありません。

それなりに制裁を受けることにもなるのは、いうまでもありません。ひどい場合は、会社の昇進までも見込めなくなることも考えられます。それでも浮気相手と思いを成就させたいと願う方は、少なくありません。そんなに好きになれる相手は、人生の中で、そうそう現れることがないと知っているからではないでしょうか。できれば奥さんとは円満な別れ方をしたいと思うのも、無理はないでしょう。

■別れさせ屋を利用してみるのも方法浮気がばれて、自分が不利な立場になるのもイヤだけれど、純粋に奥さんのことは、あまり傷つけたくないという、身勝手な思いをしてしまうこともあるでしょう。できれば自分の浮気は知られずに、相手から別れを申し出てくれれば、それが一番ありがたいなんて思ったりもすることでしょう。

ましてや子どもがいたりする場合は、なおさら、スムーズに離婚を進めたいと考えるものです。別れさせ屋を利用すると、揉めて離婚することを避けられるかもしれません。もちろん、必ず成功するとは言い切れませんけれども。

しかし、少しでも可能性があるのなら、できればそちらに乗っかってみたいものですよね。また、あまり夫婦関係がうまくいっていないのであれば、少しでも自分に有利に離婚したいと考えてもおかしくはありません。調停にもちこまれて、何か月もかかった挙げ句、結局は離婚できなかったなんてことになると、その後の生活を考えてもゾッとするものです。

常に離婚が最善だとはいえない

別れさせ屋と聞くと愛人が配偶者と別れてほしいから依頼するというケースが小説やメディアなどで取り上げられたりしますが、最近では自分の配偶者と別れたいという理由で依頼する人も増えているようです。配偶者と離婚したいと思う理由はまちまちですが、他に好きな人ができたからとか、愛人を妊娠させてしまったのでなどがその理由に挙げることもできるでしょう。また単に一緒にいたくないとか自分も不倫しているけど、謝料を取られない仕方で別れたいと思う人も依頼するようです。

別れさせる工作の多くが配偶者に他の異性に気を持たせて、配偶者の方から別れを切り出させる、または別れがもつれない状況に持ち込むということがあります。しかしここで工作員と肉体関係を持たせてしまったりすれば、一種の詐欺罪や売春行為などに引っかかる場合があるため、まともな探偵事務所ではそのような深い関係にならないように気をつけるようです。また状況によっては離婚以外の提案をする場合もあります。

その状況の一つにDV、つまり家庭内暴力を受けていて別れたいと思っている人に対しては、別れるということではなく問題を解決するようなアドバイスも与えてくれるようです。単に法律上で夫婦でなくなったとしても、暴力を振るうような男性の場合物事の筋が通らなかったり、別れたあとでも居場所を特定して再度自分お支配下のこうとする人が多くいます。

ですからそのような場合は病院に行き、診断書を書いてもらったり、会話を録音したりすることで恐喝や傷害の証拠となり警察に出向いて助けてもらうこともできるのです。夫婦の関係は様々ですので、状況によっては離婚が最善の解決策と言えない場合もあります。

別れさせ屋は行動を起こす前に、まずはどんな状況なのかどうして別れたいかなどのカウンセリングをしっかり行うことで、最善の解決策を見つける助けもしてくれますし、話し合うことで不安なども解消されて行くでしょう。

どうしても別れたい!別れさせ屋による離婚までの手順

衝動的に結婚してしまって、「後悔している」という方も多いのではないでしょうか。本来結婚とは良く考えてから行うものなのですが、「愛あれば」と見切り発車してしまうカップルも多いです。結果的に相手の悪い面などを考慮せずに結婚してしまって、最終的には別れを選択するということになります。しかし、中には穏便に別れることができなくて、ずるずると長引かせてしまっている方も多いです。そういった方におすすめなのが、別れさせ屋です。これらの仕事には業者があり、それぞれ依頼することによって、穏便な別れのサポートをしてくれます。

別れたいのに別れられないというのは、何かしらの事情があるはずなので、そういった相談についても乗ってくれます。なお、相談内容によっては「今後どうすれば良いのか」というアドバイスを貰うこともできます。充実した時間を過ごしたいという方は、まずはその点を加味して考えてみると良いかもしれません。利用方法としては、まずは別れさせ屋を見つけることが必要となります。近年の場合はホームページやサイトを出しているところも多いので、利用できそうなところに相談してみると効果的です。

結果的に穏便な離婚へと導いてくれるので、結婚生活が上手くいっていない方や離婚を考えている方にとっては、とても役立つものとなるはずです。当然、利用する業者によって内容も異なってくるので、信用できるところを利用することが必要となります。結果的に別れさせ屋がいろいろな作戦を考えてくれて、自然に離婚に持ち込めるように演出してくれます。例えば、浮気をわざと発覚させたり、不倫しているところを演出したりと、いろいろな方法でサポートしてくれます。

もちろん、あくまでも「自然に別れられるように」ということが重要なので、その点はしっかりとサポートしてくれるところが多いです。その点は特に心配する必要はないでしょう。基本的に相談料は無料のところが多く、最終的に別れることができれば報酬を支払いするという形が一般的となっています。上手に利用して、今後の人生をじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

離婚をしたい方・したくない方

最近になって、テレビや雑誌上で名前を聞くことが増えてきた「別れさせ屋」という職業があります。彼らの仕事は多岐にわたりますが、中でも核となるのが「離婚」についての相談です。とはいっても、単純に話をするだけではありません。場合によっては、別れない方が良いという回答を出すこともありますし、逆に「別れたくない」という相談だってあるのです。

つまり、他のサービス業と同じで、顧客一人一人に合った解決の方法があるのです。ですが、世間の感覚からすれば、まだまだ知名度も低く、業務内容も知られていないのがこの職種における残念な点です。しかし、特別に構える必要はありません。まずは、気軽に相談をするところから始めてみるのが良いでしょう。

では、具体的にはどのような内容について話し合うことができるのでしょうか。事例を想定しつつ、説明を加えていきたいと思います。まず、離婚したいのにできないという方に対して。こうしたケースでは、大抵の場合、夫婦の一方または双方に阻害原因が存在しています。それを取り除かない限り、なかなか先には進みません。例えば、不倫をしている場合などが考えられます。

その場合、慰謝料の問題などがあるため、なかなか冷静な話し合いができないのです。では、どうすれば話を進めていくことができるのでしょうか。まずは、材料を集めることです。自分にとって有利な材料が多ければ多いほど、優位に話し合いをしていくことができます。また「焦らない」ということも大事です。

往々にして、話し合いに失敗してしまう方は焦ります。ですが、そこはじっと我慢して、良いタイミングまで待ちましょう。我慢強さも重要な要素の一つです。そして、相手には弱みを握られないようにすることです。決して、軽率な行動をとらないようにしましょう。逆に、離婚を避けたいという方もいるはずです。

そうした方は、自分に何か問題がなかったかを冷静に振り返ってみてください。必ず、思い当たる節があるはずです。そのうえで、その要因をなくしていきましょう。そうしたことなどを相談し、具体的なアドバイスを与えることも「別れさせ屋」の業務なのです。

「なかなか離婚が成立しないのなら・・・」

結婚したはいいものの、それまで見えなかった嫌な部分が見えてきて、やっぱり失敗したと思うこともあるでしょう。これからダラダラと関係を続けるぐらいなら、早い段階で離婚を成立させる方が賢明です。

ただ、いろいろな問題が絡んでくるので、簡単に成立するものではありません。そこで、困ったら別れさせ屋の出番です。上手く別れられるように、さまざまな工作をして離婚を成立させることができます。その手法は様々です。一番ポピュラーな方法が、相手に浮気をさせることがです。

別れさせ屋が、相手の行動パターンや好みなどを把握して、工作員を近づけさせます。そして浮気をするように仕向けるのです。ただ、浮気が分かったからといってすぐに別れられるわけではありません。むしろ、相手側から、「別れたい」と言ってくるのを待つのが賢明です。

そのためには、まずは自分が嫌がられるようなことをしなければなりません。例えば、相手が浮気を始めたことで外泊が多くなってきたり、あまり会話をしなくなったりします。その度に、「昨日はどこ行ってたの?」や、「なんか不満でもあるの?」とわざと神経を逆なでするようにことを言います。

そうすることで、より浮気相手に気持ちを移させるのです。そしてあとは工作員が、タイミングを見計らって結婚を持ちかけます。その後は、相手側から別れを切り出すのを待つだけです。これは、相手の希望に沿っての別れなので、慰謝料などは取られることはありませんし、もともと相手側に原因があるので、別れた後も自分に被害が及ぶことはありません。

ただ、一番注意しなければならないのは、別れさせ屋に依頼したことをバレてはいけないということです。もしばれてしまったら、逆に訴えられる可能性があります。そこだけは、絶対に周りにも知られないようにしましょう。

なかなか姑息な手段だと思いますか?でも、離婚をしたいと考えているということは、それなりにお互いに何か抱えているということです。早めに新しいスタートを切るためにも、こうした手段を用いることも仕方ありません。こういった方法があるということを覚えておくだけで、いざという時に役に立ちます。